ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

VENTUS non-VeloCore (ベロコア無しのベンタス)

最近、VENTUSシリーズのシャフトが大人気です。

ネットショップ、某オークションサイト、個人売買サイトでも販売されてるのを見かけます。一言でVENTUSシリーズのシャフトといっても、実は色々とあり、購入するときに失敗しないための情報を書きますので、参考にしてください。

実は、そのベンタスってベロコア無しかもしれませんから。

 

VENTUSシリーズの最大の特徴

VENTUSシリーズの最大の特徴といえば、VeloCore Technology(ベロコア テクノロジー)です。どのようなテクノロジーかと言いますと、簡単に言ってしまえば、先端剛性が高くなってます。ミスヒット(オフセンターヒット)したり、打点がズレたときに、シャフトがよじれてしまうことを抑えて、狂ったヘッド挙動を軽減して、ボール初速が落ちないようにすることができるというものです。

これにより打点がズレてオフセンターヒットしても、ボール初速が著しく落ちることを抑えられるし、無駄なスピン量を減らして、強く弾いて飛ばせるというメリットがあります。これこそが、VENTUSシリーズの魅力であり、PGAツアー選手も褒めてる点です。

そして、こちらのページで紹介しようと思ってるのが、VENTUS non-VeloCore (ベロコア無しのベンタス)です。

 

日本製のVENTUS

まず、日本国内で発売してるVENTUSは、VENTUS BLUE(ベンタスブルー)、VENTUS BLACK(ベンタスブラック) この2種類しかありません。
そして、シャフト先端側に VeloCore のロゴが記載されてます。

VENTUS RED は、日本国内で発売されてませんので、USモデルとなります。

VENTUS | フジクラシャフト

 

VENTUS non-VeloCore (ベロコア無しのベンタス)

USモデルのゴルフクラブから抜いた VENTUSは、ベロコア無しの可能性があります。ネットショップで見かけるのが値段が安いVENTUSです。特にはテーラーメイドのUSモデルから抜いたVENTUSなどは、VeloCore Technology(ベロコア テクノロジー)が搭載されてないVENTUSである場合が多いので、注意して下さい。

スポンサーリンク

USモデルに装着されるVENTUSは、VeloCore Technology(ベロコア テクノロジー)搭載の有無を選んで装着することができます。VeloCore Technology(ベロコア テクノロジー)が、搭載されてないことが悪いワケではありません。

VeloCore Technology(ベロコア テクノロジー)が搭載されてない場合、先端剛性が高くないのでオフセンターヒットとなった場合、従来のシャフトのようい当たり負けしたり、ヘッド挙動が大きく狂ってしまったりすることがあります。

そのような違いがあるということを知っておくことが大切です。

 

私が購入したのは、USモデルから抜いたVENTUSだった

シャフト知識が乏しいなかで、流行りものを試したいという気持ちが強くて勢いで購入してしまった VENTUS RED(5S)、VENTUS BLUE(5R) を購入しました。

どうやら、どちらもテーラーメイドのUSモデルから抜いたVENTUSであり、VeloCore Technology(ベロコア テクノロジー)が搭載されてないVENTUSでした。海外では、non-VeloCore VENTUS として知られてるラインナップでした。

USモデルのドライバ―を購入するときに、VeloCore Technology(ベロコア テクノロジー)の搭載有無を選択できるようになってます。なので、non-VeloCore VENTUS (ベルコア無し)のシャフトもあるとのことです。

また、一般的に販売されてるVENTUSシリーズとは、スペックが少し異なってますし、日本製のVENTUSとも異なってます。

 

VENTUS BLUE non-Velcore スペック

テーラーメイド USモデルから抜いた VENTUS BLUE です。

先端と真ん中までが硬くなっており、手元が少し緩くなってます。
海外のフジクラのサイトでは、中調子となってます。

フレックス シャフト重さ トルク
S 55 3.9
R 54 4.1

 

VENTUS RED non-Velcore スペック

テーラーメイド USモデルから抜いた VENTUS RED です。

先端が硬くて、手元が超硬くしたことによって、真ん中辺りから先端にかけて撓りやすくなってます。
海外のフジクラのサイトでは、先調子となってます。

フレックス シャフト重さ トルク
S 55 3.9
R 54 4.1

 

VeloCore Technology(ベロコア テクノロジー)無いとどうなる?

先端剛性を高めるベロコアテクノロジーがありませんので、オフセンターヒットとなってもヘッド挙動が狂ってしまうことを抑えることができません。ですが、VENTUSシリーズ特有のカーボンの巻き方によってシャフトが作られていますので、シャフト全体の剛性を活かすことができますから、従来のシャフトと比べて強く叩ける要素を持ってます。むしろ叩けるゴルファーじゃなければ、扱いにくいシャフトであると言えます。

VENTUS RED(US)は、先調子と言われてますが、実際のところは意外と先端も硬くなっており、先端が走る先調子のシャフトとは全く振り心地が違っており、チーピンが出にくい設計となってます。

どのように表現をしたらよいのか難しいですが、チップカットしてシャフトの先端が硬くなってしまったような感触です。

 

VENTUSは、飛ぶのか?

M6 D-TYPE ドライバー、SIM MAX ドライバーに装着して打ってみましたが、基本的にはシャフトの剛性によってボールを弾いてくれる感触があります。

SIM MAX ドライバーは、高弾道になりやすいのでですが、VENTUS 効果からなのか打ち出し角度が低く抑えられて、スピン量が少なくて、ランが出しやすいイメージがありました。飛ぶというよりは、ヘッドの挙動が安定しますから、無駄なスピン量を抑えて、無駄な高弾道にならず、適切な打ち出し角度で打てます。ですから、ティーショット全体的に安定して飛ばせるシャフトであると言えます。ぶっ飛び系な感じではありません。

スポンサーリンク

VENTUS RED(5S)

VENTUS RED(5S)の方は、先調子?というか、シャフトが緩くて動く感じがするので、自分で動かそうとする人に向いてますね。故に、カット打ちっぽく叩いた方が飛ばせる感じがしました。

VENTUS BLUE(5R)

VENTUS BLUE(5R)の方は、中元調子に近い中調子ということもあり、しっかりとトップからの切り返しでシャフトを撓らせて、引き付けながら、インサイドから振ることで叩ける感じです。

ひとことでVENTUSといっても、色々とあります。ネットショップで簡単に購入できる時代になってきましたので、間違えのないように購入してもらえればと思います。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン