ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
PUMA(プーマ)2020年新作
CONTENTS MENU
 

アイアンのカーボンシャフト、スチールシャフト どちらが良い?

アイアンのカーボンシャフト、スチールシャフト どちらが良いのか悩んだりしてませんか?実際にカーボンシャフトかスチールシャフト、どちらが良いのか悩んで、打ち比べましたので、その感想を書きますので、参考にしてください。

 

ベースとしたアイアン

ブリヂストン TOUR B 202CBP アイアンをベースにしました。
そこそこ飛ばせるし、適度のスピンを発生させてボールを止めることができるからです。

 

試打したシャフト

ブリヂストン TOUR B 202CBP アイアン をベースに3種類のシャフトを試してみました。昔、若い時はスチールシャフトのアイアンを我武者羅に振ってた時期がありました。だんだんパワーが落ちてきたので、カーボンシャフトにしたのですが、イマイチ思い通りに振れなくてストレスを感じてました。

スポンサーリンク

MCI B65(S) カーボンシャフト

カーボンシャフトなので軽いし、トルクが大きくて撓りが大きいです。ヘッドスピードが遅いゴルファーというよりは、非力なゴルファーに向いてます。どちらかというと、パワーのある女性ゴルファーでも十分に扱えます。シャフトの撓りを活かして、高弾道が打てます。

打ち込むというよりは、フェアウェイウッドのように払い打ちのイメージの方がナイスショットしやすいです。

打ち込もうとするとシャフトが撓ってしまって、シャフトが負けてしまいますので、色々なエラーにつながってしまいます。ですから、払い打ちの方が良いです。

向いてるゴルファー

シャフトが軽いので速く振ることができますし、飛距離アップを目指せます。
スチールシャフトでは重くて飛ばせないというゴルファーに向いてます。

注意点

シャフトが撓り過ぎてしまうので、トゥダウン現象が起きやすいです。また、シャフトが撓り過ぎてしまって、チーピン連発してしまうこともあります。ある程度のパワーもあるゴルファーは、スチールシャフトの方を使う方が賢明です。

また、シャフトが軽いので、ヘッドが効き過ぎてしまって(スイングウェイトが重くなる)打ち難さを感じることもあります。

MCI B65(S) カーボンシャフト スペック

フレックス シャフト重さ トルク 調子
S 61 13.0 中調子

 

NS.PRO ZELOS 8(S) スチールシャフト

前で紹介したカーボンシャフトとスチールシャフトの中間的な存在の重さとなるシャフトです。こちらのシャフトは、ブリヂストン TOUR B 202CBP アイアンには、標準装着ではなくて、カスタム(特注)となります。一応、軽量スチールに分類されるシャフトです。

向いてるゴルファー

スチールシャフトを初めて使うゴルファーに向いてます。重すぎず、軽すぎない、バランスの良いシャフトです。想像以上に速く振ることができるので、スチールシャフトでも撓ってるのが判るほどです。

注意点

スチールといえでも、軽いシャフトに分類されますので、どうしても腕力だけに頼ってしまいがちで、手打ちになりやすいです。

NS.PRO ZELOS 8(S) スチールシャフト スペック

フレックス シャフト重さ トルク 調子
S 87.5 2.2 先調子

 

NS.PRO 950GH neo(S) スチールシャフト

アイアンのスチールシャフトといても、950GHというくらいスタンダードになりつつあります。クセが無いので、とても扱いやすいシャフトです。こちらのシャフトは、ブリヂストン TOUR B 202CBP アイアンには、標準装着ではなくて、カスタム(特注)となります。

スポンサーリンク

向いてるゴルファー

シャフトのトルクが少ないので、撓りも少なくなり、弾道のバラ付きが抑えられます。ある程度のパワーのあるゴルファーの場合、しっかりと右手を使ってボールを叩ける(打ち込める)ように打てます。

スチールシャフトが重いからといって、ヘッドスピードが遅くなるとは言い切れません。クラブの重さを活かして、スイング軌道が安定して、重くて、強いボールが打てるようになります。打ち出されるボールも重さがあり、風に負けない強いボールになります。

注意点

パワーが無いゴルファー、打ち方が完成してないゴルファーの場合、ボールが上がり難かったり、飛距離が落ちてしまうことがあります。

NS.PRO 950GH neo(S) スチールシャフト スペック

フレックス シャフト重さ トルク 調子
S 98 1.7 中調子

 

カーボンシャフト、スチールシャフト どちらが良いか(結論)

自分では、カーボンシャフトの方が向いてると思っていたのですが、スチールシャフトが合っているようです。NS.PRO 950GH neo でも、軽量スチールと言われてます。このまま上達していけば、もう少し重いスチールシャフトが扱えるようになるだろうと思います。

右腕を使いやすい

スチールシャフトの方が右腕を使いやすいです。腕の力だけで打つのはエラーがでやすくなりますが、ヘッドを加速させるには右腕の力を必要とします。スチールシャフトの方が、トルクが少なく、重いので、シャフトが負けずに走ってくれます。

重いクラブの方が全身を使う

軽いクラブよりも重いクラブの方が全身の力を使おうとします。軽ければ腕力だけで簡単に持ち上げてしまいます。重いクラブは腕力だけではなく、背筋、肩の力、脚力を使って持ち上げて振ろうとします。結果的に、クラブを加速させやすくなりますし、スイングが安定してきます。

ヘッドスピードが遅いから、パワーが無いからといって安易にカーボンシャフトのアイアンを使うよりは、上達を見越してスチールシャフトのアイアンを使うのもアリです。

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン