飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと

更新:

ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますので、注意が必要です。

 

飛距離アップしようとしたら、打ち方がおかしくなった

飛距離アップしようとしたら、スイングがおかしくなってしまって、打てなくなってしまったという人は多いと思います。とくに、ドライバーを買い替えて、飛ばすぞという強い気持ちドライバーを振り始めていくと、どんどんスイングがおかしくなっていくことがあります。

飛距離アップを目指して、スイングがおかしくなることは、良いことだと考えています。それは、ラウンド中にスイングがおかしくなって、ドライバーが暴れ出した時の対処方法を覚えることができるからです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

 

ゴルフ場では左右へ曲がる確率が増えた

飛距離アップを目指しているときに、ありがちなのがゴルフ場でのボールのバラつきです。左にも行くし、右にも行くという、まとまりのないドライバーショットとなってしまうことがあります。

フック、チーピンが増えた

フック系のボール、チーピンが増えだしたと感じる場合は、要注意です。左系のボールは、強弾道になっていることが多くあり、コントロールされていませんので、左の林に飛び込んでいくこともあります。スライスボールよりも、フック系のボールは、強い弾道となりますので、簡単にOBとなってしまうことがありますので、注意が必要です。

フック系のボールの特徴

手打ちのアウトサイドイン軌道になっていることが多い
本当にフック回転が多い

フック系のボールは、捉まり過ぎたと言うこともありますが、その殆どは手(腕)を使ってしまって、アウトサイドイン軌道になっていることが殆どです。重めのシャフトに変更した直後によく現れる症状です。

 

飛ばすことよりも、安定した平均飛距離を目指すこと

飛距離アップも大切ですが、一発の飛びを目指すのではなく、平均飛距離アップを目指すことが大切です。飛ばないより、飛んだ方が楽しいですし、セカンドショットで持つクラブが短くなりますので、ゴルフスコアがまとまりやすくなるのは事実です。ただ、飛ばそうという意識が強いと、弾道が安定しなくなってきます。

コンスタントにフェアウェイキープができるというドライバーショット

220ヤード、240ヤードという飛距離を目指すことも大切なのですが、ゴルフラウンドでは、200ヤード~210ヤードくらいで飛ばせて、コンスタントにフェアウェイキープができるというドライバーショットが最も好ましいです。飛ぶけど、左右にボールが散らばるとなると、セカンドショットが打ち難いことが多く、逆にスコアを崩してしまうことがあるからです。

18ホール無難にラウンドできる、パワー配分で、無理なく振れる程度でドライバーショットをした方が、ナイスショットが出やすくなります。振るというよりは、自然とドライバーが加速してくれるというイメージを持つと、ドライバーが仕事をしてくれて、ボールを飛ばしてくれます。

 

フレッド・カプルスのスイング

最近は、フレッド・カプルスのスイングを真似しています。参考になる点が多くあります。まったく同じようスイングすることはできませんが、飛ばすためのヒントがたくさん詰まっています。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

右肘のたたみ方、右肘を引き付けることで、深いコックができあがるので、強いインパクトで打つことができます。また、右脇は締める方が良いのでしょうが、カプルスのように右脇を開けると、速く振りやすくなります。

しかも、フォロースルーにかけては、右手のグリップを緩めているという、不思議なスイングとなっています。右手のグリップを緩めた方が無駄なチカラが入らないし、柔軟性を高めて、フォロースルーを作れるのでしょう。

たったの1ヤードでも良いので、飛距離アップしていきたいと考えています。諦めたら、おしまいです。諦めずに、飛距離アップする気持ち、努力をすることが、最強の飛距離アップ方法だと思います。

関連記事

日々、精進
がんばります

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン