ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

ゴルフの時はメガネ? コンタクト? 【 メガネゴルファー 】

視力の悪い人ってけっこう多いじゃないですか。私も視力は悪い方です。ただ、自動車の運転をする際にはメガネ無しでも運転が出来る程度の視力は維持していますので、視力は0.7程度くらいです。視力が良いとは言えないですね。

スポンサーリンク
 

ゴルフというスポーツはボールを遠くに飛ばすスポーツです。打ったボールがどこへ行ったのか、自分のボールの行方というのは気になるものです。そして、視力が悪ければ自分のボールの行方を追うことすら出来ない事もあります。

私は打ちっぱなし練習場ではメガネをかけていることが多いです。というのも、打ちっぱなしの練習場に行くときには夜間が多いからです。どうしても薄暗いところだとボールが見難いのと、アドレスをしたときにボールの距離と自分の距離が把握しにくいということもあるからです。

ですが、実際のラウンドではメガネをかけることなく裸眼でゴルフをしています。遠くへ飛ばしたボールの行方がわかりにくいこともありますが、今のところ致命的な不便さは感じていません。

というのも、私のゴルフ仲間が快晴のゴルフだというのにボールが見えない、どこいったのか見えなかったという言葉を連発しておりました。コンタクトレンズしていないのと聞いたところ、コンタクトレンズを装着しているとのこと。コンタクトレンズをしても見難いというのは別の問題かもしれないと思ったのですが、どうやら額から流れ出る汗が目に入ってしまい眼球とコンタクトレンズの間に汗が溜まってしまっていたようです。

それからはコンタクトレンズをやめて普通のメガネを着用してゴルフをするようになりました。コンタクトレンズがダメだというわけではありません。汗かきのゴルフ仲間には合わなかっただけです。

ただ、今までメガネをかけてゴルフをしたことがない場合には、メガネがとても邪魔に感じることがありますが、少しずつ慣れてきます。

 

視力が弱いとゴルフは不利?

ゴルフというスポーツは視力が悪かったらゴルフにならないとまでは言いませんが、色々と不利になることが多いです。

不利になる要素

  • 自分の打ったボールの行方が追えない
  • 同伴者の打ったボールの行方も追えない
  • 遠近感が判らない
  • ティーグランドの微妙な傾斜が見えない
  • グリーンが読めない

 
・・・などなど視覚から得られる情報というのはとても多いです。人間というのは目で視覚的な情報を沢山取り入れています。その目が悪いとなると情報を取り入れることが出来なくなるので不安になります。つまり、視力が悪いとボールの行方がわからないので、バンカーに入っているのか、グリーンに乗っているのかどちらだろうなと気にしながらも不安になってしまうこともあるようです。出来る限り自分の視界、視力を確保することもゴルフですね。

 

そもそもメガネ ゴルファーって少ないかも

そもそも、メガネをかけたプロゴルファーって少ないように感じます。中嶋常幸さん はメガネをかけていますね。

リディア・コーもメガネをかけていましたね。リディア・コーはコンタクトレンズにしたのか最近はメガネをかけていません。メガネをかけて視力を維持することは大切なことですが、ゴルフというスポーツは神経をつかいますので、メガネをかけていること自体が気が散るという考えもあるのかもしれないですね。

メガネをかけているリディア・コー

Lydia Koさん(@lydsko)がシェアした投稿


 

メガネ無しのリディア・コー

Lydia Koさん(@lydsko)がシェアした投稿

メガネを取ると女性は雰囲気が変わりますね~
リディア・コーはメガネ無しにしてからさらに可愛らしくなった気がします。

でも、昔ってメガネをかけていたプロゴルファーって多かったようなイメージがありますけどね。

私はラウンドする時はメガネをかけていませんが単眼鏡を使うことはあります。ティーショットを打ったあとなどは単眼鏡で自分のボールの行方などを見たりします。

 

補足として・・・夏ゴルフはサングラスを着用する

夏ゴルフはサングラスが必要ですね。必須とまでは言いませんが、裸眼のままだと紫外線で目が焼けてしまいます。スキーをする人は判るかもしれませんが、スキー場でもサングラスをしますし、スキー用のゴーグルは必ずUVカットとなっています。真っ白な雪が紫外線を反射させてしまい目が焼けてしまうからです。ゴルフ場も芝生が紫外線を反射させると言われています。紫外線にさらされたままだと目が焼けてしまいます。充血してしまい真っ赤になってしまうこともあります。

ゴルフをするには視力は大切です。

日々、養生
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア