飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ?

 

飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ?

飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。

ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかはチャンスが来るかもしれない、グリーンまでの距離が縮まれば何とかなる、という考えがあるのだろうと思います。

積極的に飛ばすことを重要視

飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ・・・というよりも飛距離をかせいでおくというのは昔からそういった考えはありました。ですが、最近は飛距離を出す、飛ばしておくということが、昔よりも顕著になってきたし、以前よりも積極的に飛ばすことを重要視しているように感じるから、今の時代は飛距離でスコアを作ると感じたのかもしれません。

少し前までは、3番ウッド(スプーン)で300ヤードを飛ばすというキャッチがインパクトを与えてくれました。ティーショット用の3番ウッド(スプーン)はドライビングスプーンとか呼ばれ、ヘッド体積も従来の3番ウッド(スプーン)よりも大き目の設計になっているタイプもあります。そしてドライバーは低スピン化が進み、ロフトの数字も大きくなってきました。スピン量が少なくなったの曲がり幅も小さくなり、左右へボールがばらけることの不安も解消されつつあります。

スポンサーリンク

300ヤード以上も飛ばすことが驚きだった時代は過去

ドライバーで300ヤード以上も飛ばすことが驚きだった時代を終えて、今では300ヤード以上飛ぶということが当たり前の時代となりつつあります。海外のツアーをテレビで観戦をしていると、解説の人が 今のは飛びましたね! 右側のバンカーを越えてきているので、320ヤードは飛んでいるでしょう! というような解説をしているのを見聞きしたりもします。

飛べば320ヤード、330ヤードという飛距離を出すことができる時代。飛ばなくても300ヤードという飛距離を出せるような時代となりました。飛ぶだけではなく、スピン量を減らす仕組みのドライバーとなっているので、左右への曲がりも少ないので、飛ばしてもフェウェイキープ率が良くなっているようにも感じます。

以前は300ヤード以上飛ばせばフェアウェイキープは難しい・・・そんなイメージがありましたが、今はそうでも無いように感じます。300ヤード以上飛ばしてもフェアウェイをキープする確率が高くなってきています。

14回 ドライバーで300ヤード以上飛ばしてフェアウェイキープ率が 4回だったのが、今では14回 ドライバーで300ヤード以上飛ばしてフェアウェイキープ率が10回になってきているとか、そういったレベルの話なのですが、飛ばす選手にとっては安心して飛ばすことができるはずです。

飛ばせるのは、やっぱりゴルフクラブの進化があるから

飛ばせるのは、やはりクラブの進化だろうと思います。プロゴルファーのドライビングパフォーマンスは、飛躍的に向上してます。そして、私たちアマチュアゴルファーは、当たり損ないのショットでも、そこそこ飛ばせるような時代となりました。これは、ゴルフクラブの進化があったからです。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン