CONTENTS MENU
 

飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ?

飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。

ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかはチャンスが来るかもしれない、グリーンまでの距離が縮まれば何とかなる、という考えがあるのだろうと思います。

スポンサーリンク
 

 

飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ・・・というよりも飛距離をかせいでおくというのは昔からそういった考えはありました。ですが、最近は飛距離を出す、飛ばしておくということが、昔よりも顕著になってきたし、以前よりも積極的に飛ばすことを重要視しているように感じるから、今の時代は飛距離でスコアを作ると感じたのかもしれません。

少し前までは、3番ウッド(スプーン)で300ヤードを飛ばすというキャッチがインパクトを与えてくれました。ティーショット用の3番ウッド(スプーン)はドライビングスプーンとか呼ばれ、ヘッド体積も従来の3番ウッド(スプーン)よりも大き目の設計になっているタイプもあります。そしてドライバーは低スピン化が進み、ロフトの数字も大きくなってきました。スピン量が少なくなったの曲がり幅も小さくなり、左右へボールがばらけることの不安も解消されつつあります。

ドライバーで300ヤード以上も飛ばすことが驚きだった時代を終えて、今では300ヤード以上飛ぶということが当たり前の時代となりつつあります。海外のツアーをテレビで観戦をしていると、解説の人が 今のは飛びましたね! 右側のバンカーを越えてきているので、320ヤードは飛んでいるでしょう! というような解説をしているのを見聞きしたりもします。

飛べば320ヤード、330ヤードという飛距離を出すことができる時代。飛ばなくても300ヤードという飛距離を出せるような時代となりました。飛ぶだけではなく、スピン量を減らす仕組みのドライバーとなっているので、左右への曲がりも少ないので、飛ばしてもフェウェイキープ率が良くなっているようにも感じます。

以前は300ヤード以上飛ばせばフェアウェイキープは難しい・・・そんなイメージがありましたが、今はそうでも無いように感じます。300ヤード以上飛ばしてもフェアウェイをキープする確率が高くなってきています。

14回 ドライバーで300ヤード以上飛ばしてフェアウェイキープ率が 4回だったのが、今では14回 ドライバーで300ヤード以上飛ばしてフェアウェイキープ率が10回になってきているとか、そういったレベルの話なのですが、飛ばす選手にとっては安心して飛ばすことができるはずです。

飛ばせるのは、やはりクラブの進化だろうと思います。

テーラーメイド所属のジェイソン・デイ は既に テーラーメイドの新しいドライバー M1ドライバーを使って330ヤード越えのティーショットを披露していたりもします。飛ばし屋といえば、ダスティン・ジョンソン、バッバ・ワトソンというイメージがありましたが、誰もが飛ばすことができるようになってきたのかもしれないですね。

PGATOUR の STATS を見たりなんかしていると、ドライバーで280~290ヤード飛ばしてフェアウェイキープ率が高くてもパーオン率が低い選手も居ます。逆にドライバーで320ヤード以上飛ばしてフェアウェイキープ率は悪いけど、パーオン率が高いという選手も居ます。その違いは明らかにティーショットの飛距離でしょうね。フェアウェイだろうが、ラフだろうが、出来る限りグリーンにボールを近づけて、セカンドショットでグリーンが狙えるのであれば、とにかく飛ばしておこうという考えでしょうね。飛距離が出れば、セカンドショットで持つクラブの番手の数字が大きくなります。8番、9番、ときにはウェッジでということあります。

クラブが進化しているからなのか、飛距離を武器にマネジメントが出来る時代になってきたのかなと思いますし、飛距離でスコアメイクをするというのが顕著に表れてきている様に感じます。

近未来は、ドライバーショットをした後にボールへのスピン量、回転が補正されるような仕組みが搭載されて、どんな打ち方をしても絶対に真っ直ぐ飛ぶというクラブが開発されるかもしれないですね。そんなことは無理かもしれないけど。もし、曲がらないドライバーが作られたとしたら・・・逆に退屈かもしれないですね。

来年2016年は360ヤード以上飛ばすことも夢じゃないかも?

300ヤード以上飛ばすことが当たり前のゴルフ。その飛距離を私達、アマチュアゴルファーにも少し分けて貰えると良いな。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
頑張る日本国内の男子アラフォーゴルファー 日本国内の男子ツアーを見ていると頑張るアラフォーゴルファーが多いなと感じます。別に40歳に差し掛かったプロゴルファーが居ても良いと思いますし、それがダメとかではありません。ただ、プロゴルファーの高齢化が進んでいるように感じてしまいます。 40歳に差し掛かって高齢化なんて大変失礼な言い方かもし...
SNS シェア