飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アームロック式パッティングとは

 

アームロック式パッティングとは

アームロック式パッティングとは、少し長目の中尺パターを使用します。長目のグリップ部分を左腕内側に密着させてストロークすることができ、左腕とパターがシンクロして、精度の高いストロークが可能です。アンカリング規制により、長尺パターの利用が難しくなったゴルファーが取り入れている場合が多いです。

 

アームロック式パッティングのやり方

中尺パターのグリップ部分を左腕の内側に密着させます。この時に、グリップエンド側が動いてしまわないように注意が必要です。左腕とパターのシャフトが1直線になるイメージです。フェース面をボールに合わせながら、左腕内側でパターのシャフトを密着させて、アライメントする感じです。左肩、左腕、パターのシャフトがシンクロできるので、無駄な動きを抑えたストロークができますし、左腕主導のストロークを実現できます。

スポンサーリンク

アームロック式パッティングは、パターのグリップを左腕の内側に固定してストロークをします。左腕とパターシャフトがつくる三角形を保ちながらストロークをすることで、パターのフェース面のズレを抑えることができます。

右手の握り方(グリップ)

右手はグリップに添えるだけのクローグリップにしたり、被せるようなオーバーラッピングにしたり、この辺りは自分がストロークしやすいスタイルを見つけると良いです。

アームロック式パターの特徴

アームロックをするために、少し長目のシャフトとなっており、一般的には中尺パターに分類される長さとなっています。グリップの太さは従来のパターと同等となっています。左腕に密着させてストロークするので、ライ角がアップライトとなりやすいです。

なので、アームロック用のパターの場合、ロフト角が7度、8度など、ロフト角が大きいモデルが多いです。従来のパターでアームロックをすると、少しだけトゥ側が浮いてしまうこともあります。この様な場合、アームロック用のパターを使うと良いです。

 

アームロック式パターの紹介

最近では、オデッセイからアームロック専用のパターが発売されます。
また、ベティナルディからもアームロック式用のパターが発売されており、マット・クーチャー仕様となっています。

オデッセイ

オデッセイのアームロック式パターです。とうとう登場したという感じでしょうか。オデッセイは、プロゴルファーの意見を取り入れて、その時代のトレンドとなるようなパターを開発しています。オデッセイのアームロック専用パターは興味深いものがあります。

 

ベティナルディ スタジオストック38 アームロック パター USモデル

素材は、303ステンレススチールを使用しています。マレット型のヘッドのアームロック向けのパターとなっています。ベティナルディは、マット・クーチャーが使っており、以前からアームロック式パッティングをしていました。ということから、ベティナルディは、アームロック向けのパターを作るのがけっこう得意なブランドです。

href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HYRQI+68GV9U+28NM+BW8O2&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.fairwaygolfusa.com%2Findex.php%3Fmain_page%3Dproduct_info%26manufacturers_id%3D117%26products_id%3D176145″ target=”_blank” rel=”nofollow”>ベティナルディ スタジオストック38 アームロック パター USモデル

 

ベティナルディ スタジオストック シリーズ SS28 アームロックパター USモデル

ミニマレット型の特徴的なヘッドを持たせてあるパターです。こちらも、アームロック用のパターとなります。

 

アームロック式パッティングを取り入れているゴルファー

とくに、ブライソン・デシャンボー、マット・クーチャーのアームロック式パッティングは有名ですし、よく知られているかと思います。

  • ブライソン・デシャンボー
  • キーガン・ブラッドリー
  • マット・クーチャー
  • ウェブ・シンプソン
  • ダニー・リー

 

アームロック式パッティング まとめ

パターでカップインさせることでスコアをつくります。なので、パターはとても重要です。パターが入るときはスコアがまとまる。パターが入らないときはスコアが作れません。上級者ゴルファーであれば、パターの重要性を理解しており、たった1メールのストロークがスコアを作ります。

パッティングで悩んでいる場合、アームロック式パッティングを試してみるのもアリです。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン