飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング

ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します。

 

腕とはどこ?

ゴルフスイングでいうところの腕とはどこでしょうか。それは、肘から下です。肘から下の前腕を腕と言います。前腕にチカラが入ってしまうと、全体的に固くて、ぎこちないスイングになりやすいですし、コックがはやく解けてしまって、ボールの手前でダフリやすくなります。

ゴルフは肘から上にチカラを入れる

ゴルフスイングでいうところの腕とはどこでしょうか。それは、肘から下です。肘から下の前腕を腕と言います。前腕にチカラが入ってしまうと、全体的に固くて、ぎこちないスイングになりやすいですし、コックがはやく解けてしまって、ボールの手前でダフリやすくなります。

 

動作をする前にチカラを入れた部位にチカラが入りやすい

アドレスをして腕でゴルフクラブを振ってみたり、ワッグルしたりすると、腕にチカラを入れているので、実際に打つときにも腕にチカラが入りやすいです。ゴルフクラブを持って、アドレスをして、テイクバックをする前にワッグルしたり、ゴルフクラブを腕で持ち上げて、フェース面の開閉をチェックしたりします。これは、全て腕のチカラでゴルフクラブを持ちあげています。打つ前の動作で既に、腕にチカラを入れる予行動作をしています。ですから、実際のゴルフスイングでも腕にチカラを入れてしまうし、腕にチカラが入りやすくなります。

スポンサーリンク

腕にチカラが入っているとダフル

ゴルフスイングで腕にチカラが入っていると、勢いよくゴルフクラブを振り難くなりますし、アイアンショットの場合はダフリやすくなったりもします。ドライバーショットの場合、極端なアウトサイドイン軌道となりスライスの原因になりやすいです。

アドレスをしたら早く打つ

アドレスをしたら早く打った方が良いと言われます。それは、アドレスをして色々なことを考えていると、スムーズに身体が動き難くなるからです。また、上述したように腕にチカラが入りやすくなりますし、腕だけでゴルフクラブを持ちあげて、腕に頼った打ち方になってしまうことが多いからです。

 

ゴルフスイングで腕のチカラを抜く方法

両腕を上げて、肘を下してくると背中にチカラが入ります。イメージとしては、胸を張りながら、肘を下げながら、背中の筋肉を寄せ集めてくる感じです。肩甲骨を寄せるようなイメージです。すると背中にチカラが入りますし、背中の筋肉に意識が向きます。背中にチカラを入れた後、直ぐに両腕を上げて、手の平が外を向くように腕を下してきます。

スポンサーリンク

すると、自然と脇が締まりますし、肘から上の上腕にチカラが加わっているのを感じるはずです。そして、肘から下は脱力できています。背中にチカラを入れて、背中の筋肉を意識して、肘から上の上腕にチカラが加わりながら脇が締まっているのを感じたままゴルフスイングをすれば脱力スイングの完成です。どこにも、肘から下の前腕、腕にチカラを入れる要素が全くないことに気付くはずです。ゴルフ練習場でトライしてみて、意識しなくてもできるようになると、ゴルフ場でも脱力スイングで打てるようになります。

背中の筋肉をイメージしながら、肩をアゴ下に入れて深い捻転で打ちやすくなります。

上腕(二の腕)にチカラを入れて脇を締める

前腕(腕)にチカラを入れない、上腕(二の腕)にチカラを入れること、これは原則です。

腕のチカラを抜いて、肘から下を脱力させやすくするには、上腕(二の腕)にチカラを入れて脇を締めることです。上腕(二の腕)にチカラを入れて脇を締めるというと、とてもチカラを入れて脇を強く締め付けてしまいがちですが、無理して締める必要はありません。自然体で大丈夫です。

アプローチショットではチカラを抜く

背筋にチカラを入れて、チカラを抜いて、上腕(二の腕)にチカラを入れながら脇を締めることができれば、腕と身体が同調(シンクロ)して打つことができます。これができると、柔らかなアプローチショットも打ちやすくなります。

チカラを抜いて、柔らかくて、スムーズな動作が活かされるのはアプローチショットです。腕にチカラが入っていると、ザックリしたり、トップしたり、様々なミスを誘発させます。また、アプローチショットの場合、手首の柔らかさを活かせるウィークグリップが良いとされています。

 

グリップ時、右手のチカラを抜く方法

右手にチカラが入ってしまって、アイアンでダフッタリ、ドライバーでは速く振れなかったりすることがあるかと思います。すると、右手のチカラを抜こうとしますが、これが間違いです。

右手のチカラを抜くというよりは、左手と右手のグリップ・プレッシャー(クラブを握るチカラ)が同じであれば、調和した力量でスイングすることができます。つまり、左手と右手のチカラを同じくらいにしてグリップする(ゴルフクラブを握る)と良いです。という説明をすると、左右共にすごいチカラでグリップする(握る)人が居ますが、チカラの入れ過ぎには注意が必要です。

もっともチカラが入って、ゴルフスイングの弊害となるのが、前腕にチカラが入ることです。
肘から下の前腕にチカラが入っていることがゴルフスイングの邪魔となります。

右手のチカラを抜くのではなくて、左右均等のチカラでゴルフクラブを握って、肘から下の前腕にチカラを入れない様に上述したことを取り入れてみると良いです。

 

右手のチカラを抜いてグリップする方法

これは私が取り入れている方法ですが、ベンホーガンのモダンゴルフでは別の意味で紹介されていた握り方です。右手の人差し指と親指をシャフトに触れないように広げてしまうという方法です。

別の弊害が発生する可能性がありますが、右手の人差し指と親指をシャフトに触れないようにして広げてしまうことで、右手を使い難くし、チカラが入り難くします。この状態で、できるかぎり左手にグリップを意識して左手だけでスイングするイメージで打っています。

左手だけでグリップをすると、緩くて、柔らかい握り方となり、自分が思っている以上にゴルフクラブを速く振ることができますし、ダフリ難くなります。

慣れてきたら、右手も従来の握り方に戻して、チカラを抜いてスイングできるように練習しています。特にアプローチの時などは、右手のチカラが入ってしまってザックリします。そのようなことも防ぐことができます。

 

脱力スイングの意味

脱力するといっても全身のチカラを抜く訳ではありません。ゴルフスイングは、ゴルフボールを飛ばすための動作であり、運動ですから、ある程度のパワーは必要です。チカラを入れなくても良い部位のチカラを抜いて、柔らかく、素早いゴルフスイングが脱力スイングです。ここでは、もっともチカラを入れてはいけない肘から下の前腕と右手のチカラを抜く方法を紹介しました。参考にしてみて下さい。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン