飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゼクシオ 11(イレブン)ドライバー | 2019年12月7日発売予定

 

ゼクシオ イレブン ドライバー 発売日

2019年12月7日発売予定

ゼクシオ イレブン ドライバーの紹介

ソールの写真を見るだけでも、今までのゼクシオドライバーから大きく進化してきている雰囲気が伝わってきます。ヘッド後方にウェイトが配置されており、深重心で慣性モーメントが高くなっており、ヘッドがスクエアに戻りやすくて、直進性が高くなってます。

ヘッドクラウンは今までのゼクシオドライバーと同じように青色ヘッドとなっています。

スポンサーリンク

フェース面にはミーリングが施されており、シャロー形状でスイートエリア近くでインパクトしやすい形状となっています。

ウェイトプラステクノロジー( Weight Plus Technology )

新開発シリコンラバーブッシュという金属と樹脂混合ウェイトがグリップエンド内部に装着されています。簡単に言ってしまえば、カウンターバランスです。手元重心化を図って、スイング中のブレを防いで、毎回同じ軌道でスイングができるようにしようという試みです。

カウンターバランスにすることで、無駄なレイドオフなどトップスイングでの軌道のズレやゴルフクラブの位置がズレることを予防できます。

手元側を重くすることで、ゴルフクラブ全体が重くなったような感覚となるので、ヘッドだけが重いとか、手元側だけが重いとか、重心が偏ってしまうことを防げるので、スムーズなスイングで打ちやすくなるという理論でしょう。

標準装着されるシャフトもウェイトプラステクノロジーが活かされるように、手元側を軽量化した特殊なシャフトが装着されます。

スポンサーリンク

これにより、重いヘッド+軽いシャフト+重いグリップエンドという図式が成り立ち、テコの原理を利用してヘッドを支えながらも加速させることができるという設計になっています。

つまり、ドライバーヘッド、シャフト、グリップのバランスが最適化されたドライバーと言えます。自社内でドライバーヘッド、シャフト、グリップ全てを設計から製造まで手掛けているからこそ、実現できたとも言えます。

上述した内容から、ゼクシオ イレブン ドライバーは使うだけで、ヘッドスピードを速くして、飛距離アップが望めるドライバーであると言えます。

スイング中のブレ

スイング中のブレというのは、飛距離を抑えようとか、コントロールしようとすると、けっこうブレやすくなります。それは、トップスイングでゴルフクラブが倒れやすくなるからです。クラブが倒れて、適切な軌道でスイングし難くなってしまってミスショットとなります。このようなスイング中のブレから起きるミスショットを軽減させてくれます。

ゼクシオ独自のフラットカップフェースという新しい技術をフェース面に採用しており、フェース中央を肉薄化しており、反発力を高めています。

ウェイトプラステクノロジー、フラットカップフェースが新しいベース技術となっており、ゼクシオ エックス ドライバーはヘッドにカーボン素材を使用しており、もう少しパワーのあるゴルファー向けで、飛び性能の高いドライバーとなってます。

飛びのパワーポジションが決定されれば飛ばせる

ウェイトプラステクノロジー( Weight Plus Technology )により飛びのパワーポジションが決定されれば飛ばせます。その理屈としては、カウンターバランスとなっているので、手元側が身体の近くを通りやすくなります。すると、手元側とヘッド側に回転差を作ることができますし、ヘッドスピードを速くすることができるからです。

ゼクシオ 11(イレブン)ドライバー 基本スペック

  • ヘッド体積:460cm3
  • 装着シャフト:Miyazaki Waena(S・SR・R・R2)
  • ロフト角:9.5度・10.5度・11.5度
  • 長さ:45.75インチ
  • 対象ヘッドスピード:36m/s~40m/s

ゼクシオ MP1100 カーボンシャフト スペック

キックポイントは、中調子となっています。
フレックスRでクラブ総重量約280グラムとなっており、かなり軽量なドライバーとなります。

フレックス S SR R R2
シャフト重さ 42 40 37 37
トルク 6.4 6.4 6.5 6.6

ゼクシオ 11(イレブン)ドライバー 購入

準備中

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン