飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングで左足の踵は上げる? 【 ヒールアップ 】

ゴルフスイングで単純な疑問のひとつ。左足の踵は上げるのかどうか? つまりヒールアップをしたほうが良いのかどうかということですね。私は、今現在の自分のドライバーがスライスしてしまう原因が捻転不足だということを感じていますので、もうすこし深く捻転できるような方法を考えているなかで、左足の踵を上げる ( ヒールアップ )をしてみようということを思い付きました。

スポンサーリンク
 

左足の踵を上げる つまり ヒールアップについて少し追求をしていこうと思います。
 

 

左足の踵は上げた方が良いの?

ゴルフをやり始めた頃は、左足の踵を少し上げたほうが良いと言われたことがあります。そして、ゴルフクラブを振り下ろしてくるときには、腰を回転させるための先行動作として、左足の踵を下ろすことで、左の壁を作りながら腰を回転させてくるということが、しやすくなると感じています。

左足の踵を上げることは良くないという話も聞きますし、左足の踵は上げた方が良いという意見も聞きます。どちらが良いとか悪いとかではなくて、しっかりとした捻転で蓄積したパワーでスイングができるようになることが大切だと感じています。ゴルフの帝王だと呼ばれていた、ジャック・ニクラスもヒールアップでしたね。ジャック・ニクラスが現役だったころとゴルフクラブの性能などが全く異なりますので、なんとも言えませんが。

 

左足の踵を上げた場合

捻転が不足していると、ゴルフクラブが降りてくるスピードが遅く感じたり、もっと早くゴルフクラブを振りたいという気持ちから、ついつい腕で戻そうとしてしまいます。腕のチカラでゴルフクラブを下ろそうとする・・・その時点で、捻転で蓄積されたエネルギーが解けてしまいます。

スポンサーリンク
 

両足が地面に接着したままであれば、上半身だけが捻転をしようとしてしまいますが、左足の踵を少しだけ持ち上げるだけで、下半身(腰)が回転しやすくなります。また、これからテイクバックを始めるという動作のキッカケをつくることにも役立ちます。

左足の踵を上げるということは、インパクト時には踵を元の位置に戻すという動作が必要になりますので、自然と脚を使う、下半身を使うということにつながるように感じます。そして、左足の踵を下ろすことがキッカケとなり腰が回転するということになります。

左足の踵を上げた場合のデメリットとしては、左足の踵を下ろすという動作がひとつ入ります。故に身体が上下したり、アドレスの位置とは違う場所に左足が置かれてしまうことがあります。

 

左足の踵を上げない場合

左足の踵を上げないゴルフスイングは私の理想形です。左足の踵を上げないスイングで見習うべきゴルファーとしては、アダム・スコットのスイングが良い例だと思います。アドレスの時点から既に左足に重心が置いているのか、左足に軸があるように見えます。本当は身体の中心、頭を中心に軸があるのだと思いますが。

スポンサーリンク
 

そして左足の踵を上げないから肩の位置が水平に回転しています。身体が上下しないという言い方でも良いかもしれないですね。そして、両足が地面を押さえつけるチカラがスイングスピードに変えているのだと思います。

 

アダムスコットのアイアンショット


▲アダム・スコットのアイアンショットのスイング動画です。とても美しいスイングですね。見習うべき点がたくさんあります。

 

アダムスコットのドライバーセットアップ


▲アダム・スコットのドライバーショット時のセットアップ、アドレスのレクチャー的な動画です。ドライバーショットも美しいスイングをしますね。

 

タイガー・ウッズのスイング

ちなみにタイガー・ウッズの昔のスイングの動画もあります。とても美しいスイングです。ほとんど下半身が動いていないように見えます。動いていないということは、軸もブレないだろうし、精密なショットが出来るのだろうと思います。
 

▲8年ほど前の動画なのですが、タイガー・ウッズの美しいスイングが見られます。殆ど身体がブレないというか、動きません。これは、理想的なスイングだと思います。

私はゴルフレッスンのインストラクターとかではありません。自分なりに色々と試しながら、自分の体力、自分のパワーに見合った捻転ができるような工夫をしていければと考えています。最終的にはゴルフレッスンの先生に見てもらいながら、適切なスイングを再度 身に付けていこうと考えています。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン