テーラーメイド ステルス2 シリーズ安くなってます!

ゴルフは哲学

テーラーメイド Qi10 MAX ドライバー

 

テーラーメイド Qi10 MAX ドライバー

2024年2月2日発売開始

テーラーメイドもとうとう慣性モーメントを意識したドライバーヘッド作りにシフトしてきました。今作のテーラーメイド Qi10 MAX ドライバーは慣性モーメント10,000Kg・m2とのことで今までにない超高慣性なドライバーヘッドとなりました。

スポンサーリンク

高慣性なヘッド

テーラーメイド Qi10シリーズのドライバーの中で慣性モーメント 10,000Kg・m2なのは Qi 10 MAX ドライバーのみです。慣性モーメントを高めるためにヘッドのサイズを大きくしたそうです。ヘッドボリュームは460ccのままで投影面積が大きくなったということです。

デカヘッドで深重心

ヘッドサイズが大きくなり、ウェイト位置も今まで以上にヘッド後方に配置することで慣性モーメントの高いヘッドとなりました。ヘッド形状はシャローです。インパクトでヘッドがブレ難くなり打ち出されるボールの飛び出し方向も安定します。重心深度が深くなった分だけバックスピン量が入りやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

バーナースーパーファーストに似てる?

前作ステルス2 HD ドライバーとヘッドを並べて比較すると一目瞭然です。Qi10 MAX ドライバーの方がヘッドが大きいです。少し異形ともいえるかもしれません。テーラーメイドの異形ヘッドのドライバーといえば、バーナースーパーファーストです。深海魚とかも言われた少し変わった形状のヘッドでした。ですが、バーナースーパーファーストも慣性モーメント高めるためのヘッド形状だったと思います。ただし、かなりのディープフェースでギア効果を活かして低スピンなボールが打てました。

打点がズレてもヘッドがブレ難い

慣性モーメントが高くなるとフェース面のスイートエリアで打てずにヘッドがブレてしまうことを抑えることができますのでボールの飛び出す方向のバラ付きも抑えられますので、結果的には大きなミスを減らすことができます。また、インパクトではヘッドがスクエアに戻りやすい設計となってますので、フェース面でしっかりとボールを捕まえられるのでミート率が高くなりますしボールスピードが向上します。これらの相乗効果により飛距離アップができます。

テーラーメイド Qi10 MAX ドライバーはヘッドスピードが遅くてヘッドが加速させられない人に向いてます。しっかりとボールが捕まりますし、適度に高弾道が打てます。

前作では意外にも低スピン過ぎてボールが上がり難かったという人でも高弾道が打てます。打ち出しからいきなり高い弾道が打てるので、とても優しいイメージドライバーです。

基本スペック

標準装着シャフト

テーラーメイド Qi10 MAX ドライバー 特徴

テーラーメイド Qi10 MAX ドライバー 購入

 

テーラーメイド Qi10 シリーズ

モバイルバージョンを終了