飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

石川遼のヘッドスピード・飛距離・ミート率など

 

2017年 石川遼のヘッドスピード、飛距離など

とうとう、アメリカの出場権を失ってしまった、石川遼。不調が続いていた石川遼選手の2017年STATSは、以下の通りとなります。平均飛距離が著しく落ちています。ヘッドスピードが速いとか遅いとかではなくて、飛ばせているものの、ボールが曲がることが多かったということが推測できます。フェアウェイキープ率は、51.92%となっており、とても良いとは言い切れない状態です。

これからは、日本のツアーを中心に頑張るそうです。アメリカの出場権を失う直前のSTATSは以下の通りとなります。それほど、悪い感じはしません。ただ、ヘッドスピードの割には、飛距離が出てないので、曲げてしまって飛距離をロスしているというのが想像できます。

PGAツアーサイトより

  • DRIVING DISTANCE:288.8
  • CLUB HEAD SPEED:116.70
  • Smash Factor:1.456
メートル毎秒に変換

  • ドライビングディスタンス平均:288.8ヤード
  • ヘッドスピード:52.16m/s
  • ミート率平均:1.456
  • ボールスピード:75.94496m/s

 

 

石川遼の2016年 STATS

先日、ブログに書いたのですが、石川遼選手がリッキー・ファウラーとの組み合わせで気付いたことをテレビで述べていましたし、自分自身がドライバー不調で悩んでしまってミスを恐れていたとか言っておりました。

ですが、PGATOUR の 2016年のSTATSを見ると、リッキー・ファウラーよりも石川遼選手の方が平均飛距離は飛んでいるんですよね。2016年は始まったばかりで取得したデータも少ないとは思いますから、これからSTATSの数値は大きく変動するだろうとは思います。今現在は石川遼平均飛距離 306.2ヤードです。ちなみに、リッキー・ファウラーは298.1ヤードです。

飛ばせば良いというわけではないのですが、遠くに飛ばせているということは、自信を持ってスイングをしているんだろうなということを感じさせてくれます。こういったSTATSからも石川遼は去年とは違う・・・というのを感じ取ることが出来ますね。

石川遼のSTATSを調べてみましたので記載しておきます。ざっくりと抜粋をさせて頂いて下記のような数値となります。 Ryo Ishikawa STATS 【 pgatour.com 】

PGATOUR STATAばっすい

  • DRIVING DISTANCE 306.2
  • CLUB HEAD SPEED 114.32
  • Ryo Ishikawa SmashFactor 1.473

上述した数値を元にヘッドスピードはマイル mph から m/sに変換して算出をします。ヘッドスピードが判ればボール初速も計算をして算出をすることが出来ます。

スポンサーリンク  

それよりも、飛距離が306.2ヤードということで去年2015年よりも飛距離が出ているように感じますけどね。というのも、DRIVING DISTANCE はドライバーでのショット、4番ウッドでのショットなどが含まれています。2015年の DRIVING DISTANCE 289.2ヤードでした。これは、きっとティーショットでスプーン、4番ウッド、ロングアイアンなどを使用していたというのが見えてきます。2016年始まったばかりですが、平均306.2ヤード飛ばしているということは、殆どドライバーを使用しているんだろうなという事が見えてきます。

 

 

石川遼の飛距離・ヘッドスピード・ミート率・ボール初速

ヘッドスピード、ミート率が判れば、ボール初速を計算することができます。ボール初速の計算式は下記。

ボール初速 計算式
ヘッドスピード × ミート率 = ボール初速
  • ドライビングディスタンス平均 306.2ヤード
  • クラブヘッドスピード平均 114.32 mph( 51.10m/s )
  • ミート率平均:1.473
  • ボール初速:75.2073m/s

上述した数値を見ていると、とても良い数字だと思うんですけどね。ジョーダン・スピースと比べてミート率は劣りますが、その他はとても良いのではないかと思います。もちろん、上述した数値意外にストローク数、パーオン率、バンカーセーブ率などなどの数値が絡み合って、そのゴルファーのSTATSが形成されていくのですが、あとはショットの精度、パットの精度というところなのでしょうかね。もちろんティーショットであればフェアウェイキープ率も大切な要素となってきますけどね。

スポンサーリンク
 

ドライバーで悩んでいたと言う割には素晴らしい数値になっていると思います。飛距離が出ていて、ヘッドスピードが速くて、ミート率が良ければ勝てるというわけではありませんからね。

ちなみにフェアウェキープ率、パーオン率は以下の通りです

  • DRIVING ACCURACY PERCENTAGE 【 フェアウェイキープ率 】 49.45%
  • GREENS IN REGULATION PERCENTAGE 【 パーオン率 】 64.96%

フェアウェキープ率、パーオン率は、あまり良いとは言えませんね。精度を高めなければいけないのかもしれませんね。ただ、飛ばすだけではなく、自分の想い描いたところにボールを運ぶということが出来ていないという感じでしょうか。

とにかく2016年頑張って欲しいですね。
絶対に海外でも勝てるはず!

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン