飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ドライバー は スライス と フックどちらが良いのか?

誰でも自分の持ち球というのがあると思います。フック持ちとかスライス持ちとか、ドライバーを打てばとりあえず左か右か、どちらかに飛んでいきます。間違えて真っ直ぐ飛んでくれるということもありますが。

私は自分の持ち球を把握するまでに時間を要しました。早いうちに自分の持ち球というものを把握していた方が、練習もしやすくなりますし、実際のラウンドでもゴルフがしやすくなります。

ドローを打とうとかフェードを打とうとか、特殊なことをしようとすると余計におかしなショットになってしまうことが多いように感じます。構えたら深く考えずに振りぬくというのが大切ですね。

基本的に私はスライサーです。そのスライスを少しでも、真っ直ぐにしようと努力をしています。スライスから真っ直ぐに飛ぶだけでも、飛距離アップになります。スライスすることで飛距離をロスしていますから。

持ち球のことを考えてみました。

ドライバーがフック

昔の私はフック持ちだと思っていました。たまに弱いフックが出るとドローを打てていると勘違いしていたこともありましたが、基本的にはフックです。フックがきつくなるとチーピンでした。

スライスさせたくないからフックにしたい、飛距離が出るからドロー(フック)にしたいという考えもあるのですが、実際にゴルフ場でラウンドをすると強いフックは危険です。左側が狭くなっていることもありますし、フックは強い弾道だったりすることもありますから、考えもしないところへ飛んでいってしまうことがあり、結果的にOBになったりしてしまいます。

ドローボールを打とうとか思っていながら、実は右腕にチカラが入ってしまって左側に押し出しているだけになっていた時期がありました。とんでもなチーピンばかりで、スコアになりませんでした。

ドライバーがスライス

フェードだと思い込んでいた私の弾道はスライスボールであり、典型的なスライサーです。少し左に飛び出して、スライスしてきます。スライスというのは飛距離が落ちますから、本当は真っ直ぐに飛ばせた方が良いです。ですが、スライスボールに慣れてくると、フックボールよりは安心ができます。

スライスボールというのは、打ち出す方向を間違えなければOBになりにくいと思います。もともとスライスするのですからフェアウェイを真っ直ぐ狙ってしまったらスライスしてOBの確率が高くなります。ですから、最初から少しだけ左を狙って打てば、スライスしてフェアウェイをキープできます。ただ、飛距離は落ちますが・・・飛んでいない分、OBになり難いとも言えます。見ていて安心できる弾道です。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

スライス と フックどちらが良いのか?

スライスとフックどちらが良いのか? 私はスライスの方が良いです。実際にスライスしか打てないというのもあります。スライスを打って、フェードだと勘違いしています。そんな勘違いも良い結果をもたらしてくれることもあります。ただ、飛距離が出ません。スライスボールの場合は、ミスショットしても助かることが多いです。というよりも、自分のスライスに慣れてしまったというのがあります。フェアウェイの左側を狙うようにアドレスをして、ティーショットをすればスライスしてフェアウェイにボールが残ってくれます。

逆に左に飛んでいったり、フックになると怖いなと思うことがあります。フックが出ると、心の中で 「しまった!」と思ってしまいます。フックボールというのは基本的に直進性の強いボールとなりますから、自分が意図していない方向へ向かってフックしてしまうと、ランは出ているし、大変なところまで転がってしまっていることがあります。これが、本当に嫌だなと思います。ただし、コントロールされたドローボールはしっかりとフェアウェイをキープしながらランも出せるのだと思います。

ただ、飛距離を求める場合は、やはりフックが良いでしょうね。ボールを捉まえて、強い弾道でランも多く出せます。私も飛距離アップは諦めていませんので、今のスライスボールを出来る限り真っ直ぐに近づけられるよう練習をしています。

スライスとか、フックとかというよりも、勘違いだけは避けたいですね。フェードだと思っていても、スライスボールだったりします。ドローだと思っていても、チーピンだったりします。自分の本当の持ち球というのを把握するということも大切ですね。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
ベン・ホーガンから学ぶ、適切なゴルフグリップの握り方
views 404
更新:2018年07月22日 ベン・ホーガンから学ぶ、適切なゴルフグリップの握り方 グリップが緩むとミスショットしやすい グリップ...
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと
views 279
ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますの...
スライスが出る場合、ドライバーを疑ってみる
views 205
どんな打ち方をしても、スライスが出るという場合は、今使ってるドライバーを疑ってみようという話です。ドライバーを買い替えたけど、スライスが増え...
ドライバーの苦手意識を克服する
views 303
ドライバーの苦手意識を克服する 目次 自信喪失が原因 練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない 苦手意識を克服する 技術向...
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離
views 148
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離 飛距離アップするために柔軟性が必要 ゴルフのストレッチと股関節の柔軟性 ゴルフのストレッチと肩甲骨...
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング
views 90
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング 下半身より手が使いやすいからゴルフで飛ばせない 下半身を鍛えておくことで、下半身から動かせ...
ゴルフスイングで力を入れる場所
views 202
更新:2018年07月23日 色々な打ち方、ゴルフ技術書を読んでみたけど、なかなか飛距離アップができない、手打ちになってしまう、ヘッドが加...
ベン・ホーガンの提唱するインパクトの形
views 196
フェースローテーション、アームローテーションは必要なのかどうかという話題は、昔ほど議論になることは、少なくなってきた感じがします。私は、ロー...
ゴルフスイングでクラブを加速させるタイミング
views 1315
ゴルフスイングでクラブを加速させることが出来れば、もうすこし飛距離が伸びるような気がしますので、クラブを加速させるタイミングや方法を追求中で...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ