飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アイアンショットが上手くなる練習方法の紹介

更新:

アイアンショットが上手くなる練習方法の紹介です。ゴルフ練習場で実践できます。

 

アイアンの練習成果を考える

そもそも、ゴルフ練習場というのは打席が平らになっているので、とても打ちやすいです。そして、ボールを置くのは人工芝の上ですから、クラブヘッドが滑りやすくなっています。人工芝ですから、多少はダフっても滑ってくれるという利点があり、その利点が練習の成果を妨げているように感じます。アイアンもフェアウェイウッドも練習場では、高い確率でナイスショットが出来るのは人工芝のお陰でしょうね。

アイアンをクリーンに打つ

お上手な人はアイアンショットの練習を見ていると、クリーンに打てている良い音がします。アイアンのフェースがボールを綺麗にヒットした時の心地よい音がします。ドスン! とか バスン! という布団を叩いているような音がしているのはダフっていて人工芝を叩いている証拠でしょうね。ゴルフ練習場の人工芝マットの上からであれば3番ウッドも良く飛んでくれますからね。飛んでくれるというよりも、ソールが滑ってくれてボールにヒットしてくれているという感じですね。
アイアンでボールをクリーンに打つ練習

スポンサーリンク

アイアンショットの練習でダフってばかりいると体にも良くありません。ダフった時の衝撃を受け続けると、肘を痛めたり、首を痛めたりということにも成りかねません。

ということから、最近はティーアップしたボールをアイアンで打つという練習をしています。

 

ティーアップしたボールを打つ

ティーアップしたボールを打とうとすると自然とアッパーブローで打とうとしてしまうのですが、ダウンブローで打つイメージを持って、ボールだけをクリーンに打つ練習をしています。これが、かなり難しいです。少しでもコックが早く解けてしまうと、ダフリになりますから、ティーを打ってしまうことになります。慣れてくると、フェースがボールにヒットした後にスイングの最下点を迎えていることを感じることができるようになってきます。

ティーアップしてアイアンショット

 

人工芝マットの端を使う

ボールをティーアップしなくても人工芝マットの端にボールを置いて打つという練習も良いでしょうね。人工芝マットの端にボールを置いておき、クラブがボールにヒットした後に最下点を迎えるゾーンを低くしておくという考えですね。諸先輩方は、この方法を取り入れている人が多いように感じますね。

人工芝マットをズラす

 

ティーアップしたボールを打つ、人工芝マットの端を使う どちらが良いかというよりも、色々と試して実際に練習成果が出ることが大切ですからね。成果の出ない練習は意味がありませんから、練習するにもボールを打つだけではなく、ちょっとした工夫を取り入れていきたいですね。ゴルフ場で練習の成果を感じられない様な練習であれば無意味ですから。

日々、精進
がんばります

関連記事

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーを使ってみた感想... 先日、ラウンドでテーラーメイド オリジナルワンミニドライバーを使わせてもらいましたので、その感想・レビューを紹介します。 テーラーメイド オリジナルワ...
M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた... テーラーメイドの公式ネットショップでアイアンを買ってみましたので、流れを紹介します。 M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた テーラ...
タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ... タイトリスト TS1 ドライバーを打ちましたので、そのレビューをします。 タイトリスト TS1 ドライバー タイトリストの軽量ドライバー シャ...
ゴルフのための体幹トレーニングは間違い?... ゴルフスイングという動作が科学されて、どのような動作と筋力が必要なのか理解できてくると、体幹を鍛える、トレーニングするというのは違うということに気付きます。体幹...
ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日発売... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン