捻転差を感じて打つゴルフ 【 飛ばすスイング 】

ゴルフスイングには捻転が必須。そして、上半身(肩)と下半身(腰)の捻転差を作ることで強烈なエネルギーを蓄積したスイングをすることができます。ただ、それが出来るようになるには強い体幹も必要になります。

スポンサー広告

股関節に乗るということが出来るようになって来ると、強烈な捻転が出来ていると自分でも判るようになってきます。頭の位置も右足の上辺りに置かれるようになります。

ボールを飛ばそうと思う方向(飛球方向)には背中が向けられている状態となります。テイクバックをした方向には胸が向いたままとなります。

ボールを飛ばそうと思っている方向に背中を向けたまま、左足を踏みつけて、そして踏ん張って股関節を戻してくるようにすると、自然と腰だけが元の位置に戻ろうとします。その時にこそ、上半身(肩)と下半身(腰)に大きな捻転差がうまれます。この捻転差が感じられるようになると、明らかに今まで以上に強いスイングが出来るようになります。単純にヘッドスピードが上がったと感じる人も居るようですし、クラブフェイスがボールをヒットした感覚が無いというくらいスムーズに、そして素早く打てるようになったという人も居ます。つまり、ヘッドスピード上がっているということですね。

私の場合は、なかなか簡単にはいかなくてですね、少しだけスイングのスピードが上がったように感じますが、ヘッドスピードが上がったとは感じていません。ただ、弾道が高くなっていますので、ミート率が上がっているのだろうと思いますから、少しだけ・・・ほんとうに少しだけ飛距離が伸びたと言えます。

胸は後ろ・背中を正面

強烈な捻転が出来れば、テイクバックをした方向に胸が向きます。(右利きであれば左側に胸を向ける)そして、ボールを飛ばそうと思っている方向には背中が向けられます。まるで、背中が捲れてしまったような状態となり、ここから下半身だけを左に動かすと上半身と下半身の捻転差が強くなります。

下半身を左に動かすというよりは左足を踏ん張りながら、股関節を回転させるというか廻旋させるような動作になります。

上半身と下半身の捻転差

ベン・ホーガンの書籍にも登場する図柄です。上半身と下半身の捻転差を現した図です。身体を真上から見たことを想定して、下半身(腰)と上半身(肩)との捻転差を描いています。

上の図の上体から、下半身(腰)だけを戻してくることで、上半身(肩)と下半身(腰)の捻転差が大きくなり、強いスイングをすることが出来ます。

飛ばし屋として有名なダスティン・ジョンソンは上半身と下半身の捻転差がとても大きいです。飛ばすためにはパワーが必要となりますが。そのパワーは腕や手のパワーではなくて、捻転から生まれるパワーです。

日々、精進
がんばります

スポンサー広告
 

体幹トレーニング関する記事がいくつかありますので併せて読んでみてください。