ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン
ゴルフテック | ゴルフトレーニング
Ameba公式トップブロガーやってます!
CONTENTS MENU
 

コックとヒンジの違いとバウドリスト

 

コックとヒンジの違いとバウドリスト

ゴルフスイングでの手首の使い方はコックが当たり前であると考えてましたが、最近ではヒンジが主流となりつつあります。
さて、コックとヒンジの違いは何か?この辺りを書いていきますので参考にしてください。
また、ヒンジのお話をすることでバウドリストのことも話す必要があるので併せて書きます。

 

ゴルフスイングのコックとヒンジの違い

ゴルフスイングでいうところのコック(Coking of Wrists)とは、手首の縦の動きとなります。
ヒンジ(Hinge)は、手首を甲側に曲げる背屈の動きとなります。

ゴルフスイングのコックとヒンジの違い

  • コックは手首を縦に動かす
  • ヒンジは手首を横に動かす

 

ヒンジの有用性

コックとヒンジ どちらがゴルフスイングに必要かと言いますと、どちらも必要となります。

ただし、重要なのはヒンジとなります。
そして動きが大きいのは、ヒンジとなりますので、ゴルフボールを叩いて飛ばすには、ヒンジの動作が必要です。

ゴルフクラブが進化して低スピンなボールが打ちやすくなった現代では、ボールに対して上から打つよりは、横から打つ、払い打ちのような緩やかな入射角が良いとされており、コック(手首の縦の動き)よりもヒンジ(手首を甲側に曲げる背屈の動き)が推奨されてます。

シャローとヒンジ

緩やかな入射角で打つことをシャローイング(シャロースイング)と呼ばれており、そこにはヒンジ(手首を甲側に曲げる背屈の動き)が必要となります。シャローで打つことと、ヒンジ(手首を甲側に曲げる背屈の動き)はセットになると考えた方が良いです。

せっかくシャローで打とうとしてるのに、シャローとは逆の動きとなるコック(手首の縦の動き)を入れる必要はありません。

 

ヒンジ(手首を甲側に曲げる背屈の動き)の使い方

ヒンジ(手首を甲側に曲げる背屈の動き)の使い方としては、トップスイングでは右手首が甲側に曲がる点です。右手首が甲側に曲げることで、出前持ちの状態を作ることができます。

スポンサーリンク

そこからバンプさせつつ左脚の踏み込み(左の壁を作る)によって股関節を回旋させていくと、上半身が回転しながら腕・ゴルフクラブが下りてきて、右腕を自分の右脚の前くらいで伸ばすイメージを持つと、クラブヘッドに慣性が働いて加速してくれます。このときに、甲側に曲げた右手首を伸ばし(掌側に曲げ戻す・リリース)、右掌でボールを押し込むようなイメージを持つと強くゴルフボールを打つことができます。一般的に叩くという動作になります。

ゴルフボールをビンタ(平手打ち)して飛ばすという感覚になります。

細いゴルフクラブのシャフトを持っているので、平手打ちのイメージを持ち難いかもしれません。どちらかというと釣り竿のように縦に振るというイメージが強くなります。実際のゴルフスイングで求められるのは、右手首が甲側に曲げたのを伸ばす(掌側に勢いよく曲げ戻す)という動作となります。

右手首が甲側に曲げたのを掌側に勢いよく曲げ戻す動作をリリースと言います。
これは、コックというよりは、ヒンジはスナップという言葉の方が理解しやすいです。

アプローチでも有効

ヒンジ(手首の背屈・掌屈)は、ウェッジでのアプローチにも有効的です。ボールの手前からヘッドを落とすイメージを持って、身体を回転していくことでハンドレイトでフリップっぽくヘッドを送り込んでソールを滑らせて打つことができます。この場合、イメージよりもボールが飛んでしまうことがあるので注意が必要ですが、ヒンジ(手首の背屈・掌屈)の動きを養うことができます。

 

ダウンスイングでタメる

スイングでタメがある、タメることが必要と言われてますが、プロゴルファーの連続写真などを見ると、縦に曲げた手首を保ち続けるという風に見えてしまいます。実際は、右手首を甲側に曲げた ヒンジを保つことを意味します。昔はタメることもコック(手首の縦の動き)を意味してましたが、最近ではヒンジ(手首の横の動き)を意味してます。

 

シャローイング(シャロースイング)とバウドリスト

最近、見かけるようになったのがバウドリストです。

スポンサーリンク

ダスティンジョンソン、コリン・モリカワのスイングで見られる形なのですが、右手首を甲側に曲げる(背屈)ことに併せて、左手首を掌側に曲げる(掌屈)トップです。バウドリストするには、右手首を甲側に曲げる(背屈)が必要となり、ヒンジが必須となります。むしろ手首の縦の動きであるコックは、あまり意識しない方が良いです。

左手首を掌屈(掌側に曲げる)するとシャットフェースとなり、閉じた状態となります。シャローで打とうとするとフェース面が開きやすくなりますので、バウドリストしてシャットフェースにするという意味もあります。

バウドリストの有用性

もうひとつ、バウドリストの有用性としては、これがメインとなるかと思いますが、バウドリストすることでトップスイングの時点でインパクトの形を作ってるということです。バウドリストすることで、ハンドファーストな状態をはじめから作っておいて、インパクトさせますので、フェース面がスクエアに戻った状態のハンドファーストになり、しっかりとボールを捕まえることができるスイングとなります。

これが最大のメリットであると言えます。

従来であれば、ハンドファーストで打とうとすると手元よりもクラブヘッドが遅れてくるので、フェースが開きやすいのですが、バウドリストを取り入れることで、フェース面をスクエアに戻してコンタクトすることができます。

スイングスピードが速くて、大きなヘッドのドライバーのフェース面をコントロールするのは難しいので、トップを作った時点でハンドファーストの形を作り、既にインパクトに備えているということです。

 

ヒンジとバウドリスト

シャローイング(シャロースイング)を試してるけど、なかなか思い通りに打てない場合は、手首の動きの意識改革して、右手首を甲側に曲げる(背屈)+左手首を掌側に曲げる(掌屈)というトップを作ってみると良いかと思います。

一度に全てを試すことは難しいので、まずは「右手首を甲側に曲げる(背屈)」だけでも取り入れて、トップのときに「出前持ち」になるようにして打ってみると、今まで以上にクラブヘッドが加速して強く打てるようになります。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン
止まるアイアン | 止まるウェッジ
ゴルフトレーニング
ゴルフは哲学だと捉えて、様々な考え方、理論を学びながらゴルフ上達を目指しています。サラリーマンゴルファーだからこそゴルフに費やす時間に限りはありますが、日々努力をしています。サラリーマンゴルファーの世迷言ブログです。読むゴルフを目指してブログを書いています。