テーラーメイド ステルス2 シリーズ安くなってます!

ゴルフは哲学

Precision Impact Golf(プレシジョンインパクト ゴルフ)

 

Precision Impact Golf(プレシジョンインパクト ゴルフ)

 

YouTubeで人気のあるshotimeゴルフさんで紹介されていたゴルフスイング練習器具です。以前、紹介したProSENDR(プロセンダー)と同じように右手に装着して、右手首の背屈を保ったまま打つことができる器具です。しかも、右手の背屈を入れたら、背屈された状態が器具によって固定された状態となるので、背屈が戻ることなくインパクトを迎えることができます。

プロセンダーの類似品として人気のある練習器具です。

スポンサーリンク

Precision Impact Golf(プレシジョンインパクト ゴルフ)の使い方

使い方としては右利きの人が右腕に装着して右手首の背屈を維持させるように固定させます。ProSENDR(プロセンダー)と違うのは完全に右手首を固定することができるという点です。右手首を背屈させて、身体と肩を使って回転を意識して打つことができます。この場合、手元が先行するハンドファーストの形となり、しっかりとボールを捉えることができます。

右手首の背屈を維持

完全に強制的に右手首の背屈を保つことができる練習器具です。右手首が背屈されれば、自然と左手首は掌屈されますし、右肘はやや曲げたままの状態となりますので、シャローな軌道となりますし自ずとハンドファーストでのインパクトで打てるようになります。フリップみたいに打ってしまう人に向いてます。

また、右手首の背屈を保ったまま打つことで、腕力だけでゴルフクラブを引っ張ってきて、クラブが縦に下りてくるような動作を予防することができます。特に腕のチカラに頼っている場合、どうしても右手に意識がいってしまって、右手・右肩の突っ込み、右手が伸びた状態でのインパクトとなり、左側が詰まってしまってチキンウイングに
なってしまうという打ち方を修正することもできます。

右手首の背屈を保ったまま打つ場合、しっかりと下半身でクラブを送り込んでいきながら身体の回転が必要となりますので、適切な動作が習得できます。

基本的に右手首が背屈になることで力強いインパクトで飛ばせます。野球のようにボールを投げるときにも右手首を背屈させますので、その原理と似てます。

ProSENDR(プロセンダー)との違いとしては、Precision Impact Golf(プレシジョンインパクト ゴルフ)は背屈した状態が固定されるようになっているという点です。強制的に背屈させて、戻させない、その状態でインパクトまで振りぬくという感じで練習できます。

関連記事

 

テーラーメイド Qi10 シリーズ

モバイルバージョンを終了