シャフトの長さによる飛距離の違いを考える

長尺ドライバーは飛ぶと言われています。その理由はシャフトが長いからですね。シャフトが長くなると飛距離が伸びるのは、シャフトが長い方がヘッドスピードが上がるからだと言われています。飛ぶと言われている最近のアイアンも密かにシャフトが0.5インチ長かったりもします。

ドライバーとスプーン(3番ウッド)を比べた場合には、ドライバーの方が飛距離が出ます。ヘッドの大きさ、シャフトの長さと、ロフト角の影響が大きいように感じます。ドライバーのヘッド体積460ccというデカヘッドだから飛ぶということも言えます。

ヘッドが大きいドライバーとヘッドが小さいドライバーは、どちらが飛ぶかというとヘッドが大きいドライバーの方が飛びます。ヘッドの大きいドライバーの方が飛ぶというか、飛ぶための要素が多くなるという言い方の方が適切かもしれませんね。ヘッドの大きさというのは、飛ぶ要素にはなるのですが、飛距離に影響を与える比率というのは、それほど大きくないのではないかと思っています。もちろんヘッドが大きくなれば慣性モーメントが高くなりますから、飛ぶということにつながってくるのだろうと思います。

スポンサー広告

 

シャフトの長さによる飛距離の違い

ミート率とか、スイングとか、実際のヘッドスピードなど細かなことは全く考えていません。

理論的な数値としてはシャフトが1インチ長くなると、ヘッドスピードが1m/s上がると言われています。ヘッドスピードが1m/s上がると、ボールの初速が約1.45倍になると言われています。ボールの初速に係数4を乗算すると1.45×4=5.8となり、5.8ヤード飛距離が伸びるということになります。

ということは、ヘッドスピード40m/sのゴルファーがシャフトを1インチ伸ばすことで、ヘッドスピードが41m/sになるという計算になり、飛距離は5.8ヤード伸びるという計算になります。

  • シャフト1インチ = ヘッドスピード1m/s
  • ヘッドスピード1m/s = ボール初速1.45倍
  • 係数4 × ボール初速1.45倍 = 5.8ヤード

 

シャフトを短くした場合

シャフトを伸ばすのではなくて、短くした場合にはどうなるのだろうか。

2インチ短くした場合は、ヘッドスピードが2m/s落ちます。ヘッドスピード1m/s は ボール初速1.45m/sですから、2インチ×1.45=2.9となり、2.9×係数4=11.6となります。2インチ短くすると約11.6ヤード飛距離が落ちるということになりますね。

  • シャフト2インチ = ヘッドスピード2m/s
  • ヘッドスピード2m/s = ボール初速2.9倍
  • 係数4 × ボール初速2.9倍 = 11.6ヤード

 

45インチという長さのシャフトのクラブで200ヤードという飛距離が出る場合、43インチのシャフトであれば、188.4ヤードの飛距離になるという計算です。

ヘッドスピードとか、フェース面の反発だとか、ミート率とか、スイングなど細かなことは全く加味していない、数字だけの計算でであれば、上述したような計算になります。

シャフトが長くなれば、ヘッドスピードが早くなるということですね。飛距離アップをするには最も簡単な方法なのかもしれません。ただ、シャフトを長くすると振り難さが現れてきますし、打点がブレやすくなり、フェース面のスイートスポット(スイートエリア)で打つことが難しくなってきます。シャフトを長くするには、この辺りのバランスが必要になってきますし、クラブ全体のバランスも注意しなければいけませんね。

スポンサー広告

 

シャフトの長さの落とし穴

シャフトの長さが気になって、色々と追求をしていくと、落とし穴があることに気づきます。

シャフトを長くすれば飛距離アップが出来ます。ですが、シャフトの長さを46インチにしても46インチという長さのメリットを100%活かすことが出来ないということです。46インチのシャフトであったとしても、その46インチという長さのなかでグリップをしなければいけませんので、実際に有効的なシャフトというのは短くなるのでは・・・という落とし穴です。

つまり、45インチのシャフトを使っていたけど、46インチのシャフトにしたという場合には、実測としては1インチ長くなりますが、ゴルフクラブとしての性能を引き出せるシャフトとしての長さは46インチよりも短くなるということです。

また、シャフトの長さの計測方法いくつかあります。計測方法によってはシャフトの長さが異なる場合があります。

 

シャフト長さの測り方

各メーカーによってシャフト長さの測り方が異なります。

60度法

60度という角度が付いた面にクラブのソールを当てて長さを測る方法です。R&A 英国ゴルフ協会策定は、60度法を基準にするようにと促しています。

60度法

 

ヒールエンド法

クラブヘッドのヒールエンドまでの長さを測る方法です。クラブヘッドの形状によってはヒールエンドの位置が異なるのでシャフト長さの数値も差異が出る。

ヒールエンド法

 

60度法とヒールエンド法ではシャフトの長さの測り方が異なりますので差異が発生します。シャフトの長さは確かに飛距離に影響を及ぼしますが、シャフトが長くなれば打点がズレる可能性も高まってきます。

現実的に考えると、やはりドライバーは45インチ前後が良いのかもしれないですね。シャフトが長ければヘッドスピードが上がって飛距離が伸びるということになりますが、適切なスイングで適切なインパクトが出来るようになることが、もっとも大切だということかもしれませんね。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

プロゴルファーのミート率とかボール初速とか計算してみました

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください。