CONTENTS MENU
 

パターに型なし 【 アンカリング規制からサイドサドル・スタイル? 】

パターに型なしと言われていますが、本当に様々なパッティングスタイルがありますよね。スタンスを広くしているゴルファーも居るし、スタンスを狭くしているゴルファーも居ますし、グリップの握り方も様々です。

スポンサーリンク
 

パターはカップインさせることが出来れば何でも良いという感じですが、ラインを跨いだりしてはいけないとか、それなりのルールはありますから、何でも良いというわけではないですね。パターというのはボールを転がすだけですので、とても簡単に思われますが、トレーニングして身体を鍛えれば何とかなるというようなものではありませんので、不調になると調子を戻すのが非常に難しいです。身体能力よりも感性とか直感力のような感覚が必要のように感じます。

真っ直ぐ打てば、真っ直ぐボールは転がるのですが、これがなかなか思うようにはいかないので、パターに悩んでいるゴルファーは多いと思います。パターの悩みを解消するために長尺パターを使い始める選手も居ますし、独自のパッティングスタイルを生み出したというゴルファーも居たりなんかします。

長尺パターを使うときには、必ずといってよいほどアンカリングをします。このアンカリングが禁止になる予定とのことで、また新たなパッティングスタイルを模索するゴルファーが出てきそうですね。

 

長尺パター 【 ベリーパター 】

長尺パターのメリットとしては、グリップエンドを自分の身体に密着させて、パターの揺れを軽減して適切なストロークが出来るというところでしょうか。ただ、グリップエンドないしゴルフクラブの一部を身体に密着させるアンカリング規制というルールが制定されることになります。ですから、グリップエンドを自分のお腹や胸に密着させてパターを安定させるということは禁止になる方向にあります。2016年1月のルール改正に追加される予定となっているようです。

アンカリング規制が入る前に、長尺パターを使用しているゴルファーは通常のパターを使うような努力をしなければいけませんので、これまた大変ですね。アダム・スコットなんかは長尺パターにしてから、パッティング精度が高まっていますから、今後どのようにするのか興味深いですね。

アダム・スコットの長尺パター

▲上の動画に登場するのはアダム・スコットのみ。動画のなかで彼が使っているパターが長尺パターです。しっかりとアンカリングをしてナイスパットを披露しています。

アンカリング規制により、長尺パターが使えないというわけではなくて、あくまでもアンカリングすることが禁止になるということで、長尺パターが使えないということではないです。

スポンサーリンク
 
 

アンカリング規制について

USGA の サイトにアンカリング規制に関するPDFファイルが配布されていますのでシェアします。ちなみに英語です。ですが、図柄が入っていますので、イメージで判るかと思います。

http://www.usga.org/content/dam/usga/images/infographics/2016-anchoring-the-club-final.pdf

http://www.usga.org/よりばっすい

 

サイドサドル・スタイル パッティング

サイドサドル・スタイル、サイドサドル・パターとか色々呼び方があるみたいですが。アンカリング規制が制定されると、このパッティングスタイルが注目されてくるのではないだろうかと私は勝手に考えています。

サイドサドル・スタイル パッティング は サムスニード が考え出しました。通常のパターはカップに対して身体が横向きになり、横打ちになります。サイドサドル・パッティングは身体をカップに対して正面にしてパットをするというスタイルです。カップに対して真正面に立つことになりますので、両目でしっかりとライン読みとフェース面を合わせることができるのだろうと思います。これを考え出した、サムスニードもパターに悩んでいた時期があったようです。

アンカリング規制が入ると、長尺パターを使用しているゴルファーは新しい模索をするかもしれない・・・ということで、サイドサドル・スタイル パッティングというパッティングスタイルになるかもしれないと勝手に考えています。いえ、長尺パター使用ゴルファーが、サイドサドル・スタイル パッティングをしてくれると面白いですね。面白くないですか。パットは型なしですから・・・カップインすればOKなんです。

RandyHaag(ランディ・ヘーグ)というゴルファーが居るのですが、2015年 US OPEN で サイドサドル・スタイル パッティングのパッティングを披露しています。

Randy Haag – Sidesaddle Putting (2015 US Senior Open)

 

サイドサドル・スタイル パッティング専用パターがある

さらに追求をしていくと、三重県のとある企業がサイドサドル・スタイル パッティング専用パターの製造販売をしているみたいですね。三重県といえば、私が住んでいる愛知県の隣です。

PTSniper ピーティースナイパー【 豊和電器工作所 】
http://www.ptsniper.net/

1.2mの距離のパッティング(其の1) —4ft putting with PTSniper—

そして、これがサイドサドル・スタイル パッティングです。とても判りやすいですし、微妙な距離を確実にカップインさせていきます。また、アドレスの仕方が特徴的ですね。

上のサイドサドル・スタイル パッティングでカップインさせている動画はすごいですね。気持ちよくカップインさせていきますから。パターに悩んでいる人、長尺パターでのアンカリング禁止となったら、サイドサドル・スタイル パッティングで凌いでみるというのもありですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高級車ベントレーのゴルフクラブ? PGATOUR.COM Equipement エディタのJonathan Wall氏のツイッターに珍しいドライバーの写真が投稿されていまいたのでシェアします。どうやらベントレーのドライバーのようです。そうです。高級外車のベントレーのようですね。 .@BentleyMotors golf clubs...
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶドライバーの要素 【 反発係数の高いドライバー 】 やはり年齢と共に体力が減退しているからなのか、ドライバーの飛距離が少し落ちてきたように感じます。飛距離が落ちてきたというよりは、最近の大きな悩みである深い捻転が出来なくなってきたから、飛距離が落ちたのだろうと思います。飛ぶドライバーの要素は、いくつかありますが、反発係数、シャフトのこと、ヘッドのこと...
SNS シェア