飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

昔のドライバーのスペックと現代のドライバー

昔のクラブセットがあるのですが、昔のドライバーを手にとって見ていると、ゴルフクラブって進化したなと思います。私の手元にある昔のドライバーはブリジストン ツアーステージV-500 というドライバーです。

1999年モデルです。ヘッドの大きさが明らかに違いますし、シャフトの長さも違います。

 
上の写真左は SRIXON WRドライバー(460cc)です。右側がブリジストン ツアーステージV-500(290cc)という昔のドライバーです。ヘッドの大きさが全然違いますね。倍くらい違うみたいです。

ブリジストン ツアーステージV-500

 

ブリジストン ツアーステージV-500 スペック
シャフト長さ:43.5
クラブ重量:307
バランス:不明
ヘッド体積:290cc
ヘッド素材:6AL-4Vチタン合金
スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

SRIXON WRドライバー

 

SRIXON WRドライバー スペック
シャフト長さ:44.75
クラブ重量:308
バランス:D1・D2
ヘッド体積:460cc

今更、ブリジストン ツアーステージV-500でラウンドをすることは無いと思いますが、昔はこういったクラブを使ってラウンドをして、それなりのスコアを出していたのですから、なんとも不思議だなと思います。ヘッド体積290cc で シャフト長さ43.5インチですからね。それこそ現代でいうところのスプーンに似たようなスペックですからね。現代のスプーンをティーショットで使う意味もよく分かります。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

昨今ではドライバーのヘッド体積は460ccが最大で、殆どのドライバーが460ccという大きなヘッドとなっています。ブリジストン ツアーステージV-500と比べると倍近くヘッドが大きくなってきています。ブリジストン ツアーステージV-500ドライバーは1999年に発売されましたから、今から15年、16年程前のドライバーとなります。

ブリジストン ツアーステージV-500のスペックを調べて知るほどに、最近注目されているミニドライバーにそっくりなスペックとなっているのが興味深いですね。

ブリジストン ツアーステージV-500が手元にあるのならば、これをリシャフトしてミニドライバーとして使っても良いかもしれないなと、勝手な思い込みをしたりなんかしています。

ブリジストン ツアーステージV-500ドライバーが良いというわけではありませんが、この時代のドライバーのスペックを踏襲して最近のミニドライバーは作られているのかもしれませんね。ヘッド体積290cc、シャフト長さ43.5インチ たしかに振り回しやすいと思います。この時代のドライバーというのは、ヘッドが戻ってこないとかそういったことを感じなかった記憶があります。今のドライバーよりも打ちやすかった記憶がありますね。

ゴルフクラブも進化すれば、打ちやすくなりますが、進化することがスコアを縮めることには直結しないようにも思います。進化することで、何か大切なものを置き去りにしてきたようにも感じます。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
高級車ベントレーのゴルフクラブ?
views 196
PGATOUR.COM Equipement エディタのJonathan Wall氏のツイッターに珍しいドライバーの写真が投稿されていまいたのでシェアします。どうやらベントレーのドライバーのようです。そうです。高級外車のベントレーのようですね。 .@BentleyMotors golf clu...
飛ぶドライバーの要素 反発係数の高いドライバー
views 1021
飛ぶドライバーの要素 【 反発係数の高いドライバー 】 目次 反発係数の高いドライバー 長尺シャフトを使う 重いヘッドのドライバーを使う 飛ぶドライバーの要素をまとめると       反発係数の高いドライバー 2008年からはS...
飛ぶドライバー 2018年 / 最新ゴルフクラブ情報
views 29
更新:2018年07月14日 ヘッドスピード40m/sくらいのゴルファーが飛距離アップできるであろうドライバーと初心者向け飛ぶドライバーを紹介しています。シャフトは、純正装着シャフトを装着されていることを前提として考えています。一般的な男性ゴルファーのヘッドスピード 40m/s前後のゴルファー向け...
飛ぶアイアンだからこそ飛距離バランスを整える
views 212
最近のアイアンはストロングロフトとなっており、もともと飛ぶということを謳い文句にしていたりもします。飛ばせることは悪いことではありませんが、飛び過ぎは良くないと思います。ましてや、グリーンを狙っていくクラブであるアイアンになると、必要以上に飛ぶということが邪魔をすることもあります。 最近のメー...
飛ばないと思ったら・・・ドライバーの劣化だった
views 530
先日のラウンドでドライバーがおかしいなと思っていました。 なぜか飛びません。 おかしなスイングになっているのか、腕にチカラが入っているのだろうかと悩みながらラウンドをしていました。打音もおかしい、打感の感触もおかしい、ヘッドが戻ってこない感じがする・・・不思議な感覚に捉われたままラウンド...
雨ゴルフの後のゴルフクラブ
views 538
雨ゴルフの後はゴルフクラブをしっかりと清掃して水分を拭いてあげないと大変なことになることもあります。大変なことになってしまったという人を見たことがありますが、短期間で錆だらけでした。 ゴルフクラブの特にはスチールシャフトを使用しているゴルフクラブは要注意ですね。雨の日にラウンドをしたのであ...
長いシャフトのドライバーの方が飛ぶ 長尺ドライバー
views 403
ドライバーのシャフトは長いほうが良いのかどうかということを考えたときに、私は長いほうが飛距離が出せると思っています。シャフトが短いドライバーは、それなりに振り回しやすいですし、ボールと自分の距離が近く感じますので、安心感があります。ドライバーよりもスプーンの方が打ちやすいというのは、シャフトが短いか...
鉛を張ってチューニング カウンターバランス
views 460
打ち方がおかしいと思ったから 手元側に鉛を張る ドライバーの手元側に鉛を張って気付いたこと カウンターバランスの効果 おすすめのウェイトバランス・鉛シール タバタ ウエイトバランスプレート タバタ シャフト専用鉛 ライト バランスダウン G-43 ゴルフのシャフトに鉛を貼るこ...
重いウェッジはザックリのもと
views 1182
昔はダイナミックゴールドのシャフトが刺さったウェッジとか使っていました。理由は単純で、ウェッジは重たい方が良いだろうと言われたからです。そして、雑誌などを読んでもウェッジはクラブの重さを使うから、重い方が良いというようなことが紹介されていたりして、それを鵜呑みにしていた時期でした。 ウェッ...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ