ヘッドスピード43m/sで290ヤード飛ぶというドライバー

ヨネックスがすごいドライバーを発表しましたね。ヘッドスピード43m/sで290ヤード飛ぶ!?とても興味深いキャッチですね。低スピンで飛ばすとか重ヘッドで飛ばすというような謳い文句は今までに何度か目にしたことがありましたが、実際のところの自分のスピン量とかヘッドの重さがどのような影響を及ぼしているのかが判断できなかったというのはあります。

スポンサーリンク
 

ですが、今回のヨネックスは分かりやすいですね。ヘッドスピードを基準として飛距離をアピールしていますから。もし自分のヘッドスピードが40m/sだったら・・・それでも260ヤード前後は飛ぶのかな・・・とか勝手な妄想をしてしまいそうなキャッチですね。

EZONE XPGシリーズ 特徴

  • 低重心・低スピン
  • ヘッド体積460cc・ディープフェース・シャローバック形状
  • 低重心の重ヘッドで、低スピンのパワーボールでもっと飛ばせる
  • ワイドスウィートエリアで、オフセンターに当たっても飛距離ロスが少ない
  • 超高弾性カーボンシャフトで方向性安定

 

製品特徴

  • カーボン複合
  • 低重心
  • 重ヘッド
  • 超高弾性カーボンシャフト

[EZONE XPGシリーズ]事実。ヘッドスピード43m/sで290ヤード飛んだ。 YONEX×GDOスペシャル動画

上の動画に登場するゴルファーのヘッドスピード42.7m/s キャリー189ヤード 転がり22ヤード・・・と計測データが表示されますが、胸が痛くなるほど真実に近いデータなんだろうなと思いました。アマチュアゴルファー3人が登場しますが、それぞれ今現在のヘッドスピードと飛距離がデータとして表示されます。そのデータはとても参考になります。そして、EZONE XPGドライバーを打つと・・・とんでもない飛距離を飛ばします。本当に飛ぶのだろうか? 試打クラブがあれば私も打ってみたいですね。相変わらず金谷多一郎さんは素敵ですね。柔和で知的な雰囲気が大好きですね。

EZONE XPGドライバーは低重心、低スピン、ディープフェースでシャローバック、重ヘッドという特徴があるようですが、ヘッドの性能ではなくてシャフトに飛ばしの秘密が隠されているのかもしれませんね。もともとヨネックスさんはカーボンを取り扱うことが上手ですからね。

飛ぶならば・・・欲しいな・・・試打すると買ってしまいそうな自分が怖いですね

ヨネックス EZONE XPG ドライバー 【 スペック詳細・価格 】

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
テーラーメイドM2ドライバーは好感触?... NIKE(ナイキ)が、ゴルフクラブの製造販売から撤退するというのは、以前から知られていることです。そして、NIKE(ナイキ)に所属しているプロゴルファーが、次に使うクラブを探しているのだろうというのは推測できます。その中...
ドライバーの飛距離がハンディとなる... ドライバーの精度がハンディとなるという記事を書いたのですが、私はドライバーの飛距離がハンディとなると考えているタイプのゴルファーです。やはり飛距離はあった方が良いと思います。 飛距離アップをしたい、飛距離を伸ばした...
スリクソン 新Z65シリーズの試打 SRIXON が 新Z65シリーズを発表しました。今回は Z565、Z765 というラインナップになるようです。Z565は既に松山英樹選手が試合でも使っているとのことで、良い感触であると発言をしていました。 ちなみ...
飛ぶドライバーの要素 【 反発係数の高いドライバー 】... やはり年齢と共に体力が減退しているからなのか、ドライバーの飛距離が少し落ちてきたように感じます。飛距離が落ちてきたというよりは、最近の大きな悩みである深い捻転が出来なくなってきたから、飛距離が落ちたのだろうと思います。飛...
アイアンのソケット抜け 夏が終った秋頃とかってアイアンのソケット抜けとか多くないですか? そんなことになるのは私だけかもしれませんね。私は今まで使っていたアイアンのソケットが浮いてきたり、抜けかける時期は秋頃から気温が下がってくる冬が多いなと勝...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ