飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

昔のドライバーのスペックと現代のドライバー

 

昔のドライバー | ブリジストン ツアーステージV-500

昔のクラブセットがあるのですが、昔のドライバーを手にとって見ていると、ゴルフクラブって進化したなと思います。私の手元にある昔のドライバーはブリジストン ツアーステージV-500 というドライバーです。

1999年モデルです。ヘッドの大きさが明らかに違いますし、シャフトの長さも違います。

上の写真左は SRIXON WRドライバー(460cc)です。右側がブリジストン ツアーステージV-500(290cc)という昔のドライバーです。ヘッドの大きさが全然違いますね。倍くらい違うみたいです。

 

ブリジストン ツアーステージV-500

ブリジストン ツアーステージV-500 スペック

  • シャフト長さ:43.5
  • クラブ重量:307
  • バランス:不明
  • ヘッド体積:290cc
  • ヘッド素材:6AL-4Vチタン合金

 

SRIXON WRドライバー

SRIXON WRドライバー スペック

  • シャフト長さ:44.75
  • クラブ重量:308
  • バランス:D1・D2
  • ヘッド体積:460cc

今更、ブリジストン ツアーステージV-500でラウンドをすることは無いと思いますが、昔はこういったクラブを使ってラウンドをして、それなりのスコアを出していたのですから、なんとも不思議だなと思います。ヘッド体積290cc で シャフト長さ43.5インチですからね。それこそ現代でいうところのスプーンに似たようなスペックですからね。現代のスプーンをティーショットで使う意味もよく分かります。

ヘッド体積460ccのドライバーが当たり前

昨今ではドライバーのヘッド体積は460ccが最大で、殆どのドライバーが460ccという大きなヘッドとなっています。ブリジストン ツアーステージV-500と比べると倍近くヘッドが大きくなってきています。ブリジストン ツアーステージV-500ドライバーは1999年に発売されましたから、今から15年、16年程前のドライバーとなります。

ブリジストン ツアーステージV-500のスペックを調べて知るほどに、最近注目されているミニドライバーにそっくりなスペックとなっているのが興味深いですね。

ブリジストン ツアーステージV-500が手元にあるのならば、これをリシャフトしてミニドライバーとして使っても良いかもしれないなと、勝手な思い込みをしたりなんかしています。

ブリジストン ツアーステージV-500ドライバーが良いというわけではありませんが、この時代のドライバーのスペックを踏襲して最近のミニドライバーは作られているのかもしれませんね。ヘッド体積290cc、シャフト長さ43.5インチ たしかに振り回しやすいと思います。この時代のドライバーというのは、ヘッドが戻ってこないとかそういったことを感じなかった記憶があります。今のドライバーよりも打ちやすかった記憶がありますね。

ゴルフクラブも進化すれば、打ちやすくなりますが、進化することがスコアを縮めることには直結しないようにも思います。進化することで、何か大切なものを置き去りにしてきたようにも感じます。

日々、精進
がんばります

関連記事

タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング... ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
2019年4月 マスターズ開催 とうとう、2019年もマスターズ開催が近づいてきました。 本当に1年ってはやいですね 2019年 マスターズ開催予定日 2019年4月11日(木)~ ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン