飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

6インチプレース ボールを動かしてもOK

更新:

 

6インチプレース ボールを動かしても良い

6インチプレース ボールを動かしても良いとというルールがあります。特にプライベートコンペなどで適用されることが多いです。

フェアウェイのディポットにボールがつかまったときなどは6インチOKですよね?と言いながら、おもむろにボールを拾い上げてボールの位置を打ちやすい場所に移動させたりする人も居ます。ルールなんですけど、やはりゴルフはノータッチでいきたいなと私は思っています。

6インチプレースOKというコンペに参加をして、私のボールがディボットにつかまったりなんかしている時に、同じ組の人が後ろから6インチOKだからボール動かせますから大丈夫ですよと声をかけてもらったりもします。

ですが、私は・・・大丈夫ですよ。このまま打ちますからと言って、ボールが置かれたまま、そのままの状態で打つようにしています。

ライが悪かろうと、ディボットにつかまっていようとも、その場所にボールを運んだのは自分なのですから。そのままの状態でナイスショットができなければ、ゴルフじゃないと思っている自分が居るのだと思います。それが良いのか悪いのかどうかは分かりませんが。

スポンサーリンク

林の中にボールを打ち込んでしまって、木の根っ子にボールが置かれてしまったときに、どうにも打てないと思ったら・・・ちょっとボールを動かしても良い?と言う人も居ます。プライベートですし、競技のようにシビアにやらなくても良いという気持ちがあるのだと思います。

私は、良いですよと答えます。

でも、プラベートコンペ、練習ラウンドであったとしても、シビアにゴルフをしたほうが実戦でトラブルが発生をしたときに適切な判断で処理ができる能力が身につくと思うんですけどね。

ティーショットで林にボールを打ち込んでしまってボールが木の根っこに行ってしまった。そして、木の根っ子からボールを出して1打、それでもフェアウェイに出せないからもう1打でフェアウェイに出せた。そして、グリーンを狙うショットが4打目。そして2パットか3パット・・・PAR4であればダブルボギーか、トリプルボギー。

よくあることだと思います。

そういった悲惨な状況に陥っても仕方がないですからね。

スルーザグリーン6インチプレースのやり方

カップに近づけることなく、ボールの置かれた位置から、左右に6インチ、後方に6インチ移動させることができます。

スルーザグリーンとは、ティーグランドからグリーンまでスルー(通し)したときに、全てのハザードを除いた箇所です。簡単に言ってしまえば、フェアウェイとラフです。ゴルフコースのローカル・ルールによっては、林の中も6インチプレース可能領域となっていることもありますし、ラフ内は6インチプレースできないという場合もあります。この辺りは、ローカルルールに則ってください。

スポンサーリンク

6インチプレースの6インチはどれくらいか

6インチ=15.24センチメートルです。ですから、6インチというのは、けっこう短い距離です。距離というよりは、ゴルフボールを少しだけ移動できるという感じの距離です。

スロープレー予防のために6インチプレースが増えた

最近では、スロープレー予防のために6インチプレースがローカルルールに追加されているゴルフ場も増えてきました。そして、スコアカードに6インチ(15.24センチ)の定規が印刷されており、スコアカードをあてがうことで、6インチの距離を知ることもできるようになっていることもあります。

6インチOKと言われたら

6インチOKというコンペに参加した場合、スルーザグリーン6インチプレースが適用されることが殆どです。

競技志向のゴルファーは6インチプレースしない

もともと、競技志向のゴルファーは、ノータッチでゴルフをする人が多いです。6インチなんてあってもなくても、どんな状況であっても、あるがまま打つというストイックなゴルファーも居ます。

ゴルフ初心者こそスルーザグリーン6インチOKがあれば優しい

もともとゴルフというスポーツはボールをゴルフクラブで打って、ボールを目的の場所に運びながら、最終的には4.25インチ(約108mm)のカップに如何に少ない打数でボールを入れるかというスポーツです。手で拾い上げるというのは、なんとも心苦しいというか、胸が痛くなるような感じがしてしまいます。綺麗事をいうわけではありませんが、本当にそういった気持ちになります。

そもそも6インチは、15.24センチくらいです。カップが4.25インチですから・・・最終的にボールを入れるカップの幅よりも大きく動かせるなんていうのも、なんだかなと思ったりもします。

ゴルフをやり始めたばかりのゴルファーであれば、6インチOKがあれば優しいかもしれませんが、ゴルフをやり始めたばかりだからこそ、6インチOKのなんたるかを知ってもらうために、6インチOK無しでラウンドをしてもらった方が良いのではないかと思うこともあります。

6インチプレース ボールを動かしても良いというルールがあり、そのルールで助けられるゴルファーも居ます。スポーツはルールがありますし、特にゴルフというスポーツはルールがあるからこそ、助けられることもありますからね。

日々、精進
がんばります

関連記事

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーを使ってみた感想... 先日、ラウンドでテーラーメイド オリジナルワンミニドライバーを使わせてもらいましたので、その感想・レビューを紹介します。 テーラーメイド オリジナルワ...
M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた... テーラーメイドの公式ネットショップでアイアンを買ってみましたので、流れを紹介します。 M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた テーラ...
タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ... タイトリスト TS1 ドライバーを打ちましたので、そのレビューをします。 タイトリスト TS1 ドライバー タイトリストの軽量ドライバー シャ...
ゴルフのための体幹トレーニングは間違い?... ゴルフスイングという動作が科学されて、どのような動作と筋力が必要なのか理解できてくると、体幹を鍛える、トレーニングするというのは違うということに気付きます。体幹...
ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日発売... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン