飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

何をすればスコアは良くなるのか?

スポンサーリンク

何をすればスコアは良くなるのだろうかということを考えると様々な要素があることと、自分が考えていることは間違っているのではないだろうと思うことがあります。スコアを良くするための考えが間違っているのであれば、練習の仕方も間違っている可能性がありますから。

何をすればスコアは良くなるのか? 自分勝手に色々と考えてみたことを、まとめてみました。

何をすればスコアが良くなるのか?というのは、ゴルファーの永遠のテーマかもしれません。近道になんてありませんから、努力するしかないのですが、近道があれば知りたい。それは、本音です。

結局はパターなのか・・・

パターはスコアをつくるには重要です。レギュレーション通りにボールをグリーンに乗せることができても、パターが入らなければスコアをつくることが出来ません。ただ、パターが入らないと感じたときに、何が原因なのかを知ることで気持ちを落ち着かせることが出来ます。レギュレーション通りにボールをグリーンに乗せることが出来たけど、そもそもカップまで遠くて2パットでは無理かもしれないという距離だったかもしれません。ならば、2パットでカップインさせることができる距離はどれくらいなのか? そして、2パットでカップインさせられるとろこにボールを運ぶことができるのだろうか、ということが課題になってきます。

パターは意外とロングパットはストレス無くストロークすることが出来たりします。それは、もともとカップインできないだろうから、あと1パットでカップインすることができる範囲に寄せておこうという気持ちでストロークをしているからだと思います。

逆にカップまで1メートル、または1メートル弱という距離のパットは緊張します。カップインさせなければいけないというプレッシャーがあるからだろうと思います。故に強くも無く、弱くも無い、微妙なタッチでストロークが難しいと感じてしまいます。

鍵となるのは1メートル前後のパッティングだろうと考えています。1メートル前後のパッティングを確実にカップインさせることができれば、ほとんど2パットでしのげるのではないだろかと考えています。

 

次のページは、アプローチ
1 2 3 4
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン