CONTENTS MENU
 

スコアを縮めるためにパットとアプローチの練習をする

ハーヴィー・ぺニックの書籍に2週間、練習時間の90%をチップとパットに費やせばスコアは縮まるというようなことが書かれています。たまたま、書籍のなかに登場する参考となるゴルファーのスコアが95とされており、練習時間の90%をチップとパットに費やせばスコアを5つ縮められて、90になることが出来ると書かれています。

スポンサーリンク
 
たまたま95というスコアのゴルファーが参考題材になっていますが、80台のスコアを出すゴルファーにとってもヒントがあるように感じました。

練習場ではドライバーばかり振って何十回も立て続けにドライバーを打って、1回出るか出ないかのナイスショットに酔いしれているよりはチップとパットを徹底的に練習をしたほうがスコアをまとめられるということが書かれています。

つまり、練習場では長いクラブばかりを練習してしまう傾向があり、立て続けにドライバーを振り回していても、練習にならないということを伝えようとしています。

また、立て続けにドライバーを振り回すと疲れてしまいます。疲れてしまって良いショットが打てなくなってしまい、練習をしているというのに、良いショットも出ないし、悪いショットすらも出なくなってしまって何が悪いのか原因すら掴めなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そして、何が原因でナイスショットが出ないのか判らないまま、次のラウンドに挑むということになってしまいますので、明らかに悩みながらのラウンドが待っているということになってしまいます。

練習場に行けば、ちょこっとだけ短い距離のアプローチとか練習をして、アイアンを少し打ったら、とりあえずドライバーを振りたいという気持ちになってきますからね。ドライバーを打ってみると、気持ちの良い当たりじゃないから、もういちどドライバーを打ってしまう。そして、何度か打つとナイスショットが出る。ナイスショットが出ると、それが自分の能力だと勘違いしてしまい、ナイスショットが出た気持ちよさから、ドライバーばかり打ってしまう。ナイスショットが出ても、出なくても、結局はたくさん打ち続けてしまう。こんなことをやっている時期ありましたね。いまでも、練習場でドライバーのナイスショットが出たりなんかすると打ち続けてしまいます。

ハーヴィー・ぺニック氏の書籍にはドライバーショットの練習以上にチップとパットの練習をするべきであるということが書かれており、それを実践すれば確実にスコアが良くなると書かれています。

ですが、このように付け加えられています。

チップとパットの練習量を増やしてスコアが良くなったとしても、それを継続する人は少ないと書かれています。

胸がドキっとしてしまいました。

そして、ゴルフが上手な人達はドライバーショットの練習以上にチップやパットにも練習時間を費やしていると書かれています。

なるほど。

ドライバーショットをしている方が楽しいですからね。楽しいだけで打ち続けていても意味の無い練習になってしまうということも判っているのですが、どうしてもドライバーを打ち続けてしまいます。調子良くナイスショットが連発をすると、周りの人たちからは、この人は5下かも?と思われているかもしれませんね。つまり、私は練習場では5下なゴルファーです。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
重いクラブでスローモーションのスイングをすること 重いクラブでスローモーションのスイングをすること・・・このトレーニング方法は、ゴルフレッスンの神様 ハーヴィー・ペニック氏のレッド・ブックに書かれている内容です。 ゴルフに必要な筋肉を鍛えるには重いクラブで、いつも通りのグリップ、スタンス、アドレスでスイングをすることが良いとのこと。とくにラウン...
素振りをするときは何か目標を作る 【 ハーヴィー・ぺニック 】... ハーヴィー・ぺニックの書籍に書かれていた内容ですが、素振りをするときは目標を作ると良いと書かれています。殆どのアマチュアゴルファーはショットする前に素振りを2~3回することが多い。 とても綺麗なスイングで素振りをする。だが、実際にショットをすると素振りとは全く違うスイングになってしまう。 実際...
大切な順にクラブを3本選ぶとしたら? 【 ハーヴィー・ペニック 】... ゴルフレッスンの神様と呼ばれているハーヴィー・ペニックがレッスン方法、上達の秘訣を書き留めたとされる、ハーヴィー・ペニックのレッド・ブックという書籍があります。そこには、とても興味深いことが書かれていました。 大切な順にクラブを3本選ぶとしたら?・・・という章説です。 大切な順にクラブを3本...
リラックス と 気を楽にする の 違い 【 ティーショットで緊張する人 】... またまた、殆どのティーショットでミスショットをするという人と同じ組になりました。春先にいっしょにラウンドをしたことのある人です。緊張をしているのか、ティーショットに自信が無いのか、何かしらの理由があってティーショットでミスショットを連発しているのだろうとは思いますが、そんなにスイングがおかしいという...
ベン・ホーガンはキャディに真西の方角を聞いた 【 感受性 】... ラウンド中のゴルファーとしての感受性は大切だなと思います。ハーヴィー・ペニックのレッド・ブックという書籍のなかでベン・ホーガンがキャディに真西を聞いていたという文節があります。 それは、グリーンを除く他の全てのものは変化をしないがグリーンだけは西に切れるように芝が伸びからであると、真西を聞く理由を...
SNS シェア