ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

OBしない安全なティーショット 【 3番ウッド or ユーティリティ 】

先日のラウンドで気付いたことは、やっぱりティーショットは重要ということですね。とくにドライバーでのティーショットなのですが、右に行ったり、左に行ったりとフェアウェイを捉えられずに難しいライにボールが行ってしまい、さらにゴルフが難しくなってしまうという悪循環。

スポンサーリンク
 

ドライバーの不調

ゴルフというスポーツは何かひとつが出来るようになると、何かひとつ出来なくなるという繰り返しのような気がしますね。ドライバーが好調だと思ったら、フックが出始める。フックが治ったと思ったら、スライスが出始めたり、スライスが治ったと思ったらグリップが悪くなったりと新たな課題が発生したしります。

ラウンド中にスライスが連発すると、何がおかしいのかなと悩んでしまったりすることがあります。しかも、フェアウェイの広いホールに限って大きなスライスをしてしまうという、なんとも理不尽なドライバーショットを連発していました。スイングに関して悩みながらラウンドをしていたら余計に悪化するだけなので、考え方を切り替えてティーショットはスプーンで打つようにしました。

スプーンでティーショットをしても少しスライスが出ていましたので、グリップが悪いか、アドレスが悪いか、ボールの位置が左足側過ぎて無意識に擦りボールになっているか、粘ることができなくなって身体が浮いているかなど色々な原因が考えられます。

スポンサーリンク
 

スプーンを多用するとスコアが良い?

スプーンでのティーショットを続けていたら、スコアがまとめやすいということを感じました。スプーンでティーショットをするということとスコアが良くなるというのはイコールではないと思います。ただ、左右に曲げるドライバーよりもスプーンの方が飛距離は出ていないけど、セカンドショットが打ちやすい場所にボールを運ぶことが出来ますので、スコアがまとめやすいですね。爪先上がりとか、爪先上がりなどのコース端の打ちにくいところから打つよりは明らかに打ちやすい場所にボールを運べますので、それだけでも優位です。

ドライバーがダメだからティーショットでスプーン多用 という記事もありますので、併せて読んでみて下さい。

ゴルフ仲間の先輩なんかはティーショットはウッドよりもユーティリティの方が良いという人も居ます。その理由としては、ウッドは重心が深いのでボールが上がりやすいからランが出ない。でも、ユーティリティは重心が浅いので中弾道のボールが打ててランが出るということを言っているのだと思います。

スポンサーリンク  

スプーンは打ちやすい?

スプーン(3番ウッド)はドライバーよりもヘッドが小さい。当たり前の事なんですけどね。ヘッドが小さいということは、重心距離も短いだろうし、ヘッドが小さいからこそ振りやすさがあります。ティーアップをすれば、打ちやすさもアップしますから、良い武器になりますからね。

日本のゴルフ場は総じて山岳コースと呼ばれるようなゴルフコースが多いように感じます。そして、フェアウェイも狭かったりしますし、全体的な距離も6500ヤード弱だったりもします。そういったことを考えると、やはりティーショットではスプーン(3番ウッド)の出番が多くなるのかなと思いました。無理してドライバーを振ってもリスクが高まるだけですからね。

ドライバーの次に飛ぶクラブを作っておくことで、ドライバーの不調をしのぐことが出来ます。

3番ウッド (スプーン) の方が飛ぶと感じる理由という記事や、ティーショット用 の ミニドライバー とか スプーンとか 少しまとめという記事も読んでみてください。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア