飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフ肘用サポーター おすすめ紹介

更新:

 

左の肘が痛くなってきた

最近、ゴルフラウンドが終わった後やゴルフの練習をした後に左の肘がズキズキと痛くなることがあります。今までは、なんか肘が痛いな~おかしいな~もしかしたらゴルフ肘という症状なのかな~まさかな~・・・というように症状を軽く考えていました。

そして、先日のラウンドでアイアンショットでダフってばかりいたからなのか、左肘に違和感があり、腕を曲げたり伸ばしたりするとコリコリするような感覚があり、少し痛みがありました。自分が納得いかなったラウンドだった時などは、ゴルフ場のドライビングレンジで練習をしたり、パター練習をしたり、アプローチ練習をしたりすることもあるのですが、その日は肘が痛くてゴルフ後の練習をする気持ちになれませんでした。というよりも、1日に2ラウンドもしてしまったので肘にはかなりの負担が掛かっていたのかもしれないです。

上腕内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)

とくに左肘の内側というのでしょうか、肘の横の部分とでも言うのでしょうか・・・一般的にはゴルフ肘という症状のようです。知り合いの整形外科の先生に診てもらったところ、上腕内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)という難しいネーミングの症状であることが発覚しました。つまるところゴルフ肘という症状のようです。

先生の説明によると肩から肘まで上腕骨という骨があり、内側上顆という箇所に上腕からの筋肉、手首からの筋肉が集中しており、継続的に負荷が掛かると炎症を起こすとのことです。ゴルフクラブをを持って、ボールを打つという動作というのは、肘にかなりの衝撃を与えるようで、その衝撃というのは想像を超えるものがあるようです。症状を軽減させるために一番良いのは安静にしているとのことです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

肘の痛みの原因は、当たり前のことながらゴルフ

私の場合、原因はゴルフだろうと病院の先生は言っておりましたが、どうやらゴルフだけではなく、パソコン作業などでも肘が痛くなることがあるようです。キータッチ操作、マウス操作などを長時間に渡って行う場合にはゴルフ肘に似たような症状が発生することもあるらしいです。肘を曲げた状態で作業を続けると、やはり肘に負荷が掛かってしまうのでしょね。ゴルフ肘とひとことで言っておりますが、あまりにも症状が酷い場合にはギプスをすることもあるようですし、軟骨が剥がれてしまって大変なことになってしまうこともあるようです。ゴルフ肘という症状を軽く見るのではなく、しっかりと症状を軽減させる努力をしないといけないようです。

ゴルフ肘 / 症状の特長

筋肉の収縮が腱にまで影響を及ぼして、それが痛みとなります。さらに、酷くなると筋肉があまりついてない、骨ばった部位でも痛みを感じるようになってきます。

ゴルフ肘用サポーターの付け方

肘が痛いときにサポーターを巻く人は少なくありません。サポーターは肘に巻くのではなくて、肘から少し前の前腕部分に巻くと良いです。そうすることで、筋肉の収縮による衝撃が、肘に伝わり難くなりまるので、痛みを和らげることができます。

ゴルフ肘のサポーターの効果

肘が痛いときに、サポーターを巻いていると、肘への衝撃が緩和されますので、痛みが和らぎます。ただ、サポーターを巻いたからといって、肘の痛みが治った訳ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。

ゴルフ肘のテーピング

肘が痛くなってテーピングをするという方法もあります。ただ、テーピングの場合は、毎回テーピングするという手間がけっこう大変です。応急処置でテーピングすることはあるかと思いますが、毎回テーピングするというのは大変ですので、テーピングするよりは、サポーターをオススメします。

 

ゴルフで肘が痛くなる原因

ゴルフで肘が痛くなる原因は、幾つかあります。ボールの打ち過ぎか、ダフってしまった、手打ちです。もっとも多いのは、手打ちだそうです。手で打っているので、インパクトの衝撃が、肘に伝わってしまうというものです。

一度でも肘が痛くなると、練習場で何球かボールを打っていると肘が痛くなることがあります。また、ラウンド中に痛くなることもあります。ゴルフ肘は、なかなか治りにくいので大変です。

もっとも多い3つの原因

  • (1) 練習場でボールを打ち過ぎた
  • (2) 打ち方が悪い
  • (3) ダフリが多い

私の場合は、打ち方が悪いに分類されるであろうと、自己分析をしています。手打ちになっていたり、腕・クラブが身体から外れてしまって捻転のエネルギーと身体で打ててない場合は、インパクトの衝撃が肘に伝わりやすくなります。腕・クラブを身体の前から外さずに、身体をつかって打つことは、身体に無駄な負担が掛からないということに気付きました。

 

マルミツのサポーター

介護サービス、健康事業などを手掛けているマルミツのサポートがオススメです。健康のため、そしてスポーツのため、ゴルフのためのことを考えたサポーターを作っています。ラインナップも豊富にありますし、ホールド性、衝撃吸収力が抜群です。

肘が痛くても、ゴルフに行きたくて仕方がないという気持ちは、とても判ります。そういった場合は、サポーターなどで肘を保護すると良いです。そもそも、肘が痛くなる前にサポーターなどで肘を保護しておくことが、大切であると整形外科の先生は言っておりました。本当に痛くてどうにもならなくなったら、しばらくゴルフをお休みすることも必要ですね。

 

エルボーレスキュー


写真:marumitsu-store.jp

前腕部分に巻き付けるタイプのサポーターです。筋肉の収縮による肘への影響を軽減させてくれます。もっとも一般的なサポーターですし、使いやすいです。

サポーターの付け方

エピタイプのサポーターは、前腕部分に装着します。前腕部分に装着することで、衝撃が肘まで伝わらいようにすることができます。

 

エルボーサポート


写真:marumitsu-store.jp

肘全体を包み込むようなサポーターとなっています。特殊なパットが内臓されており、肘周りの筋肉、腱をサポートしてくれますし、無駄な衝撃が加わらないように保護してくれます。

サポーターの付け方

肘全体を包み込んでしまうようなサポーターの場合は、サポータの中に腕を通して、肘周りにフィットさせるだけです。とても簡単に装着できます。

 

ゴルフ肘用のサポーターは、ルール違反

肘の痛みを和らげるためにサポーターを着けるのは、ルール違反にはなりません。

スイングを手助けする、補助するためのサポーターではなくて、怪我や痛みを和らげるためのサポーターであれば、ルール違反になりません。サポーターを着けることで飛距離アップするとか、ヘッドスピードが速くなるというようなスイング補助器具的な使い方をする場合は、ルール違反になります。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン