飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ドライバーを買い替えるタイミングを考える

更新:

ドライバーを買い替えるタイミングというのは、人それぞれだと思います。新しいモデルが発表されれば、直ぐに新しいモデルを購入するという人も居ますし、1つのドライバーを長く使うという人も居ます。私の場合は、1つのドライバーを長く使おうとするタイプの人です。

 

ドライバー、ゴルフクラブを買い替える絶好の時期は年末年始

ドライバー、ゴルフクラブを買い替える絶好の時期といえば、冬です。年末年始というのは、新製品が発表される時期でもあり、前作モデルがマークダウンされる時期ですから、お買い得なのです。

テーラーメイド公式ネットショップ

テーラーメイドの公式ネットショップがあります。テーラーメイド製品なら何でも購入できるネットショップです。今現在は、2018年ですから、2017年モデルが格安となって販売されています。最大、60%OFFという製品もあります。また、ネットショップの新規会員登録をすると、今すぐに使える15%OFFクーポンが貰えますので、さらにお買い得となります。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

どれくらいの価格なのかシミュレーション

例えば、テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデルの純正シャフト装着モデルの場合、テーラーメイドの公式ネットショップでは、以下のような価格で販売されています。

32,900円で販売されており、消費税は、2,632円となり、税込価格 35,532円となります。但し、新規会員登録をすれば 15%OFFクーポンが利用できますので、27,965円+消費税2,237円=30,202円となります。しかも、送料無料です。どこのネットショップよりも、お買い得となっています。

M1 ドライバーもありますし、フェアウェイウッドもありますし、キャディバッグ、ウェッジ、パターもあります。
一度、チェックしてみて下さい。

テーラーメイド公式ネットショップ
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

 

 

ドライバーを買い替えるタイミング

ドライバーを買い替えるタイミングを考えてみました。私も以前は、毎月の様にドライバーを買い替えている時期がありました。その時の理由は、飛ばしたかったからです。色々なドライバーを試してみて、色々なシャフトで打ってみることで、自分に合ったドライバーのスペックを見つけたかったという理由がありました。

加齢と共に伴ってドライバーを買い替える

長年、ゴルフを続けていると、急に飛ばなくなったなと感じることはあります。私も年齢が30代に入って飛距離が落ちるのを感じました。35歳を過ぎると、また少し飛距離が落ちました。年齢が40代に差し掛かった時は、飛距離が落ちました。これは、体力の低下だろうというのを感じて、ゴルフトレーニングを必死に続けていたりもします。

30代後半くらいからは、46インチ超えの長尺ドライバーを使うようになりました。シャフトが長くなれば、飛距離アップができるからです。加齢と共に衰えゆく体力に合わせたドライバーにするという時期というのは、必ずきます。これもドライバーを買い替えるタイミングのひとつです。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

ドライバーの調子が悪いから買い替える

ドライバーを買い替えるタイミングとしては、ドライバーの調子が悪くなったから買い替えるというのが多いと思います。私もドライバーの調子が悪くなると、ドライバーを替えようかなという気持ちになってきますし、ドライバーの調子が悪い時に買い替えることが多いです。

ただ、ドライバーの調子が悪いからドライバーを替えたとしても、調子が悪くなっている根本的な原因を解決することにはなりません。つまり、ドライバーを替えても自分のスイングは変わりません。ですが、新しいドライバーを購入して、打ってみると、けっこうナイスショットが出たりもします。これは、ドライバーを買い換えたからナイスショットするぞという気持ちの影響が大きいと思います。

ドライバーを買い替えたからという気持ちだけではなく、もしかしたら自分のスイングが変化してきて、今まで使っていたドライバーに合わなくなってきたということも言えます。

ラウンドを続けていると、自分のスイングが変化してくることは、よくあります。また、自分のスイングの特質が変化することもあります。いつもは、スライスばかりだったのが、フックばかりになってしまうこともあります。そのような、自分の打ち方の変化、スイング変化、調子に合わせてドライバーを買い替えるという人も居ます。

もしかしたら、ドライバーの調子が悪いというのは自分の身体的な衰えからくるものかもしれませんね。ドライバーの調子が悪いというのは、どのように調子が悪いのかということも明確にしておくと良いですね。スライスが多発するとか、チーピンしか出ないとか、そういった不調時の傾向というのが見えてくると、新たに買い替えるドライバーの性能、スペックなどの選択肢も絞りやすくなるでしょうね。

キッカケとなること

  • 実は自分の身体的な衰えによりドライバーと合わなくなった
  • ドライバーを買い替えれば気持ちが変わる
  • 2年くらい使っているから買い替える

 

 

ドライバーが古くなってきて寿命だから買い替える

ドライバーのシャフトは殆どがカーボンシャフトです。半永久的に使えそうなイメージがあるカーボンシャフトですが、やはり寿命があるようです。その寿命が来る期間はどれほどかというのは明確にはされていませんし、使用頻度によっても異なりますが2年、3年、4年くらいだと言われています。カーボンシャフトの寿命というのは、シャフトの撓り具合に変化が発生するようです。撓り戻りが悪くなったりするようです。シャフトが撓って、撓り戻りが遅かったりするれば、適切な弾道を打つことが出来なくなってきます。また、シャフトに擦り傷などがあると、その傷がキッカケとなりシャフトが折れてしまうようなこともあります。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

新品でドライバーを購入したときの寿命はどれくらいなのか? 基本的には、破損しない限り、半永久的に使用できます。ドライバーの製造過程での誤りなどが無ければ、3年~4年くらいは使用することができます。使用頻度が高ければ、もう少し短い期間でドライバーの劣化を感じる事もあります。1週間に1回~2回ラウンド、練習数回行くという場合は、2年くらいで劣化を感じる事があります。

ドライバーを使用していて劣化を感じるのは、シャフトとグリップです。

ゴルフへ行く頻度が多い人、練習場に行く頻度が多い人は、シャフトの劣化を気にされると良いです。ドライバーのシャフトはカーボンで作られており、半永久的に使えると思われがちですが、カーボンシャフトも劣化します。幾度となく撓り戻りを繰り返されることで、撓り戻りの反応が遅くなってきます。グリップは、摩耗してきます。グリップは、交換ができますので、シャフトよりも重大性が低いです。

また、ドライバーヘッド内部にウェイトが取り付けられているモデルがあります。使用頻度が高いと、インパクト時の衝撃を幾度となく受け止めていくなかで、ウェイトが取れてしまうことがあります。

実際、私は同じメーカーで同じモデルで同じスペックのドライバーを2本持っています。予備として購入しておいたのですが、予備として保管しているドライバーの方は、シャフトが硬く感じますし、何故か重く感じます。いつも使っているドライバーの方はシャフトが柔らかく感じるのです。これは、明らかにシャフトの劣化が発生しているということです。

長年使っているドライバーも、もしかしたら劣化しているのかもしれませんね。

キッカケとなること

  • カーボンシャフトの劣化・キズ
  • ドライバーヘッド、フェース面の破損

 

 

飛距離を求めているから買い替える

常に飛距離アップを考えているという人はドライバーを買い替えるサイクルが早いですね。新しいモデルが発表されたら、直ぐに購入をするという人も居ます。各メーカーから発表される新しいモデルは、確実に前作よりも飛距離アップができるというようなことを謳い文句としていますし、飛距離アップにつながるテクノロジーが詰め込まれていると思います。

新しいモデルのドライバーは魅力的です。

ただ、飛距離アップの秘密としては、スライスし難いテクノロジーと工夫が詰め込まれているというところだと思います。とにかく、スライスしてしまって飛距離をロスしてしまうことが多いからでしょうね。だから、低スピンなドライバーが主流となってきているのだろうと思います。

キッカケとなること

  • 常に飛距離アップを求めている
  • 1ヤードでも飛ばしたいという気持ち

ドライバーを買い替えると飛距離アップできる

もし、今現在使っているドライバーが4年~5年くらい経った古いモデルだった場合、新しいドライバーに買い替えた場合、飛距離アップできる可能性が高いです。最近のドライバーは、打点がズレても強い反発が得られる構造になっていますし、ルール適合内でフェース面の反発力が高くなっているからです。スイートエリアが、どこにあるのか判り難いモデルが多いですが、ボールを弾き飛ばす性能は、飛躍的に向上しています。

 

 

ネットを検索してたら良いドライバーが見つかった

現代は、ネットが普及したということに併せて、スマホやタブレットなどで、いつでもどこでもネット検索ができるようになったということから、ゴルフクラブ関連情報が素早く入手できる時代にもなりました。

ネットで検索をしていたら良さそうなドライバーを見つけたら、ポチってしまうことはあります。よくあります。私も、直ぐにポチってしまいます。ネットを検索していたら、良さそうなドライバーを見つけたというのもドライバーを買い替えるタイミングのひとつになると考えています。

今、使っているドライバーは残しておいて、新たに購入したドライバーを打ち比べながら、使ってみるというのも良いです。

中古ドライバーを探してたら見つけた

これもネット検索をしていたら、見つけてしまったということに分類されるかもしれませんが、中古ドライバーというのは、本当に種類が多いです。カスタムシャフトが装着されたドライバーもあったりします。時折、珍しいUSモデルのドライバーを発見してしまうこともありますし、古いモデルだけど名器と呼ばれていたドライバーを見つけることもあります。古いドライバーというのは、経年劣化があるものの、10,000円以内で購入できる場合も多くありますので、実はお買い得だったりもします。とくには、松山英樹が使っていた SRIXON ZR-30 ドライバーは、古いモデルですが、既に低スピンで強いボールが打てるし、ヘッドも小さ目で、コントロールしたボールが打てるドライバーです。

私は、意外と古いモデルのドライバーが好きだったりしますので、ZR-30、ZR-800、テーラーメイドの昔のバーナーなどを買い漁ったりもしています。古くても飛び性能を持ったドライバーがあるんだということに気付かされます。

中古ゴルフクラブの宝庫と言えば、ゴルフパートナーです。在庫数が多くて、他のネットショップなどでは販売しきれてない良質なゴルフクラブが、ゴルフパートナーの公式ネットショップで販売されていることもあります。楽天、アマゾンなどで売られていることもありますし、楽天などの場合は、ポイントが付与されるので、楽天で購入しようという人は多いです。ですが、ゴルフパートナー公式ネットショップの方が、良質な中古が見つかることが多いので、オススメです。

ゴルフパートナー公式ネットショップ
中古クラブの在庫55万本。中古クラブの情報なども豊富に抱えていることから、適正な値決め、良質な中古クラブが多くて人気があります。
ゴルフパートナー公式ネットショップ

テーラーメイド直販のネットショップで見つけた

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

 

実は、クラブメーカー直販のネットショップを見ていると、意外にもお買い得なドライバーを見つけることがあります。メーカー直販ということもあり、型落ちとなったモデル(昨年のモデル)などは、半額くらいで購入できる場合があります。特に、テーラーメイドの場合は、直販ネットショップを運営しており、型落ちとなったモデルは、OUTLETとして、お買い得な価格で購入できます。それは、中古ではなくて、新品です。新品なのですが、中古ドライバーよりも安い場合もあります。そういった、価格重視で見つけてしまった場合も、買い替えるタイミングになるかと思います。

2016年モデルのドライバー、アイアン、フェアウェイウッド、キャディバッグ、ウェッジなどが、お買い得となっています。2015年モデルは、更にお買い得な価格となっています。

テーラーメイド公式ネットショップ
新規会員登録をすると直ぐに使える15%OFFクーポンが貰えます。OUTLETのゴルフクラブは、お買い得な価格となっていますので、おすすめです。アイアンセットも安くなってます。
テーラーメイド アウトレット

 

 

逆に全くクラブを替えない人

逆にクラブを全く変えない人も居ます。クラブを変更しない方が、何が原因で調子が悪くなったのか、どうして打てなくなったのかを探っていくことができます。また、気に入ったクラブを長く使い続けることで、自分の身体の一部の様に感じているベテランゴルファーも少なくありません。

ただし、全くクラブを替えないといっても、シャフトだけを変更したり、グリップを変更したりすることはあります。シャフトやグリップというのは、必ず劣化してきますから、途中でメンテナンス意味を含めて交換することはあります。

また、本当に気に入ったドライバーを見つけた場合は、同じモデルを予備として、購入しておくという人も少なくありません。破損したときのことを考えているのでしょう。そんなに破損するものなのか?と思われるかもしれませんが、ラウンドの頻度が高ければ、ゴルフクラブの劣化も早くなりますから、予備を持っておくということは、ある意味では賢いですね。

 

 

ドライバーを買い替えると飛ぶ?

ドライバーを買い替えると飛ばせる確率は高くなります。特に、新しいモデルドライバーは、とても進化していますから、古いドライバーよりも飛ばせる確率が高くなります。ドライバーを買い替えると飛ばせる理由をまとめましたので、参考にしてください。

低重心+浅重心で低スピンなボールが打てる

最近のドライバーは、低重心設計となっていることに併せて、重心位置が浅くなっており、低スピンなボールが打てるようになっています。昔のドライバーと比べてバックスピン量を減らすことができ、吹き上がりを抑えることができます。

スイートエリアが拡大されている

ソール側にスリット(溝)を設けたり、ヘッドクラウンがたわむ様にしたりという工夫を取り入れて、スイートエリアが拡大されています。つまり、打点がズレても大きく飛距離ロスをすることを防ぐ仕組みになっています。スイートエリアが拡大されていれば、多少の打点ズレがあってもミート率が大きく下がることもありません。

フェース面の反発が高くなっている

ルール適合内でフェース面の反発が高くなっています。最近は、メーカー側がフェース面の反発係数を公表をしたりもしています。反発が高ければ、ボールを弾き飛ばすエネルギーが強くなりますので、飛ばせる確率が高くなります。

シャフトが進化している

ドライバーの進化は、ヘッドだけの進化ではなく、シャフトの進化があるからこそ飛ばせると言えます。昔に比べてシャフト剛性は、進化しており、撓り戻りを活かして飛ばすことができます。

シャフトが長くなっている

少しずつですが、標準装着されているシャフトが長くなっています。以前は、45インチ前後だったのが、最近では45.75インチというドライバーも増えてきました。シャフトが長い方が、ヘッドスピードが速くなりますので、慣性を高めて、強いインパクトで飛ばせます。

ドライバーを買い替えずに、リシャフトする

アジャスタブルホーゼル付きのドライバーであれば、簡単にシャフトの脱着ができます。スリーブの互換性を確認して、他のシャフトを試してみるのも良いです。

ゴルフクラブを買取に出す

不要となったゴルフクラブを買取に出して、新しいゴルフクラブを購入する足しにすることが良くあります。ゴルフクラブの買取は、ゴルフエースがオススメです。様々な買取を試しましたが、ゴルフエースがもっとも良い価格で買い取ってくれました。ポイントで買い取りするところもありますが、ゴルフエースで買取してもらった場合は、現金が支払われますので、嬉しいです。

 

 

新しいモデルのドライバーが登場!

毎年、新しいモデルのドライバーが登場します。少しずつですが、アップデートされており、飛び性能が高くなってきています。最近の傾向としては、ボールスピードを速くしようという工夫が取り入れているメーカーが多く、フェース面の反発力に拘るモデルが増えています。

ZERO SRIXON Z585 / Z785

ZERO SRIXON Z585 / Z785
スリクソンのニューモデル ZERO SRIXON(ゼロスリクソン)です。ヘッドにカーボンを使用しており、見た目的にカッコいいし優しく打てるモデルへとアップデートされました。
詳細紹介

エアロバーナー・M2・M4ドライバー比較・特長

エアロバーナー・M2・M4ドライバー比較・特長
テーラーメイドのドライバーは、どれが良いのか悩んでいるのであれば、チェックしてみてください。
エアロバーナー・M2・M4ドライバー比較・特長

歴代ゼクシオ 5モデル ドライバー 比較紹介

歴代ゼクシオ 5モデル ドライバー 比較紹介

歴代ゼクシオドライバー5つのモデルを比較。シャフトスペック、それぞれの特長を紹介しています。ゼクシオは、ドライバーヘッドもシャフトも共に開発していることから、ドライバーヘッドとシャフトのマッチングがとても良いですし、飛び性能を引き出しているのは、シャフトだとも言えます。それぞれの特長を把握して、自分に合ったゼクシオを見つけてください。
歴代ゼクシオ 5モデル ドライバー 比較紹介

テーラーメイド 歴代グローレ ドライバー 比較

テーラーメイド 歴代グローレ ドライバー 比較
テーラーメイドのグローレは、たくさんのシリーズがあるけど、どれが良いのか判らないときは、チェックしてみて下さい。
テーラーメイド 歴代グローレ ドライバー 比較

 

その他、飛ぶドライバーの紹介

ニューモデルは、次から次へと発表されます。飛び性能を持った新しいドライバーは、とても興味があります。

飛ぶドライバー 2018年 / 最新ゴルフクラブ情報

 

併せて読むと知識アップになる記事

ヘッドスピードを上げるコツ ドライバーの飛距離アップに必要なのが、ヘッドスピードです。ヘッドスピードを速くすることが、飛距離アッ...
ドライバーのスライス 改善策 ドライバーのスライスの改善策 目次 ドライバーのスライスを治す アイアンは打てるのにドラ...
アスリート向けドライバーとアベレージ向けドライバーの違い... 更新:2018年08月14日 新しいスリクソン ZERO SRIXONが登場するということから気付...
ゴルフ ドライバー インパクトのイメージとインパクトの形... 更新:2018年08月07日 こちらでは、ドライバーショットでのインパクトを紹介します。 ゴ...
8番アイアンのロフト角と飛距離と活用方法... ストロングロフトのアイアンが浸透してきましたし、5番アイアンを抜いたセッティングも増えてきました。ア...
テーラーメイド M グローレ | 2018年10月26日発売... 更新:2018年08月09日 Mシリーズと融合した新しいグローレが登場します。白黒ツートンのグロー...
打てなくなったらスイングプレーンをチェック... ベン・ホーガンのスイングプレーンは、とても有名です。それなりにゴルフをしてきた人ならば、知っているは...
フランチェスコ・モリナリ | 全英オープン優勝時のセッティング... フランチェスコ・モリナリ | 全英オープン優勝時のセッティング 全英オープン優勝 フランチェ...
ベン・ホーガンのグリップ 更新:2018年08月13日 ベン・ホーガンのグリップ グリップが緩むとミスショットしや...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ