飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバー は スライス と フックどちらが良いのか?

更新:

 

ドライバー は スライス と フックどちらが良いのか?

誰でも自分の持ち球というのがあると思います。フック持ちとかスライス持ちとか、ドライバーを打てばとりあえず左か右か、どちらかに飛んでいきます。間違えて真っ直ぐ飛んでくれるということもありますが。

私は自分の持ち球を把握するまでに時間を要しました。早いうちに自分の持ち球というものを把握していた方が、練習もしやすくなりますし、実際のラウンドでもゴルフがしやすくなります。

スポンサーリンク  

ドローを打とうとかフェードを打とうとか、特殊なことをしようとすると余計におかしなショットになってしまうことが多いように感じます。構えたら深く考えずに振りぬくというのが大切ですね。

基本的に私はスライサーです。そのスライスを少しでも、真っ直ぐにしようと努力をしています。スライスから真っ直ぐに飛ぶだけでも、飛距離アップになります。スライスすることで飛距離をロスしていますから。

持ち球のことを考えてみました。

 

 

ドライバーがフック

昔の私はフック持ちだと思っていました。たまに弱いフックが出るとドローを打てていると勘違いしていたこともありましたが、基本的にはフックです。フックがきつくなるとチーピンでした。

スライスさせたくないからフックにしたい、飛距離が出るからドロー(フック)にしたいという考えもあるのですが、実際にゴルフ場でラウンドをすると強いフックは危険です。左側が狭くなっていることもありますし、フックは強い弾道だったりすることもありますから、考えもしないところへ飛んでいってしまうことがあり、結果的にOBになったりしてしまいます。

ドローボールを打とうとか思っていながら、実は右腕にチカラが入ってしまって左側に押し出しているだけになっていた時期がありました。とんでもなチーピンばかりで、スコアになりませんでした。

フック系のボール
ドライバーショットの場合、フック系のボールが打てた方が飛距離アップできます。弾道が強いので、ボールがランディングしてからもランがでやすいので、キャリーとランで飛距離をかせぐことができます。

 

 

ドライバーがスライス

フェードだと思い込んでいた私の弾道はスライスボールであり、典型的なスライサーです。少し左に飛び出して、スライスしてきます。スライスというのは飛距離が落ちますから、本当は真っ直ぐに飛ばせた方が良いです。ですが、スライスボールに慣れてくると、フックボールよりは安心ができます。

スライスボールというのは、打ち出す方向を間違えなければOBになりにくいと思います。もともとスライスするのですからフェアウェイを真っ直ぐ狙ってしまったらスライスしてOBの確率が高くなります。ですから、最初から少しだけ左を狙って打てば、スライスしてフェアウェイをキープできます。ただ、飛距離は落ちますが・・・飛んでいない分、OBになり難いとも言えます。見ていて安心できる弾道です。

スライス系のボール
スライス系のボール、いわゆるフェードボールの場合、飛距離アップするのは難しいです。スライス系・フェード系は、どちらかということコントロールされたショットとなり、飛距離を出すよりも、ミスを抑えるためにコントロールして打つときに使われます。

 

 

スライス と フックどちらが良いのか?

スライスとフックどちらが良いのか? 私はスライスの方が良いです。実際にスライスしか打てないというのもあります。スライスを打って、フェードだと勘違いしています。そんな勘違いも良い結果をもたらしてくれることもあります。ただ、飛距離が出ません。スライスボールの場合は、ミスショットしても助かることが多いです。というよりも、自分のスライスに慣れてしまったというのがあります。フェアウェイの左側を狙うようにアドレスをして、ティーショットをすればスライスしてフェアウェイにボールが残ってくれます。

逆に左に飛んでいったり、フックになると怖いなと思うことがあります。フックが出ると、心の中で 「しまった!」と思ってしまいます。フックボールというのは基本的に直進性の強いボールとなりますから、自分が意図していない方向へ向かってフックしてしまうと、ランは出ているし、大変なところまで転がってしまっていることがあります。これが、本当に嫌だなと思います。ただし、コントロールされたドローボールはしっかりとフェアウェイをキープしながらランも出せるのだと思います。

ただ、飛距離を求める場合は、やはりフックが良いでしょうね。ボールを捉まえて、強い弾道でランも多く出せます。私も飛距離アップは諦めていませんので、今のスライスボールを出来る限り真っ直ぐに近づけられるよう練習をしています。

スライスとか、フックとかというよりも、勘違いだけは避けたいですね。フェードだと思っていても、スライスボールだったりします。ドローだと思っていても、チーピンだったりします。自分の本当の持ち球というのを把握するということも大切ですね。

叩けるゴルファー、ヘッドスピードが速いゴルファー

叩けるゴルファー、ヘッドスピードが速いゴルファーは、スライス系・フェード系の弾道を好む傾向があります。その理由は、ヘッドスピードが速いゴルファーは、ヘッドローテーションが強く入ってしまい、ボールを捉まえすぎてしまうことがあります。そういった場合、フック回転が強くなり、チーピンになってしまう可能性があるからです。左のミス、フック系のミス、チーピンを減らすために、スライス系・フェード系のボールを好むゴルファーは少なくありません。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング... ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
2019年4月 マスターズ開催 とうとう、2019年もマスターズ開催が近づいてきました。 本当に1年ってはやいですね 2019年 マスターズ開催予定日 2019年4月11日(木)~ ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン