飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフは真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ戻す だけどスイングは円弧

ゴルフというスポーツの基本としては、ゴルフクラブを真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ戻すことなんだろなと思いながら、ゴルフクラブを真っ直ぐ引くというのは、意外にも難しいことだとも思っています。

スポンサーリンク
 

ゴルフクラブを真っ直ぐ引くというのは、テイクバック?バックスイングで後方へ真っ直ぐ引くという考え方。インサイドに引くとか、アウトサイドに引くというような考えを持つと、ゴルフクラブを振り戻してくるときにボールに適切な形でヒットさせ難くなってしまう。つまり、真っ直ぐゴルフクラブを引くということは、真っ直ぐボールにゴルフクラブのフェース面をヒットさせることになるから、テイクバック?バックスイングが始まったときには既に、どのようなボールが打ち出されるかが決まってしまっていると言えます。

ゴルフクラブを真っ直ぐ引くという言葉だけを考えると、本当に真っ直ぐ引くことは出来ません。ゴルフスイングは身体の捻転(回転)が加わりますから、ゴルフスイングは円弧を描くようにゴルフクラブを振ります。ですから、回転とか、軸とかが重要視されるのだと思います。テイクバック?バックスイングでは両手でゴルフクラブを持ってアドレスをしたときに腕がつくる三角形を崩さないことと言われています。

ゴルフクラブを真っ直ぐに引く・・・パターでも同じ様なことを言います。

ヘッドを真っ直ぐに引いて、真っ直ぐ戻すということです。ヘッドを真っ直ぐにというのは、フェース面を真っ直ぐにするという意味も含まれていると思います。パターは想い描いた方向へボールを転がすのですが、少しでもフェース面が転がす方向と異なる方向を向いているとボールにサイドスピンがかかってしまい、ボールは真っ直ぐ転がりません。

その昔、ゴルフレッスンでクラブを真っ直ぐ引くということを習ったときには、真っ直ぐにクラブを引けているのかどうかを目で追ってしまっていた時期がありました。つまり、テイクバックをしながら後ろに引いていくクラブを目で追ってしまうという癖がついてしまっていました。

真っ直ぐ引けているのかどうかを気にするあまり、クラブを目で追ってしまい、頭まで動いてしまっていました。気にしすぎも良くないということですね。

でも、たまにテイクバックで後方へ引いていくクラブを目で追っている同伴者を見かけることもあります。

目でクラブを追っていなくても、テイクバックする方向に顎を傾ける チンバックな人も見かけます。チンバックといえばジャック・ニクラスが有名ですね。チンバックをすることで、テイクバックをする方向へ視界が広がりますから、ゴルフクラブを真っ直ぐに引けているのか見ていたのかもしれないですね。チンバックはテイクバック時に後方に引かれていくゴルフクラブを目で追うためのものではありませんので・・・憶測ですけどね。

ゴルフクラブは真っ直ぐに引くけど、スイングとしては円弧になります。円弧ばかりを考えているとゴルフクラブを外側に上げてしまったり、内側に引いてしまったりすることがあるので、自分が本当に真っ直ぐにゴルフクラブを引いてこられているのかをチェックするのも大切ですね。

美しいスイングが出来るようになりたいです。

日々、精進
がんばります

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン