CONTENTS MENU
 

5番アイアンは要らない 6番アイアンからのセッティング

女子プロゴルファーのゴルフクラブセッティングを確認してみると、5番アイアンが入ってない選手がけっこう多いですね。6番アイアンからのセッティングとなっている選手が増えているようですね。

最近のアイアンはロフトが立っているからというのも理由のひとつになっているように感じますね。ロフトが立っているということは5番アイアンでも4番アイアン並みのロフト、6番アイアンでの5番アイアン並みのロフトとなっているアイアンセットもあります。よく言われるストロングロフトですね。だから、5番アイアンを抜いてしまうセッティングにしているのだろうと推測できます。そして、ユーティリティーとか7番ウッド、9番ウッドなどを組み合わせていくということになるはずです。

スポンサーリンク
 

 

ストロングロフトのアイアンは番手以上のロフトとなっている・・・ということは、9番アイアンでも8番アイアンと同じくらいのロフトになっていることもありますし、PWでも9番アイアンと同じくらいのロフトになっている場合もあるということですよね。と、なるとウェッジを2本入れたり、3本入れたりするということは、自然の流れであり、ロフトの数字が大きいクラブが欲しくなるということでしょうね。

ストロングロフトの影響というのは、クラブセッティング全体に及んでしまっていますね。

ということから本間ゴルフさんは10番アイアンとかありますからね。5番アイアンが必要なのかどうかとか、5番アイアンが打てないというよりも、打ちやすいクラブを選ぶこととミスが少ないクラブを選んでセッティングに加えることがとても大切だということなのだろうと思います。

 

5番アイアンを抜いた、6番アイアンからのセッティングをしている選手 【 女子プロゴルファー 】

女子ゴルファーのなかで5番アイアンを抜いた、6番アイアンからのセッティングをしている選手をまとめてみました。まだまだ、他にも6番アイアンからのセッティングにしている選手は多く居ます。

 

横峰さくらさん

小柄ながらも、しっかりとしたショット、安定した飛距離は見習う点が多いです。

横峯さくらさんクラブセッティング 【 GDO 】

 

イ・ボミさん

賞金女王は、やはり賞金女王になるべくしたゴルフセッティングになっている?
イ・ボミさんは本間ゴルフの6番~10番アイアンというセッティングになっています。

イ・ボミさんクラブセッティング 【 GDO 】

 

工藤遥加さん

工藤遥加さんクラブセッティング 【 GDO 】

 

そういえば、ゴルフレッスンのときにスイングチェックをしたり、ウォーミングアップをしたりするときに、基本としているアイアンが8番アイアンです。8番アイアンということは、ロフトは7番と同等だからという意味なのか・・・

そういえば、フィル・ミケルソンはウェッジでのスイングにドライバーでのスイング、アイアンでのスイングの全ての要素が詰まっていると言っていたことを思い出しました。ウェッジという短いクラブをしっかりとスイングすることが出来る、振ることが出来てこそ長いクラブも振ることが出来るという考えなのでしょう。

・・・そんな想い起こしや、色々な気付きがあったり・・・

私みたいに5番アイアンが打てるとか、4番アイアンが打てるとか自慢っぽく話しているということは浅はかな考えで、本当に良いスコアを求めるのであれば、5番アイアン、4番アイアンなどよりも、もっと簡単なクラブを使ったほうが良いということなのだろうかと・・・最近、思いつつあります。

カッコイイ、かっこ悪いとかじゃなくて、芝生の上からでもミスを少なく、しっかりとショット出来るセッティングをしなければいけない(優しいゴルフができるセッティング)ということを再認識しました。

ゴルフというスポーツはゴルフクラブでボールを打つわけですから、そのゴルフクラブを上手に扱えることができなかったら、まともにボールを打つことが出来ないということですからね。とても、簡単で基本的なことなのですが、こういったことを見失ってしまうというのは、まだまだ未熟だなと反省をしています。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア