ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

MAVRIK(マーベリック)とエピックフラッシュの比較

キャロウェイ2020年モデル MAVRIK(マーベリック)と2019年モデル エピックフラッシュの比較です。

 

MAVRIK(マーベリック)とエピックフラッシュの比較

MAVRIK(マーベリック)とエピックフラッシュを比較してみました。ヘッドのビジュアル面的には大差ありません。カーボンが多く使用されて、軽量なヘッドとなってます。ヘッドが後ろに伸びたような異形なところもそっくりです。

スポンサーリンク

ソール形状が全く異なる

ソールの形状は全く異なります。MAVRIK(マーベリック)は、超低重心で空気抵抗を考慮したソールデザインとなっているので、従来のドライバーよりも丸みを帯びたソールとなってます。このソールの丸みにより、ヘッドを地面に置いたときには、ややフェースが開くような状態でヘッドが後方に倒れやすいです。

ヘッドが後方に倒れやすい

ヘッドが後方に倒れやすいのは、エピックフラッシュも同じです。なので、ヘッドローテーションがし難い、ボールの捕まりをやや抑えたヘッドであるということが伝わってきます。

MAVRIK(マーベリック)の標準装着シャフト

MAVRIK(マーベリック)ドライバーに装着される標準シャフト Diamana 50 for Callaway これが、とてもソフトスペック過ぎるので打ち難さを感じるかもしれません。トルクが6.0度もあるので、ヘッドが動きやすく、シャフト運動も大きくて、打点がズレやすくなる可能性があります。

 

バックスピン量が違う

実際に打ってみてもっとも大きな違いを感じたのはバックスピン量です。MAVRIK(マーベリック)の方が、バックスピン量が少ないです。バックスピン量だけではなく、スピン軸の傾き加減も減っており、スライスしやすい打ち方をしても、想像以上に曲がり難いという特性を持ってます。けっこう驚きです。

スポンサーリンク

MAVRIK(マーベリック)を試打した時期に、テーラーメイド SIM マックスも試打しましたが、こちらもスピン量が少なくて曲がり難かったです。

比較対象のエピックフラッシュの方は、MAVRIK(マーベリック)に比べるとスピン量が多いです。バックスピンもスピン軸の傾きも多いです。そして、かなりスライスすることが多いです。もう、本当に右に90度曲がるようなスライスを打つこともあります。

エピックフラッシュの場合、ペリメイターウェイティングシステムがあるので、重心位置を移動させてボールの捕まりを調整することができるのがメリットです。が、やっぱりMAVRIK(マーベリック)に比べて、スピン量は多かったです。

 

フェースの弾き感

フェースの弾きは、MAVRIK(マーベリック)の方が弾いてます。というよりも、販売前情報の打点がズレても飛ぶというキャッチの通り、打点がズレても強い反発で飛ばせるエリアが広がってるのを感じました。今まで以上にスイートエリアが広くなってるのを感じました。逆に言ってしまえば、スイートエリアがどこにあるのか判り難いです。

ひとつ言えるのは、ヘッドスピードが速ければ、速い方が反発力を活かせます。

 

MAVRIK(マーベリック)とエピックフラッシュ どっちが飛ぶか

MAVRIK(マーベリック)の方が飛ぶと感じました。反発力が高くて飛ぶというより、スピン量が減って、左右の曲りが減って、直進性が高くなったことが平均飛距離アップに貢献してると感じました。

 

MAVRIK(マーベリック)とエピックフラッシュ比較 まとめ

どちらも低重心で低スピンで反発性能が高いですが、MAVRIK(マーベリック)の方が、低スピンだけど高弾道が打ちやすくなってます。

MAVRIK(マーベリック) EPIC FLASH STAR
フラッシュフェース
空気抵抗を減らすサイクロン形状
超低重心
低スピン
フラッシュフェース
ペリメイターウェイティング
低重心
低スピン

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン