飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

チャーシューメン の ゴルフスイングリズム

更新:

チャーシューメンと発声して、ゴルフスイングのリズムを取ると、急がず、遅れず、タイミングよく打つことができることを紹介します。

 

チャーシューメン の ゴルフスイングリズム

チャーシューメンって美味しいですよね? 炭水化物は天敵ですが、ラーメンは大好きです。ラーメン の チャーシューメンではなくて、ゴルフのチャーシューメンです。打ち急ぎを防ぐために、ゆっくりとしたリズムでスイングをするとか、ダウンスイングはゆっくりでと言われたりするのですが、自分ではゆっくりとしたスイングをしているつもりなのですが、どうも早くなってしまうので。

打ち急ぎを予防するために、出てきた言葉がチャーシューメンで

あした天気になあれという漫画がヒント

あした天気になあれ という ちばてつやさん原作のゴルフ漫画があるのですが、その漫画の主人公がゴルフ練習をするときの、スイングリズムを チャーシューメン という言葉に置き換えて、ゴルフスイングのリズムを表現しています。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

その、チャーシューメンのリズムに関してレッスンの先生と色々と激論をしてきましたので、シェアします。チャーシューメンのリズムに関しては人それぞれの考え方などがあるかと思います。ここで説明をするチャーシューメンも考え方のひとつですので、あしからず。これが絶対に正しいというわけではありません。

チャーシューメン の リズム

わたしは、チャーシューメン の リズムは、チャー・シュー・メン で良いと考えていました。つまり、チャー・シュー・メンというテンポが3つ、3拍というイメージです。チャー、シューでテイクバック、バックスイングをして、メンでクラブを振って、インパクトを迎えるという考え方です。考え方というか、そういったリズムだろうと考えていました。

4つの動作に分けて考える

ですが、このリズムを4つの動作に分けて考えることができます。

チャー・シュー・メン と 3つに分けるのではなくて、4つにする・・・4拍であるとのことです。チャー・シュー・メンではなくて、チャー・シュー・メ・ン という4つに分けて4拍にすると良いとのことです。どうやら、昔のゴルフスイングのリズムと現代のゴルフスイングのリズムには誤差があるというか、スイング理論が変化してきているようです。

(1) チャーで右足を踏む。体重を乗せる
(2) シューで捻転を始める
(3) メで左足を踏む。負荷を掛ける
(4) ーン で 捻れ戻しを行う
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

ジム・マクリーンの2軸スイングに近い

チャーシューメンのリズムでゴルフスイングをすると、この動作は体重移動をして、右側の股関節にのり、左脚を踏み込むのをキッカケにして左側に体重移動をしながら、ダウンスイングを開始し、フォロースルーまで振りぬくというイメージです。これは、ジム・マクリーンの2軸スイングに近いです。ジム・マクリーンのスイング理論も読んでみてください。

たかが、漫画のなかで登場するゴルフのリズム チャーシューメン なのですが、ゴルフのリズムを言葉にして理解をすることは大切ですからね。くだらないことかもしれませんが、けっこう真剣にお話をしてきました。

この、チャーシューメンというリズムと実際のゴルフスイングの動作、メカニズムを照らしあわしてみると、ゴルフスイングではどのような動作が必要なのかも明確になってきます。

チャーシューメンのリズムを理解して、打ち急ぎを防ぐことができるかもしれませんね。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン