アイアンのヘッドスピードを知ると見えてくるもの

ヘッドスピード、飛距離というのは概ねドライバーを想定して考える事が多いです。それは、ドライバーというクラブがゴルフクラブの中で最も飛ぶクラブだからでしょうね。

スポンサーリンク
 

では、アイアンのヘッドスピードを考えたことはあるのか・・・といいますと、私はあまり考えたことがありませんでした。というよりも、正直なところあまり気にしていませんでした。アイアンのヘッドスピードを知ることで、自分の特徴というものが見えてきます。

7番アイアンのヘッドスピードを知る方法

ドライバーでのヘッドスピードが42m/sだった場合を考えます。まずは、ドライバーと7番アイアンの長さを調べます。シャフトの長さ1インチ変わると、ヘッドスピードが1m/s変わると言われていますからクラブの長さから計算をすることができます。

仮に、ドライバーの長さが45インチ、
7番アイアンの長さが37インチとします。

45インチ - 37インチ = 8インチ
8インチ = 8m/s

ドライバーのヘッドスピードが42m/s - 8m/s = 34m/s
7番アイアンのヘッドスピード は 34m/sとなります。

※上述した計算は、あくまでも机上での計算であり、目安として考えてください。

7番アイアンの飛距離を知る方法

ドライバーの飛距離から9番アイアンの飛距離を計算して算出するという方法があります。

ドライバーの飛距離を調べます。仮に、ドライバーの飛距離を220ヤードとした場合。9番アイアンの飛距離の2倍がドライバーの飛距離になると言われています。

ドライバーの飛距離220ヤード ÷ 2 = 110ヤード
9番アイアンの飛距離は110ヤードとなります。

アイアンの番手毎の飛距離差が10ヤードということであれば、9番アイアンと7番アイアンは2番手違いますから、20ヤード差があるということになります。

9番アイアン110ヤード + 2番手差20ヤード = 130ヤード
7番アイアンの飛距離は130ヤードとなります。

※上述した計算は、あくまでも机上での計算であり、目安として考えてください。

スポンサーリンク
 

矛盾を見つけて自分の弱点を知る

9番アイアンの飛距離を2倍するとドライバーの飛距離と言われています。
9番アイアンの飛距離はどれくらいでしょうか?

実際のところゴルフ仲間に9番アイアンの飛距離を聞いたところ、120ヤード、130ヤードが多かったですね。なかには、100ヤードくらいしか飛ばないという人も居ました。ですが、ドライバーは飛ばすタイプのゴルファーではないのです。

9番アイアンで120ヤード飛ぶということは、7番アイアンで140ヤード程度は飛ぶということになります。9番アイアンで130ヤード飛ぶということは、7番アイアンで150ヤード飛ぶということになりますが・・・例えば、9番アイアンで120ヤード飛ぶのだけど、ドライバーは200ヤードくらいしか飛ばない・・・という様な場合もあるわけですから、矛盾に突き当たります。9番アイアンで120ヤード飛ぶならば、ドライバーであればキャリーで240ヤードは飛ぶという計算になるはずですが、なかなか計算通りになりません。こういった症状に陥っているゴルファーというのは多いみたいですね。

9番アイアンの飛距離を2倍するとドライバーの飛距離と言われていますが、その通りにならないこともあります。この辺りがゴルフというスポーツの難しいところでもあり、面白みのあるところだと思います。

9番アイアンで120ヤード飛ぶならば、ドライバーは240ヤードは飛ぶはず・・・ドライバー200ヤードから210ヤード前後くらいというのが現実かもしれません。となると、実は9番アイアンで110ヤードくらしか飛んでいないのでは?

アイアンは飛ぶけど、ドライバーは飛ばない・・・ドライバーが振れていないか、アイアンと同じ打ち方が出来ていないから、ドライバーだけ飛ばないという見方が出来ますね。アイアンというクラブはドライバーよりも短いです。そして、ある程度の重さもありますから、力強く振りやすいということもあります。

9番アイアンで110ヤード
ドライバーで220ヤード

9番アイアンで120ヤード
ドライバーで240ヤード

9番アイアンで120ヤード
ドライバーで210ヤード

つまり、アイアンは飛ぶけど、ドライバーは飛ばないという感じになるのかもしれません。アイアンの方が短くて、振りやすくて、力強いショットになっているだけなのかもしれません。となると、アイアンとドライバーでは異なったスイングをしているから、どちらかが飛んで、どちらかが飛ばないということになっているのかもしれません。

または、9番アイアンの飛距離というのは、キャリーで100ヤードくらいでランが5ヤードあって、合計105ヤード・・・だから110ヤードくらい飛んでいると思い込んでいるだけなのかもしれませんね。

人それぞれ、色々な結果になるとは思うのですが、そもそも飛距離合戦をしているわけではありません。自分の本当の飛距離と各番手の飛距離バランスが把握できていれば良いのだろうと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
結局はショートゲームが重要 自信のあるクラブだけでラウンドをしたのですが、あまり大きな変化はありませんでした。自信のあるクラブだけでラウンドをしてみて、いつもと変わらないということは、飛距離は関係ないということに行き着きました。遠くに飛ばせることは...
目土してコースに助けてもらう 私のホームコースでは、最近は目土を積極的にしましょうという雰囲気が漂っています。ホームコースの大先輩が目土をやり始めましたので、他のメンバーさんも目土を積極的にしようという風潮が流れています。とても良いことだと思います。...
照顧脚下のゴルフ 照顧脚下(しょうこきゃっか)とは、足元を見て自身反省をする という意味があります。 照顧は、照らして顧みる。 脚下は、足元という意味があります。 玄関先に照顧脚下とか、看脚下というのが書かれていることを見た...
春ですね。そろそろゴルフ本格始動?... 暖かくなってきましたね。そろそろ本格的にゴルフ始動という感じでしょうか。といっても、本当にゴルフが好きな人は冬でも降雪があってもゴルフに行っているかと思いますが。今年こそはハンディキャップを縮めるぞとか、もっと良いスコア...
パターはスイングの原点 【 パターだってキャリーする 】... パターは転がすだけなのですが、スイングに関する様々なヒントが詰まっているようです。そして、パターこそがスコアをつくるためのクラブとも言えます。カップは直径4.25インチ。108ミリメートルです。つまり約10センチのカップ...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ