飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル

M2 D-TYPE ドライバーは2017年モデルです。少し古いドライバーですが、とても捉まりが良くて弾きの良いドライバーです。

 

テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル

こちらで紹介するテーラーメイドM2D-TYPEドライバーは、USモデルとなっています。従来のM2ドライバーは、お世辞にも捉まりが良いとは言えません。そして、M2D-TYPEドライバーは、捉まりの良さを実現したドライバーです。ドローバイヤスが入っており、捉まり重視となっています。若干、フックフェース気味となっており、構え難さを感じるかもしれませんが、捉まりはとても良いです。兄弟モデルのM1ドライバーに比べて、重心は深めとなっており、捉まえて、高弾道で飛ばせるドライバーです。

捉まってドローボールが打てる感覚は、Mグローレドライバーに似ています。

捉まえたボールを打ちやすいので、スライスに悩むゴルファーにオススメのドライバーです。ただ、USモデルのみとなっており、シャフトの選択が難しいので、注意してください。USモデルに装着されているシャフトは、硬くて、重めとなっていることがあります。

M2 D-TYPE ドライバー 動画

スポンサーリンク  

M2 D-TYPE ドライバー ヘッドクラウン

ヘッドクラウンにカーボンを使用しています。白黒のツートンカラーがカッコイイです!ビジュアル的にかなりイケてるドライバーです。

M2 D-TYPE ドライバー フェース面

打音はけっこう甲高い金属音です。これは従来のM2ドライバーとは異なる打音です。M2ドライバーは日本製でも、D-TYPEでも、どちらでも弾きが良いです。

スポンサーリンク  

D-TYPEのドローバイヤスでスライスを減らして飛ばす

M2 D-TYPE ドライバーが登場した当時はスライス回転を減らすことができれば、約15ヤードくらいは飛距離アップができるとテーラーメイドは紹介文書を発表していました。スライスが減らせれば飛ぶというのは、一理あります。とくにヘッドスピードが遅いゴルファーこそ、飛ばそうと思って、カット打ちになってしまい大きなスライスを打ってしまい、ドライバーの飛距離が180ヤードくらいというのはよくある話しです。

D-TYPE ドライバーは、スライスを減らして飛ばせるドライバーです。

 

テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー 基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • 選べるロフト角:9.5度、10.5度、12度
  • 長さ:45.75インチ
  • ライ角:スタンダードポジションで58度(可変式:57~61度)

 

装着可能シャフト

USモデルなので新品で購入する場合は以下のどちらかのシャフトが装着されていました。Matrix MFS5 White Tie 55の方が重くて硬いですし、どちらかというとフレックスがエックスではないかと思うくらいに硬質です。

どちらもシャフトスペック詳細が公表されていません。

  • Fujikura Pro XLR8 56
  • Matrix MFS5 White Tie 55

 

日本製 M2 ドライバーのシャフト TM1-217 を装着する

日本製 M2 ドライバー 2017年モデルに装着されているシャフト TM1-217を装着して使っています。USモデルのシャフトは硬すぎ、重すぎで使えません。なので、日本製のTM1-217シャフトを装着しています。USモデルでもスリーブは互換性がありますので、色々と試してみることができます。

TM1-217シャフトは奇跡のシャフトと呼んでいます。シャフト重さ53グラムという軽めのシャフトなのに、トルクが少な目の4.6で先中調子なので、軽くて締まってるしヘッドを走らせられるというシャフトです。日本製M2ドライバーに標準装着されるシャフトなのですが、かなりお気に入りのシャフトです。

M2 D-TYPE ドライバーのリシャフト | TM1-217 を装着した場合

現在、M2 D-TYPE ドライバーに TM1-217 フレックスSを装着しています。グリップも日本純正を装着してます。

なので、シャフトの重さは53グラム、グリップが42グラムとなります。
シャフト重さ+グリップ重さ=合計95グラム。

M2 D-TYPE ドライバー のヘッド重さが約200グラムとなります。
クラブ総重量は、295グラムとなる計算です。

これが軽くてメチャクチャ振りやすいんです。TM1-217シャフトを装着すると、ヘッドスピード38m/sくらいでも意外と簡単に扱える感じです。しかも捉まりが良いので、ドローボールが打ちやすいです。本当にオススメできます。

TM1-217 シャフトスペック

中古の在庫をチェックしているとM2ドライバー(2017)のシャフトが装着された M2 D-TYPE もあります。これなら、普通のヘッドスピードのゴルファーでも扱えるはずです。スリーブは互換性があるので、装着が可能です。

フレックス シャフト重さ トルク
S 53 4.6
SR 51 5.0
R 48 5.2
純正グリップの重さ
純正グリップ:TM360ブラック / Green end Cap(径60/42グラム)

 

テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル 中古購入

既に中古モデルでなければ入手が難しくなっています。良質な中古は直ぐに売れてしまいますので、早めに購入されると良いです。
カスタムシャフトが装着されている中古が多いです。自分のスイングパワーに合わせて選ぶと良いです。

Fujikura Pro XLR8 56

USモデルの標準装着シャフトです。

テーラーメイド M2 D-TYPE | Fujikura Pro XLR8 56(S)
テーラーメイド M2 D-TYPE | Fujikura Pro XLR8 56(R)

MATRIX MFS5 WHITE TIE 55

USモデルの標準装着シャフトです。かなり硬くて、かなり重いので注意して下さい。
テーラーメイド M2 D-TYPE | MATRIX MFS5 WHITE TIE 55(S)
テーラーメイド M2 D-TYPE | MATRIX MFS5 WHITE TIE 55(R)

KUROKAGE装着

テーラーメイド M2 D-TYPE | KUROKAGE装着

TM1-217

日本国内で発売された M2 ドライバー 2017年モデルに標準装着されていたシャフト TM1-217です。このシャフトが装着されている、M2 D-TYPE ドライバーの中古があります。シャフトが日本製となっているので、ヘッドスピードに自信の無い人でも扱える感じです。

テーラーメイド M2 D-TYPE | TM1-217(SR)
テーラーメイド M2 D-TYPE | TM1-217(R)
テーラーメイド M2 D-TYPE | TM1-217(S)

 

テーラーメイド M2(2016)、M2(2017)、M2(D-TYPE)の違い

M2ドライバーは、USモデルを含めると3つのヘッドがあります。M2ドライバー2016年モデル、2017年モデル、M2 D-TYPE モデルの3つがあります。それぞれの特長をまとめましたので、参考にしてください。

M2(2016) M2(2017) M2(D-TYPE)
捉まり 捉まりが抑えられている
フェードが打ちやすい
2016年モデルよりは捉まりが良い
スライス減らせるほどではない
捉まりが良い
スライス減らせる
ドローボールが打ちやすい
バックスピン量 とても少ない 少ない 少ない
高弾道の打ちやすさ バックスピン量が少なくて
ボールが上がり難くいことも
高弾道が打ちやすい 高弾道が打ちやすい
フェースの弾き感 弾きが良い とても弾きが良い とても弾きが良い
甲高い金属音で弾き感がある
扱いやすさ・難易度 難しい 優しく打てる 優しく打てる

比較すると判るのですが、もっともオススメできるのは、M2 D-TYPE ドライバー、M2 ドライバー 2017年モデル、M2 ドライバー 2016年モデル の順番となります。M2 D-TYPE の場合、USモデルなのでなかなか入手が難しいかもしれませんが、中古で探せば質の良いモデルがまだあります。


M2 D-TYPE ドライバーは2017年モデルです。少し古いドライバーですが、フェースの弾きは最高です。また、日本国内で発売されていた M2ドライバー 2017年モデル(TM1-217装着)に関してもフェースの弾きが良いですし、純正シャフトとヘッドの相性がめちゃくちゃ良くて、フレックスSでもかなり振りやすいです。

ドライバーを変えると打ち方が変わりますし、気持ちも変わりますし、飛距離アップの可能性が高まります。飛ばせるドライバーを見つけられればスコアアップも目指せるはずです。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

関連記事

タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング... ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
2019年4月 マスターズ開催 とうとう、2019年もマスターズ開催が近づいてきました。 本当に1年ってはやいですね 2019年 マスターズ開催予定日 2019年4月11日(木)~ ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン