GDO運営のゴルフスクール GOLFTEC
CONTENTS MENU
 

ゴルフ三角形の連続で攻める【ボールは曲がってもOK】

ゴルフラウンドで自分が思った通りにボールを真っ直ぐ飛ばすことは難しいです。たまには、真っ直ぐ飛びますよ。でも、なかなか難しいです。ですので、ボールの落とし場所を面として考えると良いですよとゴルフレッスンの先生に教えてもらいました。

スポンサーリンク
 

左に曲げても大丈夫なポイントを決めて、右に曲げても大丈夫なポイントを決めて、2つのポイントを線で結ぶように面をイメージして、その横幅に収まるようにショットをすると良いとのこと。

 

イラストにすると下の図の様になります。三角形が連続します。その三角形の連続が良いゴルフへと導くだろう・・・という考えです。

 

振り幅 (1)
ティーショットを表しています。
左右にブレてもOKだけどフェアウェイをキープ出来る振り幅。

振り幅 (2)
セカンドショットを表しています。
左右にブレてもOKだけどフェアウェイをキープ出来る振り幅。または、グリーンを狙いやすいポジションにボールを運ぶ。

振り幅 (3)
サードショットを表しています。
出来る限りグリーンを捉えられるような正確なショットとなるため左右の振り幅も小さい。

 

飛距離の出るクラブは若干ですが左右にブレてしまうことがあるので、ボールの落とし場所(ボールの運ぶ場所)を点ではなく面として考えて狙うという考えがあります。点というのはピンポイントを意味します。ですが、ドライバーなどの飛距離を稼ぐためのクラブでピンポイントを狙って、その場所にボールを運ぶことは難しいです。

ですから、ボールを運びたいと思っている場所を面として捉えて考えて、横幅が約20ヤード範囲内にボールが収まれば、右へ行っても、左へ行っても良しとするというような考えです。中部銀次郎さんのゴルフを想像していること、ボールの運び場所を点で考えるのではなくて、面として考えて、概ね思い描いた位置にボールを運ぶことが出来れば良しとして、次のショットに繋げていくように感じます。

アバウトな考えを持ってショットをすることで、緊張感を和らげて、スムーズなショットが出来そうな気がします。実際にナイスショットが出るはずです。とくに刻もうと決断をして軽く、緩く、ショットをしたときに限って会心の一撃が出たりすることもあります。刻むから軽く打とうと考えて、身体のチカラが抜けて、スムーズなショットが出来たのだと思います。

ゴルフレッスンの先生にもボールを運ぶ場所、狙う場所は面で考えた方が良いですとか言われていましたが、最初は意味が全然判りませんでした。 面???

今は、理解できるようになって来ました。
今更かという感じですが。

当初はピンポイントで考えいたからです。ボールの運ぶ場所、落とし場所をピンポイントで狙っていました。ピンポイントで狙ったところにボールを運ぶことが出来ることも無く、曲げてしまって大変なことになるということが続いていました。

ピンポイントで狙えば、狙うほど、ナイスショットが出にくいように感じます。河川敷のゴルフ場でティーショットをアイアンで打っていたのですが、フェアウェイが広いので少し右に行っても、左に行っても良いという考えで打っていたのがナイスショットを誘発したのだと思います。

海外のプロゴルファーは、あまりボールを曲げずに真っ直ぐ打つ選手が多いと聞きますが、真っ直ぐ打つことの大切を理解して、相当なトレーニングを積んでいるのだろうと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア