右手の位置と右肩の開きの関係 【 スライスを減らせるかも 】

中部銀次郎さんの書籍 「 わかったと思うな 」 を読んでいて気付いたことがあります。それは右手の位置と右肩の開き具合の関係というのものです。何事も検証、確認が肝心という項に書かれている内容です。

スポンサーリンク
 

中部銀次郎さんは書籍の中でラウンドしていて、だんだん疲れてくるとたいていの人は体が開いてくるようになる。つまり、右肩が前に出てくる。自然にそうなってくる。右肩が前に出るというのは肩が開いているということになりますから、この時点でスライスボールが連発しそうな雰囲気が漂ってきます。

そして、右肩が前に出てくる理由は・・・右肩を前に出した方が構えやすいから・・・と書かれています。なるほど!と思いました。何度も読んでいる書籍なのに今更か・・・みたいな感じなのですが。

アドレスをするときは・・・クラブを持って構えた時のグリップを確認すると、左手の下(左手の先)に右手がくる。すると自然と右手が前に出てくる。それは右肩が前に出てくるということを意味する。ドライバーの場合はボールの位置が左側に置かれていることが多い。そのままクラブフェースをボールに合わせようとするとそこでまた右肩が前に出る。 つまり、右肩が前に出る要素が2つあるということになりますね。

左手よりも右手の方が先の方にある(遠い位置にある) 肩を出したほうが構えやすい

構えて右肩が前に出て、インパクトで右肩がさらに前に出る・・・明らかにスライスボールを打つことになる。アドレスをスクエアにしていても、飛球線に対して適切なアドレスをしていても右肩が出れば、身体が開いてしまいますのでスライスが発生します。右肩が出る という言葉を使っていますが、右肩が突っ込む、右肩がかぶる、右肩が開く というような言葉で表現をすることもあります。

ゴルフというスポーツはボールが地面に置かれており、人間の姿勢としては上から下を見るような格好になります。下を向くわけですから自然と肩が落ちる、ということも考えられます。右腕を伸ばそうと思えば、右肩が前に出るのは人間であれば自然な動作です。アドレスの事は色々と考えていましたが右肩の開き具合は今までにあまり追求してこなかったので、私にとっては盲点でしたね。新たな気付きが得られました。

アドレスはスクエアにしたのに、スライスが出てしまう・・・どうしてだろう? そこで悩み始めてしまい、ドライバーというゴルフクラブの所為にしたり、迷走してしまうことがあります。

アドレス、そして右肩の開き具合をチェックしてみると、スライスの原因を見つけるヒントになるかもしれませんね。

中部銀次郎さんは何事も検証、確認が肝心と書籍に書いていますから、スライスが出た場合にはアドレスをチェックして、それでもスライス出るのであればグリップ、右肩が出ていないかなどのチェック項目を自分の中に作っていたのだろうと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
バックスイングはゆっくりと しっかりと捻転... ゴルフレッスンの先生にスイングを診てもらって新しいアドバイスを頂戴しました。 バックスイングをゆっくりにすると良いとのこと。もともと、私のバックスイングが少し速かったようなので、今よりもゆっくりにすると、ダウンスイ...
自分のゴルフを客観的に見る 中部銀次郎さんは若かりし頃にはビリヤードに凝っていた時期があったようです。書籍にもそのような事が書かれています。書籍の中ではビリヤードという言葉ではなく、玉突き という言葉が使われていました。 玉突きをすること...
ボギー狙い の ボギーオンは意外にも難しい... ボギー狙いで、ボギーペースのゴルフが出来れば・・・PAR72+18=90 となります。1つでもPARが獲れれば89というスコアになります。机上の計算では、そのようになります。机上の計算では簡単なんですよね。 PAR...
中部銀次郎さんの書籍 中部銀次郎 わかったと思うな ラストメッセージ ゴルフのことで迷ったり、悩んだり、次はどのようなトレーニングをすれば良いのか判らなくなったときには、中部銀次郎さんの書籍を読むようにしています。 読むという...
ハンディ次第ではティーショットにドライバーは要らない... 中部銀次郎さんの悠々として急げという書籍があります。 裏表紙を開くと強烈な文節が記載されています。 ハンディ次第ではティーショットにドライバーは要らない 3番ウッド、4番ウッドで十分。 それでハンディ通り...
スポンサーリンク