飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ドライバーの苦手意識を克服する

 

 

自信喪失が原因

ドライバーの苦手意識というのは、技術的な問題ではなく、メンタル的な問題です。ラウンド中に悩み過ぎると、負のスパイラルに飲み込まれてしまって、ドライバーが大暴れしてしまうこともあります。

ドライバーで、スライスしてOBをしてしまってスコアを大きく崩してしまうと、そのミスショットが脳裏に焼き付いてしまって、苦手意識となってしまうことがあります。

苦手意識というのは、ドライバーだけに限ららず、他のクラブ、他のショットにも通じる面があるのですが、これは技術的な問題ではありません。メンタル的な問題です。自信を喪失してしまっている状態です。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない

練習場では、ナイスショットが打てていて、芯で打てて、確実に240ヤードくらいは飛んでいるだろうというドライバーショットを連発できていても、ゴルフ場では全く打てないというのは、自信喪失しているからです。それが、苦手意識によって、打てなくなっているという状態です。

 

 

苦手意識を克服する

練習場で、徹底的にボールを打って、自信を取り戻すしかありません。

練習場で、ドライバーをハーフスイングで打ってみたり、おもいっきりフルスイングをしてみたり、手打ちで打ってみたりして、色々な打ち方をして、大きなミスに至らない打ち方を自分なりに見つけることが大切です。闇雲に打つのではありません。自信が無くても、緊張していて、身体がスムーズに動かすことができなくても、フェアウェイキープができるような打ち方を見つけることが大切です。

技術向上のためではなく、自信回復の練習をする

苦手意識が芽生えてしまった場合、ゴルフ練習場では技術向上の練習をするという考えではなく、自信回復の練習をするということを考えましょう。多少、ショットが左右に散らばっていても、これくらいの曲り幅なら、ゴルフ場ではOBにならないだろうと、実際のゴルフ場でティーショットをしていることを想定してボールを打つ練習をすると良いです。飛ばなくても良いです。飛ばせなくても良いです。曲がっても良いです。自信回復を目的とした練習をすることが大切です。

深く考えないこと

また、ミスショットするかもしれない、またOBするかもしれないと考えれば考えるほどに、身体はスムーズに動かなくなります。練習場で打っている通り、何も考えずに、普通に、いつも通りにスイングをすることを心掛けると良いです。

 

 

ミスショットするときは、焦っていることが多くないか?

ゴルフ場でOBしたり、アイアンショットでダフったりしているときっていうのは、焦っていることが多くありませんか?または、飛ばしたいという気持ちが強くて、ゴルフクラブを速く振ろうとしていませんか?気持ちが焦ると、急いで打ってしまいます。打ち急ぎってやつです。これは、悪い結果しか出ない打ち方です。心を落ち着かせて、ゆっくり振ることが大切です。ゆっくり振るといっても、スローモーションで打つのではなくて、いつも通りのゴルフスイングをして、ゴルフクラブなりのスイングスピードで、打つという意味です。必要以上に速く振ろうとする動作は必要ないということです。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

何があっても焦るな

ミスショットすると、気持ちがあせります。一瞬、顔が火照ってくるという人もいますし、動悸が激しくなるという人も居ます。焦っても何も良い事はありません。焦れば、焦るほど、ミスショットを誘発します。ミスショットしたときこそ落ち着いて、冷静に判断で次のショットを打ちましょう。

ミスショットは忘れろ

ミスショットは忘れた方が良いです。ミスショットというのは、悪い結果ですから、意外にも脳裏に焼き付きやすいですし、ミスショットしたことの方が覚えていることが多いです。ミスショットを悔やんでいたり、どうしてミスしたのか悩んだり、考えていると、気持ちを切り替えることができません。とくに、パターでミスをするとドライバーショットのミスにつながりやすいです。パターとドライバーって、全く関係性が無さそうに思われますが、とても関係性が深いです。

ミスパットとドライバーショットをミスする関係性

例えば、3パットしてしまってボギーだった。どうして、入れパー(入れたらパーのパッティング)が入らなかったんだろうなと、ミスパットのことを考えながらも訪れるのは、次のホールのティーショットです。前ホールのミスパットのことを考えながら、ティーボックスに入って、ドライバーを打とうとしても、ナイスショットが打てる確率は低くなります。ですから、パターとドライバーショットのミスというのは、意外にも関係性が深かったりもします。

ティーショットがナイスショットだとセカンドショットもナイスショット!

このようなことってありませんか?ドライバーショットでナイスショットが打てると、次のショット(セカンドショット)もナイスショットということありませんか?ティーショットが良いと次のショットも良いと感じている人は少なくないはずです。これって、良い循環でゴルフができてるということです。ゴルフ技術の問題ではありません。ゴルフが上手いとか下手とか、そういった問題ではないということです。ゴルファーとしての気持ち、ポジティブシンキングがナイスショットをさせているのです。ですから、ミスショットは忘れた方が良いです。深く考えずに、いつも通りに打てば、いつも通りにナイスショットできるはずです。誰もが、そういったセンスを持っているのです。

 

 

ドライバーじゃないクラブでティーショットする

ドライバーの苦手意識がどうしても克服できない場合は、ドライバーではない別のクラブでティーショットするということを考えることも必要です。ティーショットは、絶対にドライバーで打たなければいけないという訳ではありませんし、そのようなルールはありません。3番ウッド、5番ウッドなどでティーショットをして凌ぐことを考えることも大切です。とくに、月例などの場合、急にドライバーが不調になってしまった場合などは、なんとかスコアをまとめたいので、3番ウッドでティーショットをして凌いだりすることもあります。

 

 

ドライバーの苦手意識を克服する まとめ

  • 大きなミスにならない打ち方を模索する
  • ゴルフ練習場では、自信回復のための練習をする
  • ラウンド中は、ミスを忘れること
  • ミスショットがミスショットを呼び寄せる
  • ナイスショットがナイスショットを呼び寄せる
  • 気持ちを切り替えること
  • ボジティブシンキングのゴルフを心掛けること

 

 

ガチでゴルフ100切り目指す人向け | ライザップゴルフ

初回スイングチェック:3,000円(税抜)
アイアンのダフリ、トップが治らない場合は、ライザップゴルフでスイングチェック。短期間で上達できるメソッドあります。ドライバーのスライスが止まらずOB連発。今日のゴルフもティーグラウンドで恥ずかしい思いをした。そんな人は、ライザップゴルフでスイング修正。

 

打ち方、飛ばし方の関連記事

関連投稿記事
ベン・ホーガンから学ぶ、適切なゴルフグリップの握り方
views 404
更新:2018年07月22日 ベン・ホーガンから学ぶ、適切なゴルフグリップの握り方 グリップが緩むとミスショットしやすい グリップ...
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと
views 279
ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますの...
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離
views 148
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離 飛距離アップするために柔軟性が必要 ゴルフのストレッチと股関節の柔軟性 ゴルフのストレッチと肩甲骨...
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング
views 90
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング 下半身より手が使いやすいからゴルフで飛ばせない 下半身を鍛えておくことで、下半身から動かせ...
ゴルフスイングで力を入れる場所
views 202
更新:2018年07月23日 色々な打ち方、ゴルフ技術書を読んでみたけど、なかなか飛距離アップができない、手打ちになってしまう、ヘッドが加...
ベン・ホーガンの提唱するインパクトの形
views 197
フェースローテーション、アームローテーションは必要なのかどうかという話題は、昔ほど議論になることは、少なくなってきた感じがします。私は、ロー...
ゴルフスイングでクラブを加速させるタイミング
views 1315
ゴルフスイングでクラブを加速させることが出来れば、もうすこし飛距離が伸びるような気がしますので、クラブを加速させるタイミングや方法を追求中で...
ドライバーの飛距離が180ヤードしか飛ばない理由と原因
views 190
更新:2018年07月22日 ドライバーの飛距離が180ヤードしか飛ばない理由と原因 ドライバーが飛ばない原因 ドライバーの飛...
現代人特有のスライスの原因 | 猫背・スマホ首・ストレートネック...
views 107
現代人特有のスライスの原因 | 猫背・スマホ首 長時間の座姿勢による猫背 猫背アドレス 肩が前に出る スマホ首 | ストレートネ...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ