飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

綺麗なゴルフスイングで打てると良いの?

更新:

 

綺麗なゴルフスイングで打てると良いの?

綺麗なゴルフスイングで打てると良いの?その答えは、良いです。ただ、綺麗なゴルフスイングだけでは、なかなかスコアがまとまりませんが、綺麗なゴルフスイングができてないと、ゴルフ場でボールが打てません。

綺麗なゴルフスイングというよりは、正しいスイングとでも言いますか、正しい身体の使い方とでも言いますか、適切にゴルフボールにコンタクトできるような打ち方は大切です。

見た目の美しさ、形の美しさだけでは意味がありません。

綺麗なゴルフスイング=正しい身体の動きがデキている と捉えることができます。

 

正しい身体の動きがデキているという意味は?

綺麗なゴルフスイング、正しいゴルフスイングを表現する言葉には、無駄なチカラが入ってないとか、効率の良い打ち方ができているという言葉で表現されることがあります。なので、無駄なチカラが入ってないとか、効率の良い打ち方という言葉の意味が判らないということです。ゴルフスイングという動作を言語化するのは、かなり難しいです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

人それぞれ感じ方が違うので、説明する言葉にも違いが発生します。また、言語化するというのは、自分で経験してみて、頭の中でイメージができなければ、言語化することはできません。ゴルフスイング技術書などに、動作説明に差異があったりするのは、この辺りに理由があると感じています。

それが、良いとか悪いとか言ってるいるのではなくて、むしろ差異があった方が、上達するためのアプローチが多角的になるので、良いのではないかと考えています。

正しいゴルフスイングと正しい身体の動き

これは、私の勝手な哲学なのですが、正しい身体の動きがデキているという意味は、大きな筋力を使わずして、大きなエネルギーをつくり、一定の正確性を保って打てることだと考えています。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

動作を言語化すると

その動作を言語化すると、下半身から動き出して、腰(股関節の回旋)の小さな回転で大きな捻転差(回転)を作り、ダウンスイングでは、腕(ゴルフクラブ)が身体に巻き付いて、手元側とゴルフクラブの回転差を大きくして、ゴルフクラブを加速させるという表現になります。つまり、小さな回転で大きな回転をつくり、大きなエネルギーをつくることが、無駄なチカラが入ってないゴルフスイングであり、効率の良いゴルフスイングであると考えています。

腰(股関節の回旋)の回転

腰(股関節の回旋)の回転を大きくすることはできません。だけど、ゴルフスイングの円弧は大きくなります。そうすることで、捻転差をつくることができます。

手元の回転

手元の回転とゴルフクラブヘッドの回転差をつくることで、ゴルフクラブを加速させることができますし、ヘッドスピードが速くなり、力強いインパクトで打てるようになります。

 

ドライバーが打てない人、アイアンが打てない人の場合

腕(ゴルフクラブ)が先に動き出して、テイクバックが開始されます。ダウンスイングも腕(ゴルフスイング)から開始して、それに連られて、腰、身体が動き出します。良いゴルフスイングとは、真逆の動きとなります。

これが、打てない理由のひとつであり、ドライバーで150ヤードくらいしか飛ばなかったり、アイアンでダフってばかりのゴルフスイングとなります。思い切りチカラを入れているからこそ、パワフルなゴルフスイングではなくなってしまっているということです。

 

綺麗なゴルフスイングは、型が綺麗ではない

綺麗なゴルフスイングは、見た目が必ずしも綺麗だとは言えません。PGAツアーのトップランカーの選手は、個性的なゴルフスイングをする選手が多いです。というより、個性的なゴルフスイングをする選手しか居ないかもしれませ。

その、ゴルフスイングの見た目的には、不思議な点があるものの、滑らかで、自然な動きで、窮屈な感じがしません。それこそが、綺麗なゴルフスイングであり、正しい身体の動きがデキていると言えると考えています。

 

ベン・ホーガンの言葉

最後にベン・ホーガンの言葉を紹介します。ベン・ホーガンのモダンゴルフには、このように書かれています。一般的なゴルファーは誰でも例外なしに、ムラのないスイングを作り上げれば、80を切れるようになれると書いてます。その言葉を信じて頑張りたいと思います。

日々、精進
がんばります

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン