飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アドレスの時ってどこを見てる? ボールを見てる?

アドレスの時ってどこを見ていますか? ボールを見ていますか? それともクラブフェース、それともクラブのヘッドですか。アドレスをした時の視点というのは、人それぞれだと思います。そして、アドレスで一箇所を見たままテイクバックに入り、インパクトまで見続けているという人も居ます。

スポンサーリンク
 

ボールを凝視して見続けるという時期は、とっくの昔に終えているのですが、たまに自分の視点が定まらないことがあったりします。そういった時には私はクラブヘッド寄りのシャフトを見るようにしています。ホーゼルの辺りを見るようにしています。そうすると、ボールとゴルフクラブのヘッドは視界に入っているけど、ぼんやりとしか見えない状態なのですが、このボンヤリと見てるというのが、なかなか良い感覚でスイングが出来ます。

ボールを見ないで、シャフトを見る

石川遼プロは、数年前に放映されていたテレビ番組 石川遼リスペクトでは、ボールを見ない、シャフトの中間辺りを見ているから、ボールはぼんやりとしか見ていないというようなことを言っていました。

そして、シャフトを振って、シャフトが通り抜けるところにボールが置いてあるからクラブがボールにヒットするというようなことも言っていました。ちょっとした言葉なのですが、とてもタメになるヒントが詰まっている言葉だと思います。

スポンサーリンク
 

ですが、シャフトを見ていると言っても、テイクバックで後方にシャフトが引かれていくシャフトに視線を併せて、顔まで後ろを向いてしまうというのは避けなければいけませんね。この動きは一度クセになると、なかなか治らなくなるようですから要注意です。

石川遼プロが言う シャフトを見ているというのは、ボールをクラブで直接打とうとしているか、シャフトが通り抜ける途中にボールが置いてあるからクラブがボールにヒットするという考えなのかの違いなんだと思います。

シャフトが通り抜ける途中にボールが置いてあるからこそ、自然と振りぬくことが出来ます。そして、スイングで最大のエネルギーを放出するのが、ボールよりも先になります。

ボールを見るアドレスからのスイング

何も考えずにアドレスをすると、ボールとクラブヘッドが視界に入ってきますし、今からボールを打つのですから、ボールを見てアドレスをしてしまいます。

ですが、ボールを見続けると、ボールを狙って打とうとしてしまいますので、スイングの最終的な目的地がボールの置いてあるところになってしまうと思います。ですから、スイングでは右側でゴルフクラブが空気を切る音がしてしまうのだろうと思います。

ゴルフスイングの最終的な目的地というのは、振りぬいてからゴルフクラブを抱え上げてフィニッシュが出来るところです。

ドライバーでダフったり、天ぷらになる場合なんかは、もしかしたらボールを凝視し過ぎて、自然と自分のチカラで打ちに行ってしまっているのだろうと思います。もちろん視線だけの問題ではなく、スイング自体の問題だったりすることもあると思います。

スポンサーリンク
 

人間の身体は不思議なところがあって、目で見た方向へ進みやすいですし、目で見たものに対してタイミングを合わせたりすることが得意です。だからこそ、アドレスでの視点、スイング中の視点は大切なのではと思ったりもします。

あまり考えすぎると、適切なスイングが出来なくなってしまいそうなので、深く考えない方が良いかもしれないですね。ボールを見る、ボールを見ないというのは、人それぞれだと思いますので、アドレスしやすくて打ちやすい視線を見つけられると良いですね。

日々、精進がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン