CONTENTS MENU
 

ドライバーの飛距離180ヤードだけどスコアは82というゴルファー

ドライバーの飛距離は180ヤードくらしか飛ばないけど、スコアは82とか、86とか出せるとか言っている人が居ます。82というスコアを出せるというか、出していたというか、いつもそれくらいのスコアの人です。私のホームコースの先輩です。50歳代の人なのですが、考え方がとてもシンプルです。シンプルなのですが、難しいことををやっています。

スポンサーリンク
 

 
ゴルフはパープレーをしてきたらスコアは72です。
スコア82ということはボギーが10個あるということになります。

先輩の考え方としては18ホールの中にPAR3が4つある。PAR5が4つある。PAR3とPAR5を合わせると8つのホールとなります。合計8つのホールは確実にパーを獲るということです。そして、あと2つは他のPAR4でボギーを叩くだろうというシンプルな考えです。または、ダブルボギーを叩いてしまうかも・・・というような考えで自分のゴルフを組み立てているとのことです。

机上の計算で考えるのであればとても簡単な事です。確実にパーを8つ獲ること。大叩きはダブルボギーまでにすること。とても簡単な理論であり、簡単な計算となります。ですが、それを実際に行動に移すとなると・・・難しいんですよね。

先輩の考えを聞いて難しいなとは思うのですが、内容を分析してみると、許容範囲というものが見えてきます。許容範囲というのは自分がどこまでミスをしたら良いのかというか、どれくらい叩いても許されるのかというような自分の中での許される範囲です。

PAR3が4つ、PAR5が4つ の 合計8つは絶対にパーは獲らなければいけない。残りのホールは出来る限りボギーで上がれるようにする。だけど、全てボギーで上がることは難しいので、2つくらいはダブルボギーを叩いてしまうかもしれない。それでも自分の中でOKだという気持ちを持っているということです。PAR3が4つ、PAR5が4つ が パーを獲れた。残りのホールは全てボギーであればスコアは82となります。もしダブルボギーがあれば、83とか84というようなスコアになります。

この考え方は自分で自分にプレッシャーを掛けない考え方だと思います。少しはミスしても良い、ダブルボギーがあっても良い。でも、パーを獲るところではしっかりと獲るというような考え方となっています。多少のミスが許されるという許容が自分の心を制約から解放してくれるのだろうかと感じました。ただ、ミスが続いてボギー先行となってしまうと、オールボギーの90とか、ギリギリ90を切るくらいのスコアになってしまうこともあるので、注意が必要ですね。

ドライバーの飛距離が180ヤードでスコア82とか出せるのか?
ちょっと信じ難い話だと思いましたが、本当のようです。

ドライバーの飛距離180ヤード と スコア82・・・どんなコースで? という疑問があがってきます。

とにかくアプローチとパターの精度を高めるための練習をしつつもドライバーの飛距離アップの特訓もしていたようです。セカンドショットで5番ウッドを持つことも多かったと言っていました。ただ、ドライバーの飛距離が180ヤードしか飛ばないとなると、勝てるゴルフをすることは難しくなってくるとのこと。勝てるゴルフというか・・・バーディが獲れるチャンスが減ってくると言っておりました。その理由も判ります。飛距離が出ないので基本的には寄せワンがベースとなるため、レギュレーション通りにボールを運んでいき、グリーンに乗せることが難しくなります。ただし、PAR3、PAR5となると、レギュレーション通りにグリーンにボールを乗せやすくなりますので、PAR3、PAR5はスコアメイクをするためのポイントとなってきます。

たしかに、ある程度の飛距離を稼がないと苦しいゴルフになることは身に染みています。

最近はホームコースの先輩方にボコボコにいじめられていますが、頑張って飛距離アップを目指していきたいと考えています。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア