飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

身体の捻転 肩を入れる誤解

スポンサーリンク

ゴルフというスポーツは身体を捻転させます。その捻転具合を左の肩がアゴの下に入れるとか、右肩を引っ張るとか、色々な言葉で表現をします。私が以前に陥ったことのある誤解としては、左の肩をアゴに入れるです。

肩はアゴの下に入っているのですが、身体が捻転をしていない状態となっていたのです。つまり、肩だけが回転しているというか、上半身だけを捻転させようとしていたという、悲惨な状態でした。上半身だけが捻転しているので下半身のパワーがまったく伝わらない非力なスイングとなってしまいます。

本当ならば、腰、腹部、胸、そして肩が捻転しなければいけません。捻り戻すときには脚力で蹴ることが大切ですね。なかなか、こういったことに気付くまでに時間を要するものです。

肩をアゴの下に入れるということだけを考えて捻転をさせると、上半身だけが捻転している形となります。下半身は捻転(回転)をしないので、おへそ も お腹も腰も正面を向いたままとなっています。自分自身では肩がアゴの下に入っているので、強烈な捻転が生まれていると思ってしまう誤解。捻転が出来ていると思っているけど、捻転が出来ていないので、捻り戻りのパワーはあまりないので、結局は手打ちのようになってしまう。

左肩をアゴに入れる
左肩ばかりに意識が向いてしまうと、肩を上げてアゴの下に入れるだけで、捻転していると勘違いしてしまいます。身体全体を捻じることが必要です。ですから、右肩は後頭部側、頭の真後ろまで回転しますし、胸とヘソは飛球線とは真逆方向へ向きます。

対応策

私がとった改善策としては、おへそ お腹を右に向けるというイメージで捻転をするようにしています。すると、自然と肩がアゴの下に入るか、肩がアゴに触れるようになります。捻転したときに本当に捻転が出来ているのかを自分の感覚でチェックするようにしています。また、左足の踵が少し浮くようにしています。

適切な捻転、肩をアゴの下に入れる

 

捻転をするときに気を付けていること
(1) おへそを右に向ける
(2) お腹を右に向ける
(3) 胸を右に向ける
(4) 股関節に圧を感じる

両足の内側にチカラを入れて股関節の間で身体を回転をするという感覚を持つようにしています。肩がアゴの下に入れるのではなくて、自然と肩がアゴの下に入ってきます。

関連記事
上半身と下半身の捻転差をつくるコツというページもありますので、併せて読んでみて下さい。
捻転差をつくるコツ! 胸は後ろ・背中を正面

日々、精進
がんばります

 

スイングに悩んだら、ゴルフテック

スイング分析により、自分のスイングの修正点を抽出して修正をするので、不毛なゴルフレッスンを受けなくても良いです。ゴルフテックは、ゴルフスイングのPDCAサイクル・メソッドで、短期間上達ができます。

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン