飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

歩くということを考えてみた|ゴルフのためのウォーキング

スポンサーリンク

以前にゴルフのために下半身を強くする 【 ゴルフ トレーニング 】という記事を書きました。もういちど、歩くということを考えてみました。

 

ウォーキング

いつ頃からでしょうか、歩くということ、ウォーキングをするということが一般的になってきたのは。昔はウォーキングをしていたり、ジョギングをする人は少なかったような気がします。でも、現代ではウォーキングする人やジョギング、ランニングをする人を多く見かけるようになりました。それだけ、健康志向になってきたというか、自分の健康を気遣う人が増えてきたのかもしれません。

様々な医学書やウォーキングの書籍を読めば読むほど歩くということは健康にも良いし、ゴルフというスポーツに向いている基礎的な運動ということが判ってきましたのでシェアします。

歩くということ

現代は自動車もあるし、自転車もあるし、電車、バスなどがあり歩くということが少なくなってきました。便利な移動手段が進化するほど歩くということが少なくなってきました。

二足歩行が出来る人間は歩くという動作をすることが基本であり、歩くことで心臓から遠い足先にまで血液を送り届けることが出来ます。そして、下半身には人間の身体全体の3分の2の筋肉が集まっています。下半身の筋肉を使えば、上半身から下半身に血液が送られます。

そして、下半身に送り込まれた血流は、また心臓へ戻ってきます。下半身が浮腫んでいるという人は、下半身の血流が悪いだけなのかもしれませんね。下半身の血流が悪いということは、老廃物が溜まってしまいますし、脳にも血流が行き難い状態となってしまいます。

血流が悪くなると脳にも影響を及ぼします。脳の働きを手伝っている神経や細胞は血流不足が天敵であり、再生する能力を持っていません。常に十分な血流を送り込んでおかなければいけません。故に歩くということは認知症の予防にもなると言われていますし、実際に知り合いのお医者さんのセミナーで聞いた話しです。

歩くことで血流がよくなる

 
二足歩行が出来る人間だからこそ、歩くということが当たり前で、歩くということが普通すぎてしまって、歩くということを軽視してしまっています。このまま人間が歩かなかったら退化していき、二足歩行から四足歩行になってしまうかもしれませんね。近未来は人間は全く新しい生物になっているかもしれませんね・・・こんなこと考えていると怖くなってきますね。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、江戸時代の庶民は1日万歩は歩いていた
1 2 3 4 5
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ