飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

インサイドヒットで打つ | タンジェント・スイング

現代のゴルフスイング理論は色々とあります。どれが良いのか悪いのかなんて、一概には言い切れません。ただ、ゴルフスイングというのは過去と現代を比較してみると、課題としている点は、殆ど変化がありません。なんと初版が昭和49年の書籍です。登場する人物は、中村寅吉さんとかジャンボ尾崎さんが登場します。そのなかにタンジェント・スイングというのが登場します。さて、タンジェント・スイングとは何か?

 

タンジェント・スイング


はじめて耳にする言葉でした。

タンジェント・スイングの理論というか考え方は、円運動をするゴルフクラブによってボールが打ち飛ばされたとき、ボールは必ず接線の方向に真っ直ぐ飛ぶというものです。これは、現代でも変わりません。

円運動の接点において、半径と直角の方向に飛ぶ。

すなわち、インサイドイン軌道の打ち方のことです。

ゴルフスイングは円運動

ゴルフスイングは円運動であり、描かれる円弧と飛球線が交わるのは1点のみであるとし、それが理想であると紹介してします。

そう考えると、現代でいうところのインサイドアウト、アウトサイドインというのは適切ではないとなってしまいますし、実際に、この書籍にはそのように紹介されています。昭和49年の考え方ですし、当時はゴルフスイングを分析する機器もなかったということから、一瞬の動作であるゴルフスイングを体系だったものにするのが大変だったことが伺えます。

スポンサーリンク

インサイドヒットを意識する

書籍にはこのように書いています。プロゴルファーは、インサイドからボールを打つが、必ずしもインサイドアウト、インサイドインを意識している訳ではない。なので、ゴルフボールをインサイドから打つという、インサイドヒットを意識した方が良いと書かれています。

インサイドから打って、アウトサイドに抜くとかではなくて、インサイドからゴルフボールを打つ。
すなわち、ゴルフクラブが抜ける方向は気にしなくても良い? ということになります。

フォロースルーは関係ないとは書かれていませんが、フォロースルーが重要視されてないように感じます。実際のところフォロースルーというのは、インパクト後の動作となりますので、ゴルフクラブがゴルフボールにヒットする前とヒットする軌道を重要視していたのだろうと思います。

 

タンジェント・スイング

飛球線から外に出ないように、内側からゴルフクラブが入って、内側に抜けていくという軌道となります。つまり、飛球線を跨ぐことがなく、ゴルフボールは飛球線に向けて飛ばせる。

 

インサイドアウト

>

インサイドアウト軌道というのは、内側からゴルフクラブが入ってきて、飛球線よりも外側に抜けて、また戻ってくるという軌道になります。円運動の接点において、半径と直角の方向に飛ぶという理論から考えると、飛球線を2回跨ぐことになり、ゴルフボールは飛球線に向かって飛ばない。フック回転が発生してボールは曲がる。

 

アウトサイドイン

>

アウトサイドイン軌道というのは、ゴルフクラブが飛球線の外側からゴルフクラブが入ってきて、飛球線よりも打ち側に抜けるという軌道になります。円運動の接点において、半径と直角の方向に飛ぶという理論から考えると、飛球線を2回跨ぐことになり、ゴルフボールは飛球線に向かって飛ばない。スライス回転が発生してボールは曲がる。

スポンサーリンク

 

タンジェント・スイングまとめ

タンジェント・スイングというのはゴルフボールをインサイドヒットするという考え方であり理論です。タンジェント・スイング理論というのは、とても古い考え方のようですが、現代のゴルフスイングにも精通しますし、スクエアに構えて、スクエアに打つ、真っ直ぐボールを飛ばすための考え方の原点のように感じます。

現代ではスイングプレーンを重要視しており、それに加えてドローボールの打ちかた、フェードボールの打ち方など、逆に難しことばかりにベクトルが向いているようにも感じますが、タンジェント・スイングは真っ直ぐ飛ばすことに重きを置いているように感じました。

ただ、イメージ図などでは優しく打てなそうな軌道に見えるのですが、実際は意外と難しかったりします。やはり必要なのは、下半身リードでインサイドから打つということが必須です。

日々、精進
がんばります

関連記事

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーを使ってみた感想... 先日、ラウンドでテーラーメイド オリジナルワンミニドライバーを使わせてもらいましたので、その感想・レビューを紹介します。 テーラーメイド オリジナルワ...
M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた... テーラーメイドの公式ネットショップでアイアンを買ってみましたので、流れを紹介します。 M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた テーラ...
タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ... タイトリスト TS1 ドライバーを打ちましたので、そのレビューをします。 タイトリスト TS1 ドライバー タイトリストの軽量ドライバー シャ...
ゴルフのための体幹トレーニングは間違い?... ゴルフスイングという動作が科学されて、どのような動作と筋力が必要なのか理解できてくると、体幹を鍛える、トレーニングするというのは違うということに気付きます。体幹...
ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日発売... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン