飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

短尺ドライバー | プロギア NEW egg 5500 ドライバー impact

プロギアの短尺ドライバー NEW egg 5500 ドライバー impactを打ちましたので、そのレビューを紹介します。
発売日は、2019年9月13日発売予定です。

 

プロギア NEW egg 5500 ドライバー impact

プロギアの短尺ドライバーです。シャフトのフレックスによって長さが異なりますが、一般的なドライバーよりは、確実に短くなっており、短いからこそ振りやすくて、ミートしやすいというのがメリットです。

プロギアというと、マイナーイメージがあったり、ちょっとシニアゴルファー向けなイメージを持っている人も少なくないかもしれません。だけど、プロギアは本当にゴルファーが求めているゴルフクラブを真剣に開発しているメーカーです。そのひとつが、今回紹介する短尺ドライバー、プロギア NEW egg 5500 ドライバー impactです。

ヘッドはシャロー形状で深重心で高弾道が打ちやすくなってます。少しフックフェースが入ってます。その他、見た目的には普通のドライバーヘッドです。

スポンサーリンク

今回、試打したのはロフト角11.5度、43.75インチのモデルです。実際に打ってみると、ボールスピードが速い感じではありませんが、最近ありがちの棒球で無表情に飛んでいきます。

まるで、3番ウッドのようなスペックとなってますが、優しく高弾道が打てますし、安心して振れるので、ティーショットでのミスを減らすことができるはずです。

つるや ワンサイダー NS-01 ドライバーというのがあります。2015年頃のドライバーなのですが、これが重心角33.5度でシャフトが短い設定となってます。今回のプロギアのドライバーと似てます。つるやのドライバーを彷彿させてくれます。

スポンサーリンク

デメリット

ただ、従来のドライバーよりもシャフトが短いということは、ヘッドスピードが少し遅くなるので、飛距離が落ちます。だけど、直進性は高くなるし、安定したティーショットが打てます。

若干のリスクはあるけど飛距離をとるか、飛距離を犠牲にして安定性を求めるのかというところでしょうね。

 

試打したスペック

  • ヘッド体積:460cc
  • 装着シャフト:impact専用カーボンシャフト
  • シャフトスペック:M35(R2)
  • ロフト角:11.5度
  • 長さ:43.75インチ

 

プロギア NEW egg 5500 ドライバー impact 試打動画

 

シャフトが短い 短尺ドライバー

最大の特徴となるのが、シャフトが短いという点です。シャフトフレックスによって、長さが変わってきます。シャフトが短くなって、打ちやすくはなりますが、バランスが軽くなりますので、レディース用ドライバーのようなバランスとなってしまいます。

フレックス M-43(S) M-40(SR) M-37(R) M-35(R2)
長さ 44.25 44.25 44.25 43.75
シャフト重さ 49 46 44 43
トルク 6.4 6.9 7.4 7.9
クラブ総重量 295 292 290 289
バランス D1 D1 D1 C8

 

重心角(重心アングル)が大きい

ボールの捕まりに大きな影響を与える、重心角(重心アングル)が37度となっており、最近の新しいドライバーの中でも重心角(重心アングル)が大きいドライバーに分類されます。つまり、ボールの捕まりが良くて、スライスを減らせるということです。

 

慣性モーメントが高い

重心深度が深くなっていることと、低重心になっており、慣性モーメントが高いヘッドとなっています。ヘッドを加速することができれば、自然とヘッドが真っ直ぐにインパクトしてくれますので、当たり負けすることがありません。だからといって、ヘッドが効いてる感じではありません。

 

プロギア NEW egg 5500 ドライバー impact が向いているゴルファー

向いてるゴルファーは、ドライバーが苦手な人、スライスが多い人に向いています。ドライバーのシャフトが長くて打ち難さを感じている人には、ピッタリなドライバーです。重心角(重心アングル)が大きく入ってるので、ボールの捕まりが良くなりますし、スライスを減らして飛ばすことができます。

 

プロギア NEW egg 5500 ドライバー impact 購入

impact専用カーボンシャフト装着モデル

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン