ウェッジ2本? ウェッジ3本? もしかして1本

ウェッジは2本が良いのか、3本が良いのか、それとも4本が良いのか? 色々と試行錯誤をしていた時期がありました。ウェッジが多いと、様々な場面で助けられることもありますが、様々な悩みを誘発させる原因にもなっていたのは事実です。

スポンサーリンク
 

ウェッジのロフトはどのようにしたらよいのか、ロフトは何度が良いのだろうかなどなど色々と考えてしまい、迷っていた時期がありました。ゴルフレッスンの先生にアドバイスを仰いだところ、ウェッジ1本で良いのでは?とのことでした。

なるほど~ウェッジ1本か・・・すごい発想だなと思いました。

ウェッジ1本というのはピッチングウェッジ45度の次に54度のウェッジ1本ということになります。

不安だけど、ウェッジ1本にしてみようということで、ウェッジ1本体勢でラウンドを何度かしてみました。私は、それほどウェッジを上手に操ることが出来ないので、今年の3月頃からはピッチングウェッジ45度と、その下は54度のウェッジ1本のみでラウンドをしています。

今はウェッジ1本にして良かったと感じています。

理由としては、グリーン周りは8番アイアン、9番アイアン、PWで転がすことを基本に考えているのと、複数のウェッジがあると迷ってしまうからです。バンカーも54度のウェッジでこなしています。今のところアゴの高いバンカー、砂が柔らかいバンカーなどでも問題はありません。54度のウェッジでもフェイス面を開いてあげれば、ハイロフトになりますから。

そして、ウェッジ1本にしたことで気付いたことといえば、今までのグリーン周りの処理に無駄が多かったということに気付きました。グリーン上でボールを止めたいという気持ちがあるから、ボールを上げようというしていたことが多かったように感じます。もちろん、バンカーを越えたりしなければいけない場合もありましたから。

複数のウェッジを練習して、複数のウェッジの距離感や扱い方を習得するのは私には無理だなと思っていました。ウェッジ1本であれば、1本のウェッジのことだけを考えて練習をすれば良いので、迷いもなくなりますし、上達も早いかもと思いました。1本のウェッジを上手に使いこなせるようになれば、そこから物足らないところを補うために後から他のロフトのウェッジを追加すれば良いという考えもあります。その方が効率的ですね。

ウェッジ1本だと、これもまた、ゴルフ場では珍しがられることがあるので、なんだかな~と思いますが、自分のゴルフをしっかりこなしていこうと思います。ウェッジ1本のみですか?と言われることもありますが・・・1本ですよ!

昔、ゴールデンベア11本フルセットというのがありました。それは、ジャック・ニクラスが得意としているクラブは11本だったからとのこと。得意なクラブが11本ともなれば、ゴルフの帝王になれるということかもしれませんね。

私が、いきなりゴルフの帝王になることは不可能ですから、地道に少ない本数のクラブをしっかりと使いこなせるようになれればと考えています。

ウェッジ2本でも良いだろうし、ウェッジ3本でも良いと思いますし、ウェッジ4本という人も居るかもしれませんが、私はウェッジ1本というスタイルで、しばらくはゴルフをしてみます。

日々、精進
がんばります!

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
飛距離アップする方法はいくつかに分類される... ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、と...
右利きだけど左手主導の理不尽なゴルフ... ゴルフの上達を考えているのであれば、練習あるのみ、そしてトレーニングあるのみだとは思いますが、サラリーマンという限られた時間の中でたくさん練習して、たくさんトレーニングをするのは時間的な制約があるために限界があります。常...
最近のアイアンは払い打ちの方が良い?... 最近のアイアンは払い打ちの方が良いのだろうかとか、アイアンを打つときのライ角というか手首の角度を考えてみました。というのも最近のアイアンは昔のアイアンとは形状が違いますし、ロフトも違うし、シャフトの長さも違います。 ...
結局はショートゲームが重要 自信のあるクラブだけでラウンドをしたのですが、あまり大きな変化はありませんでした。自信のあるクラブだけでラウンドをしてみて、いつもと変わらないということは、飛距離は関係ないということに行き着きました。遠くに飛ばせることは...
あと2打とか 3打を縮めるために グリーンを狙ってナイスオンしたかなと思ったら勢い良くボールが転がってグリーンをこぼれてしまい、ボールの位置まで見に行くとグリーンカラーとラフの境目で止まっていたりなんかすることがあります。 夏は芝生が育ってくれ...
スポンサーリンク