飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバー は スライス と フックどちらが良いのか?

更新:

 

ドライバー は スライス と フックどちらが良いのか?

誰でも自分の持ち球というのがあると思います。フック持ちとかスライス持ちとか、ドライバーを打てばとりあえず左か右か、どちらかに飛んでいきます。間違えて真っ直ぐ飛んでくれるということもありますが。

私は自分の持ち球を把握するまでに時間を要しました。早いうちに自分の持ち球というものを把握していた方が、練習もしやすくなりますし、実際のラウンドでもゴルフがしやすくなります。

スポンサーリンク  

ドローを打とうとかフェードを打とうとか、特殊なことをしようとすると余計におかしなショットになってしまうことが多いように感じます。構えたら深く考えずに振りぬくというのが大切ですね。

基本的に私はスライサーです。そのスライスを少しでも、真っ直ぐにしようと努力をしています。スライスから真っ直ぐに飛ぶだけでも、飛距離アップになります。スライスすることで飛距離をロスしていますから。

持ち球のことを考えてみました。

 

 

ドライバーがフック

昔の私はフック持ちだと思っていました。たまに弱いフックが出るとドローを打てていると勘違いしていたこともありましたが、基本的にはフックです。フックがきつくなるとチーピンでした。

スライスさせたくないからフックにしたい、飛距離が出るからドロー(フック)にしたいという考えもあるのですが、実際にゴルフ場でラウンドをすると強いフックは危険です。左側が狭くなっていることもありますし、フックは強い弾道だったりすることもありますから、考えもしないところへ飛んでいってしまうことがあり、結果的にOBになったりしてしまいます。

ドローボールを打とうとか思っていながら、実は右腕にチカラが入ってしまって左側に押し出しているだけになっていた時期がありました。とんでもなチーピンばかりで、スコアになりませんでした。

フック系のボール
ドライバーショットの場合、フック系のボールが打てた方が飛距離アップできます。弾道が強いので、ボールがランディングしてからもランがでやすいので、キャリーとランで飛距離をかせぐことができます。

 

 

ドライバーがスライス

フェードだと思い込んでいた私の弾道はスライスボールであり、典型的なスライサーです。少し左に飛び出して、スライスしてきます。スライスというのは飛距離が落ちますから、本当は真っ直ぐに飛ばせた方が良いです。ですが、スライスボールに慣れてくると、フックボールよりは安心ができます。

スライスボールというのは、打ち出す方向を間違えなければOBになりにくいと思います。もともとスライスするのですからフェアウェイを真っ直ぐ狙ってしまったらスライスしてOBの確率が高くなります。ですから、最初から少しだけ左を狙って打てば、スライスしてフェアウェイをキープできます。ただ、飛距離は落ちますが・・・飛んでいない分、OBになり難いとも言えます。見ていて安心できる弾道です。

スライス系のボール
スライス系のボール、いわゆるフェードボールの場合、飛距離アップするのは難しいです。スライス系・フェード系は、どちらかということコントロールされたショットとなり、飛距離を出すよりも、ミスを抑えるためにコントロールして打つときに使われます。

 

 

スライス と フックどちらが良いのか?

スライスとフックどちらが良いのか? 私はスライスの方が良いです。実際にスライスしか打てないというのもあります。スライスを打って、フェードだと勘違いしています。そんな勘違いも良い結果をもたらしてくれることもあります。ただ、飛距離が出ません。スライスボールの場合は、ミスショットしても助かることが多いです。というよりも、自分のスライスに慣れてしまったというのがあります。フェアウェイの左側を狙うようにアドレスをして、ティーショットをすればスライスしてフェアウェイにボールが残ってくれます。

逆に左に飛んでいったり、フックになると怖いなと思うことがあります。フックが出ると、心の中で 「しまった!」と思ってしまいます。フックボールというのは基本的に直進性の強いボールとなりますから、自分が意図していない方向へ向かってフックしてしまうと、ランは出ているし、大変なところまで転がってしまっていることがあります。これが、本当に嫌だなと思います。ただし、コントロールされたドローボールはしっかりとフェアウェイをキープしながらランも出せるのだと思います。

ただ、飛距離を求める場合は、やはりフックが良いでしょうね。ボールを捉まえて、強い弾道でランも多く出せます。私も飛距離アップは諦めていませんので、今のスライスボールを出来る限り真っ直ぐに近づけられるよう練習をしています。

スライスとか、フックとかというよりも、勘違いだけは避けたいですね。フェードだと思っていても、スライスボールだったりします。ドローだと思っていても、チーピンだったりします。自分の本当の持ち球というのを把握するということも大切ですね。

叩けるゴルファー、ヘッドスピードが速いゴルファー

叩けるゴルファー、ヘッドスピードが速いゴルファーは、スライス系・フェード系の弾道を好む傾向があります。その理由は、ヘッドスピードが速いゴルファーは、ヘッドローテーションが強く入ってしまい、ボールを捉まえすぎてしまうことがあります。そういった場合、フック回転が強くなり、チーピンになってしまう可能性があるからです。左のミス、フック系のミス、チーピンを減らすために、スライス系・フェード系のボールを好むゴルファーは少なくありません。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン