飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフ会員権 は 株高 に 影響される?

ゴルフ会員権は株高に影響されるかのように相場が上がるのではというお話がありました。ですが、ゴルフ会員権と株高はあまり関係無いように感じますね。

相場というものがあるとすれば、ゴルフ会員権の相場・・・つまり価格は安くなっているように感じます。それは、ゴルフというスポーツが誰もが楽しめるスポーツになってきたということが言えますね。一昔前までは、ゴルフといえばお金持ちのスポーツというイメージがありましたが、現在はそういった雰囲気は薄れてきたように感じます。昔は週末のゴルフラウンドフィーといえば、20,000円前後が当たり前だった記憶がありますけどね。昨今ではラウンドフィーもリーズナブルとなり、10,000円程でラウンドができるような時代ともなりました。

価格が下がるということは嬉しいことですが、価格が下がるというのはデフレの影響ではないかという見方も出来ます。ゴルフラウンドフィーだけではなく、価格が下がっている商品などは多いです。

ゴルフ会員権の相場が株高に影響されるのかどうかは私には判りません。ですが、私のゴルフ仲間からは、「あそこのゴルフ場は市内にあるから経済が上向くと会員権も騰がる」というような話を聞いたりもします。経済が上向くとゴルフ会員権の相場も騰がるということですね。それは、経済が上向くということは、お金を持っている人が増えてくるからという意味なのかもしれません。ですが、お金を持っているからといって必ずゴルフ会員権を欲しがるかというわけでもありません。

団塊の世代 2015年問題というのもありましたね。この問題の深い意味としては、1947年?1949年の間に生まれた人たちが、2012年から65歳という年齢となり、団塊の世代に生まれた人たち全員が2015年には年金給付対象になるということを問題視したお話しです。ある程度の年齢になればゴルフというスポーツから離れることもあるでしょうね。ゴルフから離れる理由としては体力的な問題、金銭的な問題もあると思います。なかには、当時500万円で購入したゴルフ会員権を100万円くらいで売却をしたというお話も聞きます。もうゴルフをしないのであればゴルフ会員権は不要だから、少しでも現金が欲しいという考えなのかもしれません。

スポンサーリンク  

ゴルフ会員権は、これからもっと安くなるんじゃないのかなと思ったりもします。ゴルフ会員権はゴルフ場を優先的に利用させてもらうための権利ですからね。ビジターよりも安くラウンドが出来るし、ビジターよりも優先的にラウンドが出来るということになります。なかには、ビジターを優先するゴルフ場というのも少なからずあるみたいですけどね。

ゴルフ会員権の中には、そのゴルフ場の株式を保有するという仕組みになっているところもありますね。つまり、株主になるということです。そういった場合には株高の影響を受けそうな印象はありますね。もしかしたら、外資系でゴルフ場を複数運営・経営しているような企業は上場をしていますから、そういった企業の株が騰がれば、ゴルフ会員権の相場も騰がるのかもしれませんね。

株式と同じ様に市場において時価で売買されるのがゴルフ会員権ですから、株取引と同じ様な見方をされており、株取引と結びつけて相場の変動が話題になるのかもしれないですね。

ただ、最近はゴルフ会員権を購入するという人は本当にゴルフが好きで、ゴルフを楽しみたい、ゴルフを上達したいという気持ちを持った人が多いように感じますね。ゴルフ会員権を買っておけば、数年後に高騰するだろという資産運用として考えている人は少ないのではないでしょうか。

ゴルフ場側としても既に活動されていない会員さんと連絡を取り、ゴルフ会員権を次の世代に受け継ぐための活動をしているところもあります。活動をされていない会員さんの場合は、年会費すら支払っていないこともあるみたいですね。場合によっては、企業なんかも名義変更をせずに放置されているゴルフ会員権を保有しているというところもあるみたいですね。つまり、社長がゴルフ会員権を持っていたけど、社長が交代した。となるとゴルフ会員権は名義変更料が必要となる。だから、費用を掛けたくないから、そのまま・・・ということですね。

スポンサーリンク
 

そういった目には見えないところで埋れてしまっているようなゴルフ会員権を掘り起こして、若い世代に引き継いでもらうということも良いのかもしれないですね。そういった、どこかに埋れてしまった会員権があるから、新たにゴルフ会員権を発券するというゴルフ場もありますね。預託金とかそういった複雑な仕組みではなくて、入会金と年会費のみとなっています。退会をしても返金はもちろんありません。スポーツクラブの会員になるようなイメージでしょうかね。そうなると、もっとゴルフというスポーツが活性化されるような気がしますけどね。活性化して人気スポーツなれば、自然とゴルフ会員権の相場も騰がってくるように感じますけどね。

ゴルフ会員権の相場は株高の影響というよりは、ゴルファーが少なくなっていることが影響しているように感じますね。

日々、精進
がんばります

 

ゴルフ会員権関連、他の記事

関連記事

ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン