ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
PUMA(プーマ)2020年新作
CONTENTS MENU
 

SIM MAX ドライバーとM2 D-TYPE 比較

 

SIM MAX ドライバーとM2 D-TYPE 比較

M6ドライバーは、2019年モデルのドライバーです。ツイストフェースも搭載してますし、ソールの形状もSIM MAX ドライバーに似てます。ということもあり、2017年モデルのM2 D-TYPE ドライバーとSIM MAX ドライバーを比較した方が、歴然とした差が出るだろうと思います。

テーラーメイド SIM MAX ドライバー / 【購入はコチラ・送料無料】

 

バックスピン量が違う

SIM MAX ドライバーとM2 D-TYPE ドライバーを比較すると、やっぱり M2 D-TYPE の方がバックスピン量がやや多い感じがしました。というよりも、M2 D-TYPE の方は、やや吹け上がる感じがあります。ただ、D-TYPE なのでドローバイアスが入ってるからなのか、曲がり難いのは事実です。だから、今でも使用してるのですが。

スポンサーリンク

ツイストフェースと低スピンの相乗効果

M2 D-TYPE ドライバーは、2017年モデルです。ツイストフェースが無いタイプです。

SIMMAXドライバーはツイストフェースが搭載されており、打点がズレてもギア効果が発生し難いので、直進性が高くなってます。併せて、スピン量が少ないので、かなり左右のスピン(スピン軸の傾き)が減っており、直進性の高いボールが打てます。ロフト角10.5度でも、かなりスピン量が少ないというのを感じます。

SIM MAX ドライバーを初めて打ってみて、曲がらない!と思った人は多いはずです。

 

構えて、ヘッドを上から見たとき、見え方が全く異なります。SIM MAX ドライバーの方がヘッドが、輝く白色みたいな、シルバーに近いです。エムグローレドライバーのヘッドに似たような雰囲気がありました。

M2 D-TYPE ドライバーは、カーボンの黒色とフェース面側が白色となっており、濃淡がはっきりしてます。
ある意味、見やすいです。

ヘッドの厚みが違う

SIM MAX ドライバーの方がヘッドに高さが無い(シャロー)ので、ボールのティーアップを低めにして良いかと思います。また、ヘッドに高さが無いということは縦のズレが少なくなるので、フェースの真ん中(スイートエリア)で打ちやすいです。

M2 D-TYPE ドライバーの方が、ややディープ気味なフェースとなってます。

 

フェースの弾き感

フェースの弾きは感は、M2 D-TYPE ドライバーの方が弾いてるように感じました。打音が心地よい金属音がするから、弾いてるように感じるのかもしれません。SIM MAX ドライバーの方も弾いてるのだろうと思うのですが、打音が微妙で、鈍い打音で弾いてる感じがしません。

 

ソール形状

ソール形状は全く異なります。SIM MAX ドライバーの方は、イナーシャジェネレーターというウェイトが配置されてるので、ソールにボリューム感があるというか、膨らみがあるように感じました。また、かなりの低重心となっており、誰が打っても低スピンが打てるドライバーヘッドです。

M2 D-TYPE ドライバーは、とてもシンプルなソールとなってます。スピードポケットは、溝が設けられてますし、ヘッド後方にウェイトが取り付けられてます。もちろん、ヘッド内部にインナーウェイトが配置されてます。

 

ボールの捕まりやすさ

SIM MAX ドライバーは、ややボールの捕まりが抑えられてます。ヘッドを地面に置いたときに判るのですが、ヘッドが後方に倒れやすくなっており、閉じる側(ボールを捕まえる)への挙動が少ないだろうというのが伝わってきます。SIM MAX D というドローバイアスの入ったモデルがあるくらいですから、従来のSIM MAX ドライバーは、フェードが打ちやすいです。スイングでボールが捕まえられる人には、左のミスを減らしてくれます。

もともとスライスが多い人は、低スピンでも、やっぱりスライスが増えやすくなるので注意してください。

 

SIM MAX ドライバー、M2 D-TYPE ドライバー どっちが飛ぶか

ぶっちゃけ、SIM MAX ドライバーの方が飛んでます。それは、飛躍的な飛距離アップというより、低スピンでツイストフェースで左右のスピン(スピン軸の傾き)を減らせるので、直進性が高くなってるからだろうと思います。真っ直ぐ飛ばしやすくなり、ボールが着地してからも、真っ直ぐ転がってくれるので、かなりのランが出せるようになってます。

ここ数年で低スピンがドライバーが主流となってきましたが、低スピンで飛ぶというのは、曲がらない、ランが出せるということから、飛距離アップができてます。

M2 D-TYPE ドライバーは、SIM MAX ドライバーに比べて、スピン量が多いので、ランが出ないので、その分だけ飛距離負けしてます。

 

SIM MAX ドライバー、M2 D-TYPE ドライバー比較 まとめ

大きく違うのは、SIM MAX ドライバーの方が低重心で低スピンが打てるという点です。
かなり重心コントロールをしてきてるので、本当にスピン量が少ないです。

SIM MAX M2 D-TYPE
ツイストフェース
超低重心
低スピン
スピン軸が傾きにくい
ツイストフェース無し
普通に低重心
SIM MAXに比べてスピン量多い
ドローバイアスはいってるので捕まる

 

テーラーメイド M6 ドライバー 安くなってます

2020年モデル SIMシリーズが登場しましたので、M6シリーズ、ドライバー、アイアン、フェアウェイウッドが安くなってますのでお勧めです!テーラーメイドのネットショップに新規会員登録する10%OFFで購入できます。どれも新品でアウトレット価格となってます!

M6ドライバー

価格:32000円~
テーラーメイド M6 ドライバー【購入コチラ・送料無料】
M6アイアン

価格:48000円~
テーラーメイド M6 アイアン【購入コチラ・送料無料】

M6フェアウェイウッド

価格:22000円~
テーラーメイド M6 フェアウェイウッド【購入コチラ・送料無料】

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン