CONTENTS MENU
 

鉛を張ってチューニング カウンターバランス

自分のスイングがおかしいのだろうと思うのですが、ドライバーがうまく振れなくなってきました。振ろうと思うほどにおかしくなります。飛ばそうと思うほどにおかしなスイングとなります。

スポンサーリンク
 
スイングがおかしくなってきた時に試すことは、ドライバーの手元側に鉛を張るという方法です。グリップとシャフトの境目あたりに鉛を張ってあげることで、クラブ重量が重くなります。昔からある方法で、カウンターバランスですね。

手元側に鉛を張る

私は、2.1グラムの鉛を2枚張りましたので、合計4.2グラム増量です。たったの4.2グラムですが、けっこう重くなっています。45インチのドライバーで、1グラムで約0.6ポイントのバランスが変わるとのことです。ただ、手元側に鉛を張った場合は、バランスは大きく変わることはありません。クラブ総重量が重くなるだけです。

 

 
クラブ重量が重くなると、手で持ち上げて打つことが難しくなりますので、手の動きを抑えることができます。また、手元側に鉛を張ることで、手元が浮き上がるのを防ぐ事ができます。クラブ重量が重くなるので、速く振ることができなくなります。というよりも、速く振ろうとしていることがナンセンだったのかもしれません。

速く振る、飛ばそうという気持ちが、手を先行させてしまって、おかしなスイングになってしまったようです。

手元側に鉛を張ってからは、クラブの重さで自然とスイング軌道がつくられるように感じます。

重いドライバーは振り抜けない感じがしますが、これが なかなか調子が良いです。重いドライバーを持ち上げるために、しっかりと身体を使いますし、ダウンスイングでは足を使わなければ、重いドライバーを振り回せません。そして、ドライバーが重いので、トップでは自然とコックが作られます。コックが作られるというか、深いトップになるという感じでしょうか。

今までは手打ちなスイングになっていたことが露呈となりました。

ドライバーの手元側に鉛を張って気付いたこと

  • クラブが重いので、足、身体を使う
  • トップが深くなる
  • コックが入る
  • 手元が常が浮かない

手元が浮かないというのが、最も効果絶大のように感じます。手元が身体の近くに置かれている状態ですので、強いインパクトを迎えることができますし、捻転のエネルギーを効率よくボールに伝えられているように感じます。

鉛を2枚、合計4.2グラムを張っただけなのですが、けっこう疲れます。何度もフルスイングをしていると足腰への負担が大きいです。

石川遼選手がドライバーに悩んでいるときに、90グラム台のシャフトを使っていたという記事を読みましたが、大きく間違った方法ではないのだろうと感じました。重い方が身体を使ってスイングをすることができます。さすがに、90グラム台のシャフトは使いきれませんが、石川遼選手が腰痛になった原因は重いシャフトと言われていますが、その意味もよく判ってきました。

ひとまずは、カウンターバランスで練習をしてみようと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア