飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ソールしない アドレス の ドライバーショット

ドライバーでティーショットをするときにアドレス時にソールをするか、ソールしない方が良いかというのは、たまにゴルフ仲間たちと議論する話題に上がってきます。

ドライバーショットは、ティーアップする

ティーショットではボールはティーアップをします。つまり、地面に接着しないようにボールを上げて置く事が出来ます。だからこそ、アッパーブローで打ちやすいということになります。

私はどちらかというと、ドライバーでのティーショットではソールをしないようにします。そうすることで、アドレスと同じ位置にドライバーのヘッドが戻ってくるという考えです。アドレス時にソールをせずに、少しだけヘッドを浮かしておくことで、インパクト時に同じ位置に戻ってくればクラブが綺麗にボールにヒットしてくれるだろうという考えです。

ソールしないアドレスのイメージ

 

ゴルフではアドレスしたところにクラブが戻ってくると一般的に言われています。アドレスの時と全く同じ場所にクラブを戻してくるのは難しいですし、全く同じ場所に戻ってくることはありません。ただ、漠然とですが、アドレスしたところにクラブは戻ってくるというイメージは持っています。

ということを考えるとドライバーショットでアドレスをするときにヘッドはソールさせない方が良いのでは・・・ということになります。ティーアップしたボールに対して、ドライバーのヘッドをソールした状態にすると、自然とフェースの上部にボールがヒットするような形となります。そのまま、スイングをしてクラブがアドレスをした場所に戻ってくるのであれば、テンプラになることは誰もが判ります。また、ソールをしているということは既にダフっているとゴルフレッスンの先生に言われたこともあります。これは、人それぞれ考え方がありますので、適切であるかどうかは判りません。

ですが、ゴルフスイングはアドレスをしたところに戻ってくる・・・そしてインパクトを迎える。ならば、アドレス時から適切な位置にクラブヘッドを置いておく方が良いだろうと思ったわけです。

なかにはトゥダウン現象のことを考えて、ソールをしないという人も居るみたいですね。たしかにドライバーの場合はシャフトの撓りが大きい場合もあるので、トゥダウン現象によりクラブの角度が変わってしまうこともあるかもしれませんね。

ただ、ボールを置く位置が左足側で、最下点がボールより少し手前・・・つまり右側であれば自然とアッパーブローになるはずです。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、次のページは、ソールするアドレスとソールしないアドレスの違い
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック)
views 903
ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思い...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ
views 222
中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シ...
飛距離は天性のモノなのだろうか
views 521
ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとス...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ?
views 211
飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつ...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される
views 333
ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。 ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ
views 224
先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありま...
飛ばない、曲がる、方向が悪い時はフォロースルーをチェック...
views 6
飛ばないし、曲がるし、方向が悪い時はフォロースルーをチェック フォロースルーとは ボールを直接打とうとするとフォロースルーが小さくなる フォロースルーを意識すると飛距離アップする フォロースルーで左腕を伸ばす、肘を伸ばす ウェッジもフォロースルーを意識する パターもフォロースルーを意...
長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか...
views 311
ソニーオープンinハワイでジャスティン・トーマスが優勝しました。その時の映像を録画しておいて、後から見ていました。解説の方が、とても興味深い表現をしていました。ジャスティン・トーマスのグリーンを狙ったアイアンショットの精度の高さを、長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか、よ...
重いウェッジはザックリのもと
views 1182
昔はダイナミックゴールドのシャフトが刺さったウェッジとか使っていました。理由は単純で、ウェッジは重たい方が良いだろうと言われたからです。そして、雑誌などを読んでもウェッジはクラブの重さを使うから、重い方が良いというようなことが紹介されていたりして、それを鵜呑みにしていた時期でした。 ウェッ...
1 2
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ