飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

歴代ゼクシオ 5モデル ドライバー 比較紹介

スポンサーリンク

新・ゼクシオ(6代目)、ゼクシオ7(7代目)、ゼクシオ8(8代目)、ゼクシオ9(9代目)、ゼクシオ10(10代目)の比較紹介です。ゼクシオといえば、シニアドライバーのイメージが強いですが、必ずしもそうだとは言えません。ある程度のスイングパワーのある女性ゴルファーでも使えるスペックとなっています。

ゼクシオは、基本的にシャローフェース、深重心となっており、高弾道が打ちやすくなっています。また、シャフトが無駄にハードになっていないということもあり、日本人ゴルファーの体型、パワーに合わせたスペックとなっています。

また、他メーカーと異なるのは、ドライバーヘッドも、シャフトも自社で開発していることから、ヘッドとシャフトのマッチングがとても良くできており、ドライバーヘッドの性能を十分に引き出すことができる構造となっています。

エクシオ セブン、エイト、ナイン、テンの紹介、シャフトスペック紹介。純正装着シャフトのみをばっすいしました。ゼクシオテンが発売されて、古いモデルが中古市場でも購入しやすい価格となってきました。中古モデルを購入するときの参考にしてください。

ゼクシオは、根強い人気があります。打ち易くて、心地よい打感と打音。最近の最新モデルのドライバーでは、感じられないゴルフクラブらしさを感じます。

新・ゼクシオ ドライバー(2010年モデル)(6代目ゼクシオ)
46インチのシャフトで飛ばせるゼクシオ
ゼクシオ エイト(2014年モデル)(8代目ゼクシオ)
捉まり重視のゼクシオ。全体的なバランスがGOOD!
ゼクシオ ナイン(2016年モデル)(9代目ゼクシオ)
手元重心のシャフトでタメを作って打てるゼクシオ
ゼクシオ テン(2018年モデル)(10代目ゼクシオ)
長いシャフト+ハンマーバランスで飛ばせる
本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー
ゼクシオを使うのであれば、本間ゴルフのビジール535ドライバーを使ってみるというのも良いです。ビジールは、アベレージ向けのドライバーとして登場しましたが、捉まりが良いし、構えやすいですし、弾きも良いので、どちらかというと上級者向けですね。ゼクシオが好きな、ベテランゴルファーでも気に入ると思います。
本間ゴルフ ビジール 比較 | Be ZEAL 535 / 525 ドライバー比較

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、新・ゼクシオ ドライバー 2010年モデル(6代目ゼクシオ)
1 2 3 4 5 6 7 8
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン