CONTENTS MENU
 

アイアンのヘッドスピードを知ると見えてくるもの

ヘッドスピード、飛距離というのは概ねドライバーを想定して考える事が多いです。それは、ドライバーというクラブがゴルフクラブの中で最も飛ぶクラブだからでしょうね。

スポンサーリンク
 

では、アイアンのヘッドスピードを考えたことはあるのか・・・といいますと、私はあまり考えたことがありませんでした。というよりも、正直なところあまり気にしていませんでした。アイアンのヘッドスピードを知ることで、自分の特徴というものが見えてきます。

7番アイアンのヘッドスピードを知る方法

ドライバーでのヘッドスピードが42m/sだった場合を考えます。まずは、ドライバーと7番アイアンの長さを調べます。シャフトの長さ1インチ変わると、ヘッドスピードが1m/s変わると言われていますからクラブの長さから計算をすることができます。

仮に、ドライバーの長さが45インチ、
7番アイアンの長さが37インチとします。

45インチ - 37インチ = 8インチ
8インチ = 8m/s

ドライバーのヘッドスピードが42m/s - 8m/s = 34m/s
7番アイアンのヘッドスピード は 34m/sとなります。

※上述した計算は、あくまでも机上での計算であり、目安として考えてください。

7番アイアンの飛距離を知る方法

ドライバーの飛距離から9番アイアンの飛距離を計算して算出するという方法があります。

ドライバーの飛距離を調べます。仮に、ドライバーの飛距離を220ヤードとした場合。9番アイアンの飛距離の2倍がドライバーの飛距離になると言われています。

ドライバーの飛距離220ヤード ÷ 2 = 110ヤード
9番アイアンの飛距離は110ヤードとなります。

アイアンの番手毎の飛距離差が10ヤードということであれば、9番アイアンと7番アイアンは2番手違いますから、20ヤード差があるということになります。

9番アイアン110ヤード + 2番手差20ヤード = 130ヤード
7番アイアンの飛距離は130ヤードとなります。

※上述した計算は、あくまでも机上での計算であり、目安として考えてください。

スポンサーリンク
 

矛盾を見つけて自分の弱点を知る

9番アイアンの飛距離を2倍するとドライバーの飛距離と言われています。
9番アイアンの飛距離はどれくらいでしょうか?

実際のところゴルフ仲間に9番アイアンの飛距離を聞いたところ、120ヤード、130ヤードが多かったですね。なかには、100ヤードくらいしか飛ばないという人も居ました。ですが、ドライバーは飛ばすタイプのゴルファーではないのです。

9番アイアンで120ヤード飛ぶということは、7番アイアンで140ヤード程度は飛ぶということになります。9番アイアンで130ヤード飛ぶということは、7番アイアンで150ヤード飛ぶということになりますが・・・例えば、9番アイアンで120ヤード飛ぶのだけど、ドライバーは200ヤードくらいしか飛ばない・・・という様な場合もあるわけですから、矛盾に突き当たります。9番アイアンで120ヤード飛ぶならば、ドライバーであればキャリーで240ヤードは飛ぶという計算になるはずですが、なかなか計算通りになりません。こういった症状に陥っているゴルファーというのは多いみたいですね。

9番アイアンの飛距離を2倍するとドライバーの飛距離と言われていますが、その通りにならないこともあります。この辺りがゴルフというスポーツの難しいところでもあり、面白みのあるところだと思います。

9番アイアンで120ヤード飛ぶならば、ドライバーは240ヤードは飛ぶはず・・・ドライバー200ヤードから210ヤード前後くらいというのが現実かもしれません。となると、実は9番アイアンで110ヤードくらしか飛んでいないのでは?

アイアンは飛ぶけど、ドライバーは飛ばない・・・ドライバーが振れていないか、アイアンと同じ打ち方が出来ていないから、ドライバーだけ飛ばないという見方が出来ますね。アイアンというクラブはドライバーよりも短いです。そして、ある程度の重さもありますから、力強く振りやすいということもあります。

9番アイアンで110ヤード
ドライバーで220ヤード

9番アイアンで120ヤード
ドライバーで240ヤード

9番アイアンで120ヤード
ドライバーで210ヤード

つまり、アイアンは飛ぶけど、ドライバーは飛ばないという感じになるのかもしれません。アイアンの方が短くて、振りやすくて、力強いショットになっているだけなのかもしれません。となると、アイアンとドライバーでは異なったスイングをしているから、どちらかが飛んで、どちらかが飛ばないということになっているのかもしれません。

または、9番アイアンの飛距離というのは、キャリーで100ヤードくらいでランが5ヤードあって、合計105ヤード・・・だから110ヤードくらい飛んでいると思い込んでいるだけなのかもしれませんね。

人それぞれ、色々な結果になるとは思うのですが、そもそも飛距離合戦をしているわけではありません。自分の本当の飛距離と各番手の飛距離バランスが把握できていれば良いのだろうと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア