飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

傾斜のライでも適切なアドレスで適切なスイング軌道を描けるのか

練習場で打てて、ゴルフ場で打てないのは、緊張や慎重さもありますが、大きな要因としてはゴルフ場には傾斜があるということでしょうね。傾斜からのアドレスが適切ではないので、適切なスイング軌道になっていない。だからミスショットをするのだろうと思います。ゴルフ場でのミスの殆どは、これが原因であると感じています。

スポンサーリンク
 

傾斜があれば、傾斜に合わせたアドレスをして、しっかりとボールにコンタクトできるように打つことが求められます。言葉で説明するのは、簡単で、理論も判っていたりもします。

ゴルフ場でのショットで難しい理由のひとつには、傾斜があるからです。傾斜でのアドレスが少しでもズレていると、スイング軌道もズレてしまいます。私が最も苦手としているのは、左足下がり、爪先下がりのライです。これは、誰でも難しいと感じるライかもしれません。爪先下がりのライは、トラウマみたいになってしまって、ボールを前にアドレスをすると、どうやって打っていいのか判らなくなることもあります。それ程、爪先下がりには苦い思いがあり、怖いという恐怖心に支配されてしまうこともあります。

まずは、従来のアドレスから適切なスイング、適切なスイング最下点でショットができているか、どうかということがポイントとなってきます。

通常のアドレス / 適切なスイング軌道

適切なアドレスができていれば、スイング軌道も適切となり、ゴルフクラブがボールにコンタクトしてから、芝生に触れます。スイング軌道、スイングの最下点が適切であれば、自然とそのような打ち方ができます。結果、ターフが取れるようなショットとなります。

 

ボールを左足寄りに置いたアドレス

ボールを左足寄りに置いた場合、スイング最下点を過ぎてから、ゴルフクラブがボールにコンタクトすることになりますので、ボールの手前でダフリやすくなります。アイアンでトップしたり、ダフるのは殆どがボールの置く位置とスイング最下点の問題でしょう。

 

スポンサーリンク
 

 

傾斜のライから適切なスイング最下点

左足下がりのライからでも、ボールの置く位置が適切であれば、適切なスイング軌道で、ボールにコンタクトすることができます。左足下がりの傾斜では、いつもより少しだけボールを内側(右足寄り)に置くと良いという意味が分かります。上手な人は、左足下がりのライからでもしっかりとボールにコンタクトできているので、ボールが上がりますまし、インパクトで良い音がします。

 

傾斜のライから不適切なスイング最下点

左足下がりのライで、ボールの置く位置左足寄りにしている場合です。私の場合は、実はこれに当てはまります。ボールを左足寄りに置いていた方が打ちやすいというか、スイングが詰まった感がありません。左足下がりの傾斜では、気が付くとボールを左足寄りに置いてることが多いです。結果としてはボールの手前でクラブが芝生に接してしまうことから、弱々しくて低い弾道になってしまことが多々あります。はっきりいってダフってます。運が良くて、トップしてボールが前に進んでくれるという感じです。

スポンサーリンク
 

そもそも、傾斜からのショットは、アドレスが適切にできているのかどうかも怪しいものです。自分では、ボールを真ん中に置いてアドレスをしていると言っているものの、本当は大きくズレた位置にボールを置いている可能性もあります。ボールの頭を叩いてしまうのは、体幹が弱くて、身体が浮いているか、ヘッドアップになってしまって、スイングが上下している可能性があります。適切なアドレス、適切なボール位置を傾斜のライでも再現できるようにならないといけませんね。

ゴルフはアドレスが大切で、アドレスに始まりアドレスに終わると言われますが、傾斜で適切なアドレスをするのは、はっきりいって難しいです。平らなライでも、傾斜でも適切なアドレス、適切なスイング軌道、適切なスイング最下点を描けるにしなければ、思い通りにボールは運べないということですね。

もうすこし、傾斜からの打ち方を特訓したいと思います

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン