飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーを買い替えるタイミングを考える

スポンサーリンク

ドライバーを買い替えるタイミングというのは、人それぞれだと思います。新しいモデルが発表されれば、直ぐに新しいモデルを購入するという人も居ますし、1つのドライバーを長く使うという人も居ます。私の場合は、1つのドライバーを長く使おうとするタイプの人です。

 

ドライバー、ゴルフクラブを買い替える絶好の時期は年末年始

ドライバー、ゴルフクラブを買い替える絶好の時期といえば、冬です。年末年始というのは、新製品が発表される時期でもあり、前作モデルがマークダウンされる時期ですから、お買い得なのです。

テーラーメイド公式ネットショップ

 

テーラーメイドの公式ネットショップがあります。テーラーメイド製品なら何でも購入できるネットショップです。今現在は、2018年ですから、2017年モデルが格安となって販売されています。最大、60%OFFという製品もあります。また、ネットショップの新規会員登録をすると、今すぐに使える15%OFFクーポンが貰えますので、さらにお買い得となります。

どれくらいの価格なのかシミュレーション

例えば、テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデルの純正シャフト装着モデルの場合、テーラーメイドの公式ネットショップでは、以下のような価格で販売されています。

32,900円で販売されており、消費税は、2,632円となり、税込価格 35,532円となります。但し、新規会員登録をすれば 15%OFFクーポンが利用できますので、27,965円+消費税2,237円=30,202円となります。しかも、送料無料です。どこのネットショップよりも、お買い得となっています。

M1 ドライバーもありますし、フェアウェイウッドもありますし、キャディバッグ、ウェッジ、パターもあります。
一度、チェックしてみて下さい。

テーラーメイド公式ネットショップ
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

 

ドライバーを買い替えるタイミング

ドライバーを買い替えるタイミングを考えてみました。私も以前は、毎月の様にドライバーを買い替えている時期がありました。その時の理由は、飛ばしたかったからです。色々なドライバーを試してみて、色々なシャフトで打ってみることで、自分に合ったドライバーのスペックを見つけたかったという理由がありました。

加齢と共に伴ってドライバーを買い替える

長年、ゴルフを続けていると、急に飛ばなくなったなと感じることはあります。私も年齢が30代に入って飛距離が落ちるのを感じました。35歳を過ぎると、また少し飛距離が落ちました。年齢が40代に差し掛かった時は、飛距離が落ちました。これは、体力の低下だろうというのを感じて、ゴルフトレーニングを必死に続けていたりもします。

30代後半くらいからは、46インチ超えの長尺ドライバーを使うようになりました。シャフトが長くなれば、飛距離アップができるからです。加齢と共に衰えゆく体力に合わせたドライバーにするという時期というのは、必ずきます。これもドライバーを買い替えるタイミングのひとつです。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、ドライバーの調子が悪いから買い替える
1 2 3 4 5 6
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン